【九星フラワー占い】九紫火星の12月は「神様からの荒療治が」

今年一年の運気の総決算と言いますか、濃縮版となりそうな12月。

順調だった人は順調に進み、大変だったという人はもう一山越えなければならないかもしれません。

ご自分はどちらだったでしょうか?

今月の占いを読みながら振り返ってみてください。

※九紫火星の生まれ年は1964年、1973年、1982年、1991年です。
ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

人との交流が楽しい月に

今月は、人前で話す機会が増えそうな星回りです。

オンラインになるかもしれませんが、食事会やクリスマスパーティーなどの誘いも多いことでしょう。

華やかな雰囲気の九紫火星のみなさんにぴったりではないでしょうか。

スピーチや講演などの仕事があれば、まさに本領発揮で、うまくいかないわけがありません。

ですからもちろん気持ちも高揚しますが、この高揚感にすべてを任せてしまうと、言ってはいけないことを言ってしまったり人の嫉妬を買ってしまったり、思いがけず人からの攻撃を受けてイライラしたりというトラブルが心配されます。

トラブルがあれば、それは天による荒療治

場合によっては、これまで仲良く付き合ってきたはずの人に大きく失望し、その人と疎遠になる。

あるいは仕事であるとか、何かを手放すことにつながる可能性もあります。

落ち込んだり、辛いと感じるかもしれませんが、そこをよく見つめて欲しいのです。

はたしてそれが今後の人生において、本当に必要不可欠なものであったかということをです。

ここで手放すべきものである、そう気が付き、納得する人も多いのではないでしょうか。

天の計らいといえば計らいですが、ちょっと荒療治的ですね。

離してはいけないもののためにすべきこと

逆に、手から離れかけている物や人を必要不可欠であると感じたならば、あるいはそれは自分だけの問題ではなく誰かのために必要だと思えたならば、プライドを捨て、素直にスピーディーに謝ってしまうことこれが大切です。

人のために何かに耐えるあなたの姿は、人からの尊敬を集めるでしょう。

そして問題を解決できたあかつきには、それが次に繋がるチャンスにもