【九星フラワー占い】六白金星の12月は「想像を超えた強運」

今年一年の運気の総決算と言いますか、濃縮版となりそうな12月。

順調だった人は順調に進み、大変だったという人はもう一山越えなければならないかもしれません。

ご自分はどちらだったでしょうか?

今月の占いを読みながら振り返ってみてください。

※六白金星の生まれ年は1958年、1967年、1976年、1985年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

身近な幸せで満足しないで!

2020年、9つの星の中で最も強運だったと言っていい六白金星。

12月のこの2020年の濃縮版、総決算となる月ですから、とにかく六白金星は最強の運気の中にあります。

最強の運勢にあるということはそれだけ沢山のエネルギーを神様からお借りしているということです。

そのため、このラッキーを自分だけのために使おうと思うと、小さいところに収まってしまい達成感や幸せもあまり大きく感じることができません。

そうです、豊かで満足感のある時間を過ごしたいと思ったら、困ってる人の味方になること、人の幸せを思ってこれをするということです。

あなたのうわさははるか遠くまで広がる

小さなことでいいのです。

けれども、それが周囲の人に伝わり、遠くの方にまでうわさとなって広がって、あなたは人から愛されるようになりますし、頼られるようになります。

実際に、あなたにふさわしい仕事や人間関係がその手に舞い込んでくるでしょう。

気負わなくても責任ははたせる

ふさわしい仕事というのは決してあなたにとってやりやすい仕事という意味ではありません。

六白金星の人は、仕事に関する直感のようなものがよく働くので、何でも一人でパパッとやってしまいたくなりますが、チームをまとめるということが求められます。

こういう仕事は決して好きではないと思いますが、もともと六白金星にはリーダーシップを取るという役目が神様から割り振られています。

チームのほうが大きな仕事ができますし、あなたが心がけなくてはいけないのは、人の話に耳をかたむけ、優しい態度をとってあげる、それだけで信頼関係が結ばれ物事がうまく運ぶので、気負うことなく挑戦してください。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、ずっと気になっていた人に気持ちが伝わったり、自分にとってはハイスペックすぎて無理めかな、なんて思っていた人と、思いがけず良い雰囲気になるなど、恋愛もとても楽しみな1カ月です。

金運も好調です。

やりたいことを始めたり、必要な物を手に入れるためのお金が舞い込んできそうです。

あるいは、そのものがプレゼントされるといったことがあるかもしれません。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはゴールドとパステルグリーン。

ゴールドはもちろんゴールドのアクセサリーでも OK です。

素晴らしいご縁を引き寄せ、人間関係をより良くしてくれるお守りのようなカラーです。

ラッキーパーソンは女性の会社経営者。

あるいは片付けや収納のプロの女性です。

身近にいないようでしたら、そういった人たちの書籍などを読むと、思いがけないヒントが得られるだけでなく運気もアップします。

ラッキーフードは春雨の入った春巻きです。

カリッとした歯ごたえを楽しんでいると、ストレスが一気に解消されそうです。

 

ガーベラの花が象徴する六白金星の魅力とは

完璧さを目指す誇り高さがあり、気力・体力にあふれ、リーダーの資質を備えた六白金星。そんな六白の女性にピッタリな花と言えばガーベラではないでしょうか。花のなかでもとくに花らしい形をしていて、太陽のようにくっきりと明るい色あいと華やかで、プレゼント・ブーケとして高い人気を誇っています。完璧さやゴージャスな雰囲気は可愛げがないと思われることもありますが、六白に関してはそれが魅力に。とくに太陽に似たオレンジのガーベラの花言葉は「冒険心」です。戦うことを恐れない六白に捧げます。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク