女の年齢がバレるパーツは、手や首よりも◯◯だった

「女の年齢は首に出る」「手は年齢を隠せない」という言葉があります。アラフォー以上になると首のシワや、手に浮き出た血管が実年齢を感じさせてしまうものです。しかし、ハイネックや長袖など、ファッションでカバーすることはできます。実は、それ以上に年齢がバレてしまうパーツがあることをご存知でしょうか? それはズバリ、「眉」です!

 眉があなたの実年齢をバラしている

160505easami005

すべての女性にあてはまるわけではありませんが、眉をみればかなりの確率でその人の世代がわかります。アラフォー以上の女性の場合、たとえほかの部分が若く見えても、眉だけで40代、50代ということがわかってしまいます。なぜか? それは眉の描き方がちがうからです。逆にいえば、眉の描き方によっては若く見せることが可能なのです。

 

たとえば藤原紀香さんと永作博美さん、どちらが年上に見えますか? おそらく「藤原紀香さん」と思うかたが多いのではないでしょうか? 藤原さんは1971年生まれ、永作さんは1970年生まれと、実は永作さんのほうが年上です。なのにどうして永作さんのほうが若く見えるのか? ポイントは眉メイクにあります!

 

 

美しいアーチ眉の藤原紀香さん

160505easami003

彼女たちの眉をみてみましょう。藤原さんは眉山がはっきりわかる長めのアーチ眉。輪郭をきちんと引いていて、色はライトブラウンです。片岡愛之助さんとの結婚記者会見ではやや濃いめブラウンにしていますが、ふだんはあまり濃くないようです。

 

藤原さんの眉は、正統派の美眉です。眉メイクの基本にのっとった、とてもキレイな描き方。ただ、トレンド的にいうと10年くらい前でしょうか。目ヂカラ全盛だったため、薄眉にしたほうが目が強調されるので薄眉トレンドだったころ。ライトカラーの眉マスカラが売れ、眉のカラーリングをする人が多かった時代です。

 

 

ストレート眉の永作博美さん

160505easami004

一方、永作さんの眉をみてみると、眉山をつくらない短めのストレート眉。輪郭はとらずパウダーでふわっと仕上げ、色はナチュラルブラウンです。彼女のような眉はいまのトレンドに近いタイプです(いまはもう少し濃いブラウンがトレンド)。永作さんが若く見えるポイントは眉メイクにトレンドを取り入れているからなのです。

 

アラフォー以上の女性は、だいたいが藤原紀香さんのようなアーチ型の眉をしています。なぜか? メイクの基本を覚えるのが10代、トレンドを取り入れて試行錯誤するのが20代くらいまでだからでしょう。そして30代以降、メイクをほとんど変えないのです。

 

 

メイク情報が10年前で止まっている!

160505easami001

若いうちは新しいメイクを積極的に取り入れる傾向があります。メイクだけでなく、ヘアスタイルも。ですが、次第に「自分に似合うもの」「自分らしいもの」「自分がラクなもの」をわかってくるせいか、チャレンジをしなくなるのです。

 

ヘアスタイルはトレンドを知っているプロ・美容師さんの手によって少しずつ変化しているのですが、メイクは自分の手でするもの。そのため、自分が意識的に変えないかぎり変わりません。雑誌のメイクテ記事も読まなくなるため、新しいメイク情報に接する機会がない。だからメイクが10年、15年前で止まったまま。それが顕著なのが眉メイクなのです。

 

 

流行を追うべきor無視していいメイク

160504easami002

下地やファンデーションといったベースメイクは、それほど大きく変化していませんから、10年前のままでもそれほど古くは見えないでしょう。また、チークなどはガーリーでポップな原宿系女子の入れ方がトレンドなので、むしろ取り入れてしまうと“痛い”感じになってしまいます。このトレンドは無視して正解。

 

ただ目元……特に眉メイクだけは、トレンドを取り入れて変化させないといけません。メイクそのものが古く見えてしまい、オバサン見えしてしまうのです。

 

 

若く見える眉メイク4つのポイント

とりあえず、守るべきポイントは以下の◯つ。

1 形は眉山を強調しないストレート眉

2 長さは短め。目尻より1㎝くらいまで

3 色は濃いめ。ナチュラル~ダークブラウン

4 輪郭はとらない。パウダー中心でふわっと仕上げる

 

さっそく、明日から「眉メイク」を変えてみてください。それがアラフォー女性でも実年齢より若くみせるの最短のメイクテクニックです!

