女の年齢がバレるパーツは、手や首よりも◯◯だった

「女の年齢は首に出る」「手は年齢を隠せない」という言葉があります。アラフォー以上になると首のシワや、手に浮き出た血管が実年齢を感じさせてしまうものです。しかし、ハイネックや長袖など、ファッションでカバーすることはできます。実は、それ以上に年齢がバレてしまうパーツがあることをご存知でしょうか? それはズバリ、「眉」です!

 眉があなたの実年齢をバラしている

160505easami005

すべての女性にあてはまるわけではありませんが、眉をみればかなりの確率でその人の世代がわかります。アラフォー以上の女性の場合、たとえほかの部分が若く見えても、眉だけで40代、50代ということがわかってしまいます。なぜか? それは眉の描き方がちがうからです。逆にいえば、眉の描き方によっては若く見せることが可能なのです。

 

たとえば藤原紀香さんと永作博美さん、どちらが年上に見えますか? おそらく「藤原紀香さん」と思うかたが多いのではないでしょうか? 藤原さんは1971年生まれ、永作さんは1970年生まれと、実は永作さんのほうが年上です。なのにどうして永作さんのほうが若く見えるのか? ポイントは眉メイクにあります!

 

 

美しいアーチ眉の藤原紀香さん

160505easami003

彼女たちの眉をみてみましょう。藤原さんは眉山がはっきりわかる長めのアーチ眉。輪郭をきちんと引いていて、色はライトブラウンです。片岡愛之助さんとの結婚記者会見ではやや濃いめブラウンにしていますが、ふだんはあまり濃くないようです。

 

藤原さんの眉は、正統派の美眉です。眉メイクの基本にのっとった、とてもキレイな描き方。ただ、トレンド的にいうと10年くらい前でしょうか。目ヂカラ全盛だったため、薄眉にしたほうが目が強調されるので薄眉トレンドだったころ。ライトカラーの眉マスカラが売れ、眉のカラーリングをする人が多かった時代です。

 

 

ストレート眉の永作博美さん

160505easami004

一方、永作さんの眉をみてみると、眉山をつくらない短めのストレート眉。輪郭はとらずパウダーでふわっと仕上げ、色はナチュラルブラウンです。彼女のような眉はいまのトレンドに近いタイプです(いまはもう少し濃いブラウンがトレンド)。永作さんが若く見えるポイントは眉メイクにトレンドを取り入れているからなのです。

 

アラフォー以上の女性は、だいたいが藤原紀香さんのようなアーチ型の眉をしています。なぜか? メイクの基本を覚えるのが10代、トレンドを取り入れて試行錯誤するのが20代くらいまでだからでしょう。そして30代以降、メイクをほとんど変えないのです。

 

 

メイク情報が10年前で止まっている!

160505easami001

若いうちは新しいメイクを積極的に取り入れる傾向があります。メイクだけでなく、ヘアスタイルも。ですが、次第に「自分に似合うもの」「自分らしいもの」「自分がラクなもの」をわかってくるせいか、チャレンジをしなくなるのです。

 

ヘアスタイルはトレンドを知っているプロ・美容師さんの手によって少しずつ変化しているのですが、メイクは自分の手でするもの。そのため、自分が意識的に変えないかぎり変わりません。雑誌のメイクテ記事も読まなくなるため、新しいメイク情報に接する機会がない。だからメイクが10年、15年前で止まったまま。それが顕著なのが眉メイクなのです。

 

 

流行を追うべきor無視していいメイク

160504easami002

下地やファンデーションといったベースメイクは、それほど大きく変化していませんから、10年前のままでもそれほど古くは見えないでしょう。また、チークなどはガーリーでポップな原宿系女子の入れ方がトレンドなので、むしろ取り入れてしまうと“痛い”感じになってしまいます。このトレンドは無視して正解。

 

ただ目元……特に眉メイクだけは、トレンドを取り入れて変化させないといけません。メイクそのものが古く見えてしまい、オバサン見えしてしまうのです。

 

 

若く見える眉メイク4つのポイント

とりあえず、守るべきポイントは以下の◯つ。

1 形は眉山を強調しないストレート眉

2 長さは短め。目尻より1㎝くらいまで

3 色は濃いめ。ナチュラル~ダークブラウン

4 輪郭はとらない。パウダー中心でふわっと仕上げる

 

さっそく、明日から「眉メイク」を変えてみてください。それがアラフォー女性でも実年齢より若くみせるの最短のメイクテクニックです!

 

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代はゼッタイNG!オバサン顔一直線の口紅の選び方

2017年は様々なブランドから口もとを薄づきに仕上げるアイテムが登場しています。ひと塗りすればまるで唇を染め上げたように唇になじみ落ちにくいティントタイプのものや、…

40代からは選びを変えて! マイナス5歳メイク3つのコツ

毎シーズン新製品が出るたびに「何色を買おうか」と悩んだ挙句、毎回同じような色を選んでしまう……そんな経験ありませんか? 洋服もそうですが、これまで手に取ったことが…

40代は赤リップNG? 大人メイクの色選びのコツ

2016年は一年を通じて、“赤リップ”が注目されていました。しかし、ネットで見かけるメイク解説はだいたい20代くらいの女性がターゲット。それをそのまま鵜呑みにするとアラ…

40代になってそれ絶対やっちゃダメ!痛いメイク・パーツ別解説~アイメイク編~

メイクレッスンを開いて、参加者の方にいろいろとお話を聞いてみると、どの年代の人も20代からメイク法を変えていない人が意外と多いということが発覚!成人式や就活の時に…

CAに学ぶ!「好感度」がグンと上がる3大モテ色メイク&モテ笑顔のコツ

こんにちは。今年もオトナサローネ読者の「モテ力」アップのお手伝いをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。さて、バランスが悪いほうに傾きつつある…

スッピンよりおばさん見えする!?「失敗」メイク3つ【40代の時短美容】

メイクで“キレイ”を引き出すつもりが、“おばさん”な仕上がり!これ、40代女性にとっては「最もショック」と言っても過言ではない事態ですよね。「メイクは時短で済ませたい…

プチプラ? デパートで買う? 40代からの「コスメ選び」の正解とは【メイク編】

今はコスメもお財布に優しいプチプラからヴィジュアルから凝っているデパコスと幅広くあります。全部プチプラという方もいますし、デパコスでなければ満足できない方もいる…

ナチュラルメイクがただのすっぴんに?「やらなさ過ぎ」メイク脱却術

最近「化粧しているのに『ちゃんとメイクしたら?』と言われた…」と落ち込んでいたアラフォー友人。確かに毎日ちゃんとメイクをしているようなのですが、メイクにメリハリ…

一瞬で華やぎ肌が手に入る「シェーディング」【40代の時短美容】

みなさん、こんにちは。時短美容家の並木まきです。今回から、「40代の時短美容」についてお話していきます。初回にあたる今回は、40代前後になると急激に気になりだす“く…

小さい・軽い・便利!旅行に持っていきたい3大コスメ【40代からの美容道】

旅行先でも最低限のメイクはしたい、でもスペース的にかさばったり、重くなったりするものは持っていきにくいですよね? だって荷物は他にもいろいろあるんですもの。しか…

「美人見え」にはツヤと血色感! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・チーク&ハイライト編】

40代になって明らかに肌から減っていると実感するもの、それはツヤと血色感です(苦笑)。肌診断をしてもらうと、水分はわりとあるほうなのですが油分は少なめ、血色もあまりよくないんです。そんなわけで、チークや…

「ツルツル肌」になりたい!編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・デイリーケア編】

30歳前後のとき、ものすごく大人のニキビに悩まされました(詳しくはコチラ)。ツライ思いをしただけにそれ以降は、いかに肌をなめらかに保つかを重視。ニキビはもちろん、ザラつきがなく、うるおっていること。つま…

ハリ・弾力、シミくすみに本気でよかった! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・スペシャルケア編】

人生100年時代と言われるいま、自分の肌と付き合うのもまだ50年以上あるわけです。だから、少しでも長くいい肌コンディションを保ちたい。40代なりにステキな肌でいたいな、と思うのです。絶賛、婚活中でもあるので…

「奥二重」メイクの悩みを救った! 編集長アサミが選ぶ【2018ベストコスメ・アイメイク編】

40代からこそ、自分をアップデートすることが大事。そんなことを最近、つくづく感じているOTONA SALONE編集長の浅見です。ファッションに毎年トレンドがあるように、ビューティにもそれはあります。特にメイクアップ…

#122 それホント? 男性と香水のカンケイについて【40代編集長の婚活記】

40代の婚活は、20、30代のそれと違って一筋縄ではいかない──。46歳・独身・婚活歴2年のOTONA SALONE編集長・アサミ。49歳・バツイチの男性・ジェントルさんにほんのりときめくが、ゲイかもしれない彼がどういうつも…

その洗い方、不十分かも! 40代からの「シャンプー時の新習慣」とは⁉

「髪は女の命」と昔から言われていますが、40代を迎えてからあらためて髪って老けるんだなぁと感じています。ツヤがなくなったり、白髪が増えたり……。そこで重要なのはやっぱり頭皮ケアです。シャンプーやトリートメ…

[PR]

重大なご報告。40代婚活中の編集長アサミが下した「決断」とは?

40代で未婚・独身、恋人いない歴9年、婚活歴2年のOTONA SALONE編集長アサミです。2016年の夏から「40代編集長の婚活記」を毎週更新してまいりました。公開した記事は120回以上。ずっとお読みいただき、本当にありが…

#121 自分から「連絡できない」。恋愛ご無沙汰女子にありがちなこと【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活を始めて2年以上になるが、依然としてゴールは見えない。40代婚活の現実はきびしい。久しぶりの婚活デート(?)相手のジェントルさん(49歳・バツ…

#120 恋愛「ご無沙汰女子」の婚活が進まない、決定的な理由【40代編集長の婚活記】

40代の婚活はまるでけもの道のように、なかなか進まない。46歳・独身・恋人いない歴は9年のOTONA SALONE編集長・アサミ。婚活パーティに婚活アプリなどさまざまな婚活に挑むものの、はや2年以上が経過。現在進行形の…

#119 コレは怪しい! デート男性に浮上した「ある疑惑」【40代編集長の婚活記】

46歳・独身・恋人いない歴は9年超えを更新中のOTONA SALONE編集長・アサミ。44歳でスタートさせた40代の婚活もついに2年が経過。婚活で出会った男性は数十人、婚活デートをした男性は約10人。アーティストのジェント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

BEAUTYに関する最新記事