40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点【40代からの美容道】

シミが増えた、シワが増えた、白髪が増えた……。アラフォーともなると、ある日突然、こんなことに気づきます。特に自然光が降り注ぐところで鏡を見たとき。照明の下では見えていなかったエイジング現象(シミ、シワ、白髪など)が見えてしまうのです。認めたくはないですが確実に「オバサン化」しているという事実に! 

少しでも若く見られたい!

160506easami003

 

40年も生きていれば、シミもシワも白髪もそれはそれは増えて当然です。仕方がないものです。でも「少しでも若く見られたい!」「オバサンって言われたくない!」 女性ならば少なからずそんな気持ちはあるでしょう。だからこそ、美白ケアをしたり、リフトアップしたり、白髪染めをしたりとアンチエイジングに励むわけです。

 

もちろん、これらのケアも大切です。が、白髪染め以外は時間をかけないとなかなか効果が実感できないもの。もし即効性を求めるなら、シミやシワといった細かな部分よりも、もっと視野を広げた全体のエイジング対策のほうが効果的です。

 

パッと見の老け見えポイントを攻略

なぜなら、シミやシワは至近距離だと気になるものですが、1メートルの距離から鏡で見てみてください。実はたいして見えません。つまり、他人から見たらそんな程度ということです。

 

木を見るより、森を見よ。微細な部分こだわるよりも、全体的な印象を見るのです。つまり、パッと見で老けて見えないことが重要。シミ・シワより、質感やフォルムにこだわるべきです。このパッと見のオバサン現象さえ注意すれば、誰でも5歳の若見えは可能なのです。

 

1 ボサついた髪は、疲れたオバサンの象徴

160506easami005

まずは遠目から見てもわかる髪。髪がボサついているとそれだけで生活に疲れたオバサン感が高まります。特に白髪というのはたいていうねっているもの。染めたとしても顔まわりでうねってしまい、アホ毛と化します。

 

それを防ぐためには「切るか、まとめるか」の二択。ショートやボブに切ってしまえば、スッキリとして清潔感が増します。ロングにしていたいなら、まとめましょう。ですが、イマドキの「ふわくしゅヘア」は諸刃の剣。手先が器用か、やわらかい髪でなければ手をださないことが賢明です。ふわくしゅヘアとだらしない髪は紙一重ですから。間違いないのはタイトなまとめ髪。特に顔まわりはスプレーやヘアピンなどを使って、うねるアホ毛をスッキリ抑えてください。

 

2  年齢を感じさせる、油切れした肌

160506easami001

鏡を見ればシミが気になりますが、遠目にはわかりにくいですし、コンシーラーなどで隠すことができます。大切なのは、肌のツヤ感! 人は肌にツヤがある(風に見える)=若いと感じます。

 

ツヤのある肌にするには、とにかく油分を与えること。必ずクリームや美容オイルなど、油分の多いものでスキンケアをしましょう。また、ファンデーションもリキッドタイプかクリームタイプのものを選ぶこと! パウダリーはアラフォー以上にはあまりおすすめできません。粉をふく危険性が高いのです。油分多めなファンデーションでツヤとハリのある肌をつくりましょう。

 

3 下がった口角が、老けてみせる原因

160506easami004

肌のコラーゲンやエラスチンなどは加齢とともに減少します。すると、ハリや弾力がなくなり顔が下垂していきます。これがたるみです。また、人は年齢を重ねるほど表情がとぼしくなり、表情筋を使わなくなるというデータもあります。これもたるみにつながります。特に口元の表情筋を使わなくなると口角が下がり、老けた印象かつ、不幸そうな印象も与えてしまいます。

 

つまり、パッと見でたるみをカバーするには、口元の表情筋を鍛えること。特につねに口角をキュッと上げるように心がけましょう。スマホやテレビを見ているとき、電車に乗っているときなど気づいたときに口角を上げた表情を習慣づけてください。口角を上げると微笑んだ顔になるので、ニコニコした幸せそうな人に見える効果もあります。

 

4 その眉が、実年齢をあらわす

160506easami002

女性のほとんどが10~20代でメイクの基本を覚え始めるからでしょうか。20代からメイクが変わっていないという人が非常に多く、つまり「メイクが古い」のです。そしてその古いメイクが、老けて見える原因でもあります。

 

アラフォーからでもメイクにトレンドを取り入れましょう。とりあえず「眉」だけは。なぜ眉なのかというと、これが最も時代をあらわしているからです。もちろんほかのパーツも時代によって変化しているのですが、意外とそれらはアラフォー女性も変えていたりします。ただ、残念ながら眉はほとんど変わっていません。いまのトレンドはやや直線的な太眉。眉を変えるだけでグッと若く、垢抜けて見えるはずです。