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

ぷぷぷっ…オバサンくさ!「メイク下手な40代のポーチ」に入っている3大残念グッズ

ポーチの中身は、持ち主の“人となり”をあらわすことも多いもの。そして、残念ながら「メイク下手」と言われる人にほど、共通する持ち物もあります。「言われてみれば、もう…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

植松晃士 オバ見えする女性の「9割ができていない」こと

みなさん、こんにちは。植松晃士です。前回は話題の映画『クレイジー・リッチ』のお話から、40代アップのファッションについてお話させていただきましたが、今回はビューテ…

#136 なんで? デートを夕方で帰る「男の本音」とは⁉【40代編集長の婚活記】

40代にして婚活を始めた、OTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴9年以上、婚活歴2年半を超えた46歳。49歳・バツイチのジェントルさんとメッセージやデートを重ねて、やっと「好き」という気持ちに気づく。久しぶ…

「婚活で学んだ6つのこと」とは? 40代で結婚した人に聞いてみた【40代の婚活事情】

40代から婚活を始め、結婚をしている人が増えています。しかし、20代、30代のそれとは違う40代の婚活事情。40代で結婚した方々に、「40代で婚活をやってわかった教訓」を聞いてみました。■とにかく、自らたくさん動…

私に「似合うピンク」は? イエベ・ブルベ「パーソナルカラー別」の選び方のコツ

同じピンクでも、似合うピンクと似合わないピンクがあるのをご存じですか? それは自分の「パーソナルカラー」のピンクかどうかで決まります。パーソナルカラーがわかれば、自分自身で、本当に似合うピンクを選べる…

#135 「もっと一緒にいたい」デートの夜は、何かが起こる?【40代編集長の婚活記】

46歳、恋人いない歴9年以上、婚活歴2年半。OTONA SALONE編集長・アサミの婚活は紆余曲折の真っ最中。現在進行形のお相手・ジェントルさん(49歳・アーティスト)とは、3回目のデートをしながらやっと「好き」という…

パーソナルカラー別・似合う「ベージュ」は? トレンチコートの選び方

オトナ女性のアウターといえば、トレンチコートです。トレンチコートの定番はベージュ色ですが、ベージュって色によって微妙に似合わないことってありませんか? それは「パーソナルカラー」ではないベージュを選ん…

私に似合う色は? パーソナルカラー診断の「カラーチャート」見本帳

自分に似合う色を知りたい、そんな方にオススメなのが「パーソナルカラー診断」です。似合う色=パーソナルカラーを身につけると、肌がキレイに見えたり、イキイキして見えたり、若く見えたりといった効果が叶います…

婚活コーデに「パーソナルカラー」を取り入れてみた【オトナの婚活コーデ】

婚活は、第一印象がかなり大事です。第一印象とは、ズバリ見た目。見た目の印象をよくするための1つの方法としてオススメなのが、「パーソナルカラー診断」です。現在、婚活歴2年半である私、OTONA  SALONE編集長・…

婚活が「うまくいかない人」に共通する8つの特徴 

取り立てて欠点があるわけでもまいのに「婚活がうまくいかない」と悩んでいる人はいませんか? 何事も、うまくいかないのには理由があります。婚活コラムニストの私が、自らのリアル婚活経験とまわりの婚活事情を聞…

#134 婚活の分かれ道は「3回目デート」で決まる?【40代編集長の婚活記】

恋人いない歴9年以上、婚活歴2年半。OTONA SALONE編集長・アサミは46歳の恋愛ご無沙汰女子。この2年半、ことごとく婚活に玉砕している。現在進行中の男性・ジェントルさん(49歳・アーティスト)とは、3回目のデート…

#133  恋愛ベタ女が「3回目デート」でわかったこと【40代編集長の婚活記】

婚活歴2年半の40代独女、OTONA SALONE編集長・アサミ。恋人いない歴9年以上になる恋愛ご無沙汰な女。婚活パーティや婚活アプリ、個室婚活などでことごとく玉砕した。しかし、たぶん仕事で行ったレセプションで知り合…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事