「その彼、ヤバいです」心理カウンセラーが警鐘!40代女性が付き合うと痛い目を見る男の特徴

出会ってすぐに熱烈に愛を語り、口説き落とすまで、ひたすら熱心にコンタクトを取り続けてくる「猪突猛進型」の男性に狙われると、「そんなに私を想ってくれるなら…」と応じてしまう40代女性も少なくありません。こういった男性との恋愛は、展開が早い婚活成就を意識している40代女性にとっては、好都合な相手にもなりがち。ですが一方で、実は深入りすると痛い目を見る男性の典型でもあります。

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの私、並木まきが、一見すると運命の相手にも錯覚しがちな「猪突猛進型男」が40代には相応しくないワケをお話します。

 

いい歳して「猪突猛進型」はこじらせタイプが多数

猪突猛進型の恋愛を好む男性の多くは、もともと「熱しやすく冷めやすいタイプ」が多いのも傾向です。厄介なことに、本人にその自覚がない例も多く、一目惚れや短期間で相手にとことん惚れ込み「この出会いは、運命だ!」と本気で思い込み、やすやすと口にする男性も珍しくありません。

恋愛に積極的で、異性に対して惚れっぽい性格は決して悪いことではないのですが、そんな性格が影響して、面倒な恋愛トラブルを抱えやすいのも事実。特に、若さゆえに勢いに任せて猪突猛進するのと異なる40、50代の男性で猪突猛進してくるタイプは、年齢による恋愛経験値を誤って解釈し、何かを“こじらせ”ている人が多いのも実像でしょう。

「こっちがこれだけ愛を示していたのに、世の中には見返りを与えてくれない女性ばかり」「心は止められないから、誰かを好きになっても、またすぐに別の人を好きになってしまうのは仕方のないこと」など、自身の熱しやすく冷めやすい恋愛傾向を正当化し、無用な恋愛トラブルを招きがちなのです。

 

結婚したいなら「猪突猛進型」ほど時間をかけて

婚活中の40代には、出会ってすぐに熱心に口説いてくる猪突猛進タイプなら、結婚までも早そうだと推測してしまう女性が多いのですが、こういった男性との恋愛は年齢を重ねた人ほど「急がば回れ」が鉄則です。

猪突猛進の愛情を、同じ熱量で何年も続けてくれれば越したことはありません。しかし人間の感情はそう熱してばかりではないので、熱量が多い男性ほど冷めるのが早いのは、往々にして真実です。当事者になると「彼はあれだけ頻繁に、“運命”と言っているから、私に対しては特別なはず」と思いたくなりますが、こう言った男性ほど「運命」などの重い言葉を、そのときだけは「大真面目」に口にするために、女性が惑わされやすいのです。

猪突猛進な男性の口説きかたは本当に熱心で、数回断ったくらいではへこたれません。そのため、40代になって熱心に口説かれる機会が減っている女性ほど、ひっかかりやすいのも傾向です。結婚への最短レールを敷いてくれそうに見えて落とし穴に溢れている「猪突猛進男」に惑わされないためには、とにかく「付き合うまで時間をかけること」の原則を忘れないのがベストでしょう。

 

男性は、手間や時間、労力をかけた女性ほど大事にするのも真実。猪突猛進型の熱烈な口説きに惑わされ、恋愛の鉄則を忘れてしまった40代女性ほど、こういったタイプに泣かされているのも最近の傾向です。コロナ禍に見舞われている今は出会いが制限されているだけに、結果を急ぎすぎて猪突猛進型に引っかかり、泣きを見ている女性が私のまわりで増えている気がします。みなさまも、改めてご用心を!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク