【九星フラワー占い】二黒土星の12月は「笑顔で逆転ができる運気」

2020.12.08 SP-FORTUNE

今年一年の運気の総決算と言いますか、濃縮版となりそうな12月。

順調だった人は順調に進み、大変だったという人はもう一山越えなければならないかもしれません。

ご自分はどちらだったでしょうか?

今月の占いを読みながら振り返ってみてください。

※二黒土星の生まれ年は1962年、1971年、1980年、1989年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

 

やりたいことができないストレス

今月の二黒土星さんたちは、年末の慌ただしい雰囲気の中、「何でこのタイミングで、こんなつまらない用事が次々と!」 そんな気持ちになりそうです。

人から頼まれごとをしたり、やらなくてはいけないことが出てきたりします。

こういったことで本当にやりたいことに全集中できなかったり、何かアクシデントがあって大切な仕事などがストップしてしまうということもありそうです。

なんだか踏んだり蹴ったりでいいことがないな、と思うかもしれませんね。

もし、そういうふうに思えたら、まだ余裕があってよしという感じです。

疲れてることもあってイライラしてブチ切れてしまう、これが最悪のパターンです。

 

イライラを人にぶつけなければセーフ!

今、ちょっと怒りっぽくなっている二黒土星さんは多いので、気をつけてください。

今、人の反感を買い、声をかけてくる人と同時に協力者を失ってしまい、大きな痛手になります。

もちろん運気も大きく下がってしまいますから。

どうかここでがっかりしないでください。

邪魔が入ったもの、止まったものというのは、あなたが考えている通りとても重要なやるべき事柄なのです。

そして諦めなければいつか必ずリベンジし成功させることができると言うお知らせでもあります。

まるで、ポジティブでいられるか選手権

こういういつかの話だけではなく、今月というのは過去に諦めたことをリベンジするのにも最適なタイミングです。

仕事のことに限らず例えば恋愛告白したけれどもうまくいかなかった相手にもう一度トライしてみると思いがけずうまくいったりする、今月はそういう星回りです。

そして成功させるコツはとにかく明る笑顔を忘れないこと。

そうすることで例えば邪魔が入ったりしたこと喉も好転することは十分ありえます。

どれだけポジティブでいられるか、どうやらそれが試されているようです。頑張って!

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、この年末にきて異性からの注目度が最も高まるのが二黒土星の女性です。

個人的な外出はなかなかしにくいかもしれませんが、オンラインで人と話すときでも、アイメイクはしっかりして印象的な目元にしてください。

外出する際は、女性らしいちょっと派手めのファッションで。

マスクをしているからこそやはりアイメイクが重要になってきます。

同時に2人から告白なんて言うことがありそうです。

その場合はしっかり見極めてくださいね。

金運は、少々出費が増えそうですが、この時期は交際費と美容の費用などは締め付けないほうが運気が上向きます。

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはイエローとレッドカラーです。

邪魔が入ってもめげない元気な心を支えてくれます。

ラッキーパーソンははっきり意見を言う年上の女性です。

困ったときは意見を聞いてみると良いでしょう。

ラッキーフードはカニやエビが乗ったシーフードピザ。

落ち込んだときなどに食べると改善策が思いつきそうです。

 

カーネーションの花が象徴する二黒土星の魅力とは

母の日に贈られるカーネーションは、母性の星である二黒土星を象徴するのにピッタリと言えます。花言葉は「純粋な愛」、「母の愛」で、これはまさに母の包容力をあらわすような言葉ですが、二黒土星の女性には、人に優しく包容力があるのが特徴です。のんびりとマイペースではありますが、自分を頼ってくれる人を受け入れ、自分の周囲の人、とくに家族の幸福を思って、おいしい食べ物や体を温める衣類などをつねに準備しておくような、女性らしさがあり、みんなを癒します。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
五行鑑定家 小林佑実

スポンサーリンク

スポンサーリンク