【九星フラワー占い】一白水星の12月は「来年の大躍進の準備」

今年一年の運気の総決算と言いますか、濃縮版となりそうな12月。

順調だった人は順調に進み、大変だったという人はもう一山越えなければならないかもしれません。

ご自分はどちらだったでしょうか?

今月の占いを読みながら振り返ってみてください。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

周囲の人とくらべても変化が大きかったはず

世の中の空気が変わり、人の働き方も変わり、それに影響されるように生活なども大きく変わった一白水星は多かったと思います。

もちろんどの星もこの変化と無縁ではなかったのですが、その中でも一白水星の星回りは、変化・変革・停止ということが強くあらわれる一年でした。

そしてこの12月は、その総決算のようにもう一度変化・変革・停止ということが起こってきそうです。

やっとペースがつかめ落ち着いてきたのに、がっかりだと思っている方、そういった方こそ大きな波にのまれそうです。

まだまだ不安定で、どうしたらいいのかわかっていないと感じている人は、自分らしい変化を見つけるチャンスかもしれません。

再度、❝お試し❞がやってくる!

ただし、チャンスといえどももちろんすんなりは行きません。

進む道が見つかったと思ったと邪魔が入った、り止まらざるを得ない状況がやってくるでしょう。

けれども、その苦しい状態を抜けるとなぜか、自分がずっとしたかったこと、こうなりたかったという状況に変化しているから不思議です。

よくよく考えると、じつはそういう状況が近づいてきていたかもしれないのに、なぜか気が付かなかったという人もいるかもしれません。

 

まったくちがう世界の人からメッセージ

もうひとつ加えると、このチャンスというのは遠い場所、遠くにいる人、まったくちがう世界に生きる人からのメッセージでスタートするかもしれません。

荷が重いと感じても逃げようなどと思わずに、停滞や変化を受け入れてください。

年末年始までは気持ちがすっきりしないかもしれませんが、とにかく来年の大躍進につながります。

 

今月の恋愛運とお金は?

恋愛運ですが、家族や親族から紹介やお見合いの話がくるかもしれません。

結婚したいとか恋人が欲しい人は、親族との会話を大切にし、うまく言えそうだったら、いい人がいないかなと思っているその旨を伝えるといいでしょう。

また既にパートナーがいる人は、関係性を見直すということをすることになるかもしれません。

これは未来につながる変化のために必要なことなので、逃げずに向き合ってみてください。

金運は、ちょっと厳しい運勢です。

期待していた臨時収入などがあっても、その入金が遅れるということがあるかもしれません。

手持ちのお金をキープしておいてください。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはアイボリーとホワイト。

この同じトーンのカラーでまとめたおしゃれなら、ピンチの時も心と体を優しく包んでくれます。

ラッキーパーソンは恩師です。

年末ですし年賀状やお歳暮などを送ってみると、相手を喜ばせるだけでなくこちらの運気もアップします。

ラッキーフードはいくら。

大根おろしのうえに乗せで食べるのがおすすめです。

あなたという存在の根っこというか、足元を強めてくれるメニューです。

 

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは

「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

★全体運を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク