40代がオバサン化を回避するため注意すべき4つの盲点【40代からの美容道】

シミが増えた、シワが増えた、白髪が増えた……。アラフォーともなると、ある日突然、こんなことに気づきます。特に自然光が降り注ぐところで鏡を見たとき。照明の下では見えていなかったエイジング現象(シミ、シワ、白髪など)が見えてしまうのです。認めたくはないですが確実に「オバサン化」しているという事実に! 

少しでも若く見られたい!

160506easami003

 

40年も生きていれば、シミもシワも白髪もそれはそれは増えて当然です。仕方がないものです。でも「少しでも若く見られたい!」「オバサンって言われたくない!」 女性ならば少なからずそんな気持ちはあるでしょう。だからこそ、美白ケアをしたり、リフトアップしたり、白髪染めをしたりとアンチエイジングに励むわけです。

 

もちろん、これらのケアも大切です。が、白髪染め以外は時間をかけないとなかなか効果が実感できないもの。もし即効性を求めるなら、シミやシワといった細かな部分よりも、もっと視野を広げた全体のエイジング対策のほうが効果的です。

 

パッと見の老け見えポイントを攻略

なぜなら、シミやシワは至近距離だと気になるものですが、1メートルの距離から鏡で見てみてください。実はたいして見えません。つまり、他人から見たらそんな程度ということです。

 

木を見るより、森を見よ。微細な部分こだわるよりも、全体的な印象を見るのです。つまり、パッと見で老けて見えないことが重要。シミ・シワより、質感やフォルムにこだわるべきです。このパッと見のオバサン現象さえ注意すれば、誰でも5歳の若見えは可能なのです。

 

1 ボサついた髪は、疲れたオバサンの象徴

160506easami005

まずは遠目から見てもわかる髪。髪がボサついているとそれだけで生活に疲れたオバサン感が高まります。特に白髪というのはたいていうねっているもの。染めたとしても顔まわりでうねってしまい、アホ毛と化します。

 

それを防ぐためには「切るか、まとめるか」の二択。ショートやボブに切ってしまえば、スッキリとして清潔感が増します。ロングにしていたいなら、まとめましょう。ですが、イマドキの「ふわくしゅヘア」は諸刃の剣。手先が器用か、やわらかい髪でなければ手をださないことが賢明です。ふわくしゅヘアとだらしない髪は紙一重ですから。間違いないのはタイトなまとめ髪。特に顔まわりはスプレーやヘアピンなどを使って、うねるアホ毛をスッキリ抑えてください。

 

2  年齢を感じさせる、油切れした肌

160506easami001

鏡を見ればシミが気になりますが、遠目にはわかりにくいですし、コンシーラーなどで隠すことができます。大切なのは、肌のツヤ感! 人は肌にツヤがある(風に見える)=若いと感じます。

 

ツヤのある肌にするには、とにかく油分を与えること。必ずクリームや美容オイルなど、油分の多いものでスキンケアをしましょう。また、ファンデーションもリキッドタイプかクリームタイプのものを選ぶこと! パウダリーはアラフォー以上にはあまりおすすめできません。粉をふく危険性が高いのです。油分多めなファンデーションでツヤとハリのある肌をつくりましょう。

 

3 下がった口角が、老けてみせる原因

160506easami004

肌のコラーゲンやエラスチンなどは加齢とともに減少します。すると、ハリや弾力がなくなり顔が下垂していきます。これがたるみです。また、人は年齢を重ねるほど表情がとぼしくなり、表情筋を使わなくなるというデータもあります。これもたるみにつながります。特に口元の表情筋を使わなくなると口角が下がり、老けた印象かつ、不幸そうな印象も与えてしまいます。

 

つまり、パッと見でたるみをカバーするには、口元の表情筋を鍛えること。特につねに口角をキュッと上げるように心がけましょう。スマホやテレビを見ているとき、電車に乗っているときなど気づいたときに口角を上げた表情を習慣づけてください。口角を上げると微笑んだ顔になるので、ニコニコした幸せそうな人に見える効果もあります。

 

4 その眉が、実年齢をあらわす

160506easami002

女性のほとんどが10~20代でメイクの基本を覚え始めるからでしょうか。20代からメイクが変わっていないという人が非常に多く、つまり「メイクが古い」のです。そしてその古いメイクが、老けて見える原因でもあります。

 

アラフォーからでもメイクにトレンドを取り入れましょう。とりあえず「眉」だけは。なぜ眉なのかというと、これが最も時代をあらわしているからです。もちろんほかのパーツも時代によって変化しているのですが、意外とそれらはアラフォー女性も変えていたりします。ただ、残念ながら眉はほとんど変わっていません。いまのトレンドはやや直線的な太眉。眉を変えるだけでグッと若く、垢抜けて見えるはずです。

 

最近、年をとったと感じている人にこそ、注意してほしい4つの盲点。若く見せるためにやるべきは、髪・肌の質感と、口角と眉のフォルムのチェンジ! 特に、実年齢より上に見られている人は効果てきめんだと思いますよ。

 

 

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

前髪チェンジで若見え! 40代女性のオススメ前髪教えます!

最近、若い子の間で人気の高いシースルーバングやうざバング。少しでも若く見せたいからって、マネしちゃってる人がいたら大間違い! 肌がくすんで、ハリがなくなって下垂…

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代にふさわしいアイラインの引き方とは?3つのNG例と対策方法

アイラインを引くと、目元にシャキッとしたインパクトが出るけれど「40代の目元にふさわしい描きかたができている?」と聞かれれば「イマイチ自信がない」という方も少なく…

キレイな髪で新年を!40代女性に似合う美人ヘア教えます

若かりし頃は、年末最大のイベントといえばクリスマス。この日のデートに向けて24日前に美容室を予約したって人も多かったはず。でも、大人になるとクリスマスより、新しい…

あの人痛々しい…!老け見えするリップの「3大おばさんカラー」

口紅は、それひとつでさまざまなルックが楽しめるから、メイクでは重要なカギを握るアイテム。ところが! せっかくのリップメイクなのに、ご自身のイメージと合っていなか…

もともと美人じゃなくても! 「美人見え」させる4つの秘訣【40代からの美容道】

世の中、美人は約2割といわれています。残る7割が普通で、1割がブスなのだとか……。きびしい話ですが、8割のかたは美人ではないということです。美人か否かはもともとの顔立…

若見えは「目元」で決まる!老化させない5つのアイケア

ひたひたとアラフォーの目元にしのびよる老化。いつものメイクをしているつもりが、写真を見て「このおばさんは本当に私?」と愕然とする瞬間がいつかやってきます。そう、…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

#102 初めての「個室婚活」に行ってみた【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、かなり険しい道のりだという。婚活歴1年11カ月となるOTONA SALONE編集長・アサミ(46歳)は、まさにそれに直面していた。婚活パーティ、婚活アプリ、元カレとの再会、知人の紹介、出会いの多い場所へ…

【動画】婚活でわかった「ほめられる香り」by編集長アサミ【婚活美容】

OTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活中。好評の連載「40代編集長の婚活記」は100話を超えました。さて、今回からときどき「婚活美容」についてお伝えしていきたいと思います。近年、婚活リップが話題になるくら…

#101 ご無沙汰女が「恋を始める」には?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年を超えた40代独女。44歳にして婚活を始めてみるも、誰ともうまくいかないまま1年11カ月が経ったOTONA SALONE編集長アサミ。現在46歳。婚活パーティや婚活アプリ、元彼や友達との再会、知人からの紹介…

#100 彼氏いない歴9年「オトナの恋の始め方」って?【40代編集長の婚活記】

40代独女の婚活は、前途多難であり、抱腹絶倒でもある。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年11カ月に突入。そして連載もなんと100回に!偶然で再会したロンドンくんを「もしかして運命の…

私が「オバサン化」を感じたとき。コッソリ始めた対策とは

「うわ、私ってこんな風にシワが入るんだ!」衝撃でした……。われながらオバサン化しつつあることをまざまざと見せつけられたのは、ある一枚の写真。こんにちは、OTONA SALONE編集長のアサミです。その写真とは「撮り…

[PR]

編集長アサミ「髪の分け目」が目立ってきた問題を考える

「いままでと髪がなんか違う!」 私が髪のエイジングをはっきりと自覚したのは、42歳のときでした。髪がゴワつく問題、ツヤがなくなった問題、そして白髪が増えた問題。そこでシャンプーを見直して対策したわけです…

[PR]

#99 婚活1年10カ月でやっとわかった「大きな間違い」【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は山あり、谷あり。46歳・未婚・独身のOTONA SALONE編集長アサミ、ただいま婚活歴1年10カ月。新たな出会いを期待して入った新宿のバー。カメラマンのロンドンくんと7年ぶり、偶然の再会をした。この出会い…

#98 どうする?「ただの友達」から告白されたら【40代編集長の婚活記】

46歳・未婚・独身、婚活歴1年10カ月のOTONA SALONE編集長アサミ。婚活パーティや婚活アプリ、紹介でのデートを重ねたものの、恋人ができないまま玉砕する日々。しかし、新たな出会いを求めて立ち寄った新宿のバーで…

#97 独女が恋愛に「ご無沙汰」になるワケは⁉【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は一筋縄ではいかない。OTONA SALONE編集長アサミ(46歳)は婚活歴1年10カ月。いまだに誰とも上手くいかないまま。婚活パーティ、婚活アプリ、紹介でのデートにことごとく破れ、新たな出会いを求めて立ち…

#96 非モテ独女が男性に「ギュッとされて」思ったこと【40代編集長の婚活記】

婚活を始めて約1年10カ月になるOTONA SALONE編集長アサミ(46歳)。6人の男性とデートを繰り返したけれど、恋人いない歴はさらなる記録を更新、ついに9年を超えた。ある日、フラリと一人で立ち寄った新宿のバーで「…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事