40代がやせるためには○○を食べるべし!オススメおやつ4選

スポンサーリンク

「ダイエット中はおやつ厳禁」というのは、常識のように見えて、じつはちょっと古い考え方。「我慢」と「根性」だけのダイエットは続かない上、ストレスがかかりすぎて確実にリバウンドします。

40代ともなるともう無理な絶食もしないことでしょうが、「ちょっと身体が重いな、1~2kgくらい増えたかも?」というときにストレスなく体重を調整するためには、むしろおやつを上手に活用すべきなんです!

 

やせたいなら、選ぶべきおやつはコレ

ダイエットの基本は摂取カロリーを抑えることと、消費カロリーを上げること。

極めてシンプルですが、でも、カロリーの数字にとらわれると「腹持ちがよい割には低カロめ」な梅おにぎりなどの炭水化物ばかり選ぶようになり、栄養バランスが崩れます。健康に害を及ぼす場合も。

ここで、食欲をうまくコントロールし、通常の食事では摂りにくい栄養素を補ってくれる存在が「おやつ」なのです。

とはいえ、ポテチやアイスは登場しません。

アメリカのミレニアルズ世代にはすっかり定着した「ヘルシースナッキング」、おやつをこまめに食べて空腹を防ぐ習慣の主役は、こんなアイテムたちです。

 

フルーツ

ナッツ

ドライフルーツ

ダークチョコレート

 

「ダイエット=制限」の時代はもう終わりました。いまは、「=コントロール」なんですね!

 

フルーツのおやつポイント

言うまでもなく、フルーツのよさはその自然なみずみずしい甘み。含まれているビタミンCなどの抗酸化物質が美肌や健康のために効果的です。食物繊維もたっぷりですから、腸内環境の改善にも役立ちます。

フルーツに含まれる果糖で太るのでは?と心配しなくてもOK。りんご1個、みかん2個程度なら問題ありません。どうしても「甘いもの」を食べたいとき、ほどほどの量で満足できるフルーツは強い味方なのです。

 

ナッツのおやつポイント

女性に不足しやすい栄養素はビタミンEとミネラルです。ナッツはビタミンEを多く含み、ミネラルも豊富。さらにフルーツ同様、食物繊維も豊富に含んでおり、おやつとして満点。特にアーモンドやクルミはおすすめです。

ナッツは良質な油分も含むほか、どれも歯ごたえがあるので「よく噛む」必要があります。満腹感を得やすく、腹持ちがいいのもおやつとしてのメリット。油・塩不使用のタイプを選び、ナッツそのものの味を楽しみましょう。味覚もシャープになり、少量の食事で満足できるようになります。

 

ドライフルーツのおやつポイント

ドライフルーツはフルーツの甘みとナッツの栄養素を兼ね備えたような存在です。また食物繊維も豊富。中でもレーズンやプルーンは手に入りやすく、活用しやすいおやつです。

最近は専門店だけでなく、コンビニでの取り扱い品目も増えました。甘酸っぱいあんず、深い甘さのイチジクのほか、パイナップル、いちごなど、「こんなものまで?」というバリエです。もし、砂糖を使っていないもの、オーガニックのものが見つかれば、買い置きしておいたほうがいいくらい。

 

ダークチョコレートのおやつポイント

実は「ダークチョコレート」に明確な定義はありませんが、糖分・乳製品分が少ないものを言い、多くはカカオ分70%以上です。ポリフェノールが豊富、食物繊維も含み、カカオの心地よい苦みと濃厚な味わいが魅力。オーガニックストアでよく見かけますが、最近はコンビニにも並びます。食べたことがある人、その満足感に驚きませんでしたか?

 

これらダークチョコは、カカオの味わいが濃厚だからこそ、食べ過ぎません。栄養面からも、食欲コントロール面からも、活用し甲斐のあるおやつです。ナッツやドライフルーツといっしょに食べると栄養素を補うこともできます。

 

どうしてもケーキが食べたいときは?

ダイエット中でも、やっぱりケーキが食べたい!と思う日もあります。目標体重になるまで我慢すべきでしょうか? 確かにこうした「ダイエットの敵」は、糖分・油脂量の割に栄養がありません。が、ヘルシースナッキングの考え方では「食べたいときは食べる」ほうがベターです。常に精神が満足しているほうがダイエットも成功するんです。

とはいえ、「量」と「質」の高いもの以外はNG! 品質の高い、小さなポーションのものを、自分へのボーナスとして吟味して1つだけ食べましょう。最悪なのは「開封したから全部食べよう」「ダイエットは明日からでいいや」という貧乏根性と先延ばし。ケーキが食べたいなら、デパ地下で小さなマカロンをよく選んで1つだけ買い、丁寧に淹れたコーヒーとともに食べる。そのくらいの余裕で楽しんでください!

 

ヘルス&ビューティライター

伊藤桂子

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

伊藤桂子の最新記事

HEALTHに関する最新記事