 

最近、年をとったと感じている人にこそ、注意してほしい4つの盲点。若く見せるためにやるべきは、髪・肌の質感と、口角と眉のフォルムのチェンジ! 特に、実年齢より上に見られている人は効果てきめんだと思いますよ。

 

 

スポンサーリンク

口元、あご、口周りの吹き出物・大人ニキビの原因と改善法は?ストレスの肌荒れに悩む人へ! 【BEFORE→AFTER】

口の周りやあごに吹き出物ができてなかなか治らない、ちょっとよくなってもまた繰り返すという大人のニキビ。鏡を見るたびにイヤになるほどの赤いブツブツ……そんな悩みを抱…

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

その髪で5歳老け見え!40代女性が今すぐやめるべき「シャンプー後の3大NG習慣」

実年齢よりもみずみずしい印象を与える「若見えの美髪」を育みたい40代女性は多いはずです。しかし、どんなに美髪ケアに意識を向けていたとしても、ちょっとしたNG習慣のせ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

その老け見え、コレが原因? 40代の「オバ毛穴」を加速する3大NGスキンケア

40歳前後を節目に「なんだか、毛穴が残念なことになっている」を痛感している女性も少なくなくなります。「たるみ毛穴」に、小じわが目立つ「ライン毛穴」など、“毛穴どう…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

【祝3周年】N.Y.プレゼント企画! 突然ですがクイズです【OTONA SALONE】

みなさまのご愛読のおかげで「OTONA SALONE」はついに3周年を迎えました。2016年5月17日がスタートした日。新しいメディアが立ち上がったり、なくなったりするWEB業界の中でここまで続けてこられたのも、みなさんが…

#145 何か起こる⁉ 40代独女、初めての「二人きり」【40代編集長の婚活記】

40代、絶賛婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。44歳から婚活を始めて約2年半になる。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などでさまざまな出会いを求め続けていた。しかし、誰ともうまくいかず、好きに…

#144【あるある】恋愛下手な40代独女にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

「平成ジャンプ」。昭和に生まれて平成の世を独身で過ごし、令和を迎えた人をそういうらしい。引き続き婚活を続けている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。もちろん平成ジャンプの一員になった。この2年半、婚活パー…

【リアル体験】白髪うまく隠せる? ヘアマスカラで白髪染めやってみた

出かけようと思って鏡をよく見たら、髪の毛にチラホラなんか白い髪を発見……! ちゃんと白髪染めする時間はなく、もちろん美容院に行ってる時間もない。とりあえず、緊急対策としてこの白髪を隠したい! ということ…

#143 40代独女「初めてのアレ」を決意する…⁉【40代編集長の婚活記】

元号が「令和」になっても茨の婚活道が続いている40代・OTONA SALONE編集長アサミ。婚活を始めたのは平成28年、夏のこと。足かけ2年半以上になる。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介などさまざまな形…

#142 男はどう思うの?「手を触れる」ことについて【40代編集長の婚活記】

40代、過酷な婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。2年半のあいだ、婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介など、さまざまな形で出会いを求めてきた。49歳・アーティストのジェントルさんとは5回のデートを重…

白髪隠しのおすすめは? マスカラ・ファンデ・スティックなど「選び方」の基本

出かけようと思ったら白髪を発見しちゃった、という経験はありませんか? ホームカラーで白髪染めをする時間もなければ、美容院へ行っている時間もない。とりあえずしばらくの間、「白髪隠し」をしたい!そんなとき…

#141「連絡する」と言ったのに! 2週間も放置する男って【40代編集長の婚活記】

40代・婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介、モトカレとの再会も含め2年半婚活をしているが、ことごとく終わってしまう。現在、49歳・アーティストのジェントルさん…

これが正解! 40代からの「美肌見えファンデーション」5選【婚活ファンデにもオススメ】

少しでも肌をキレイに見せたい。それが、乙女心というものです。もちろんスキンケアも大人なりのお手入れをしているけれど、やっぱり頼りになるのはファンデーション。みなさま、ファンデーションは何を使っています…

#140 いくつ当てはまる? 彼は「運命の相手」なのか【40代編集長の婚活記】

46歳、リアルに婚活中のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活にいそしむこと2年半。婚活パーティ、婚活アプリ、個室婚活、知人の紹介、モトカレに会ってみるなどを経るが、結局、恋人もできないまま。しかし、仕事で出会…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BEAUTYに関する最新記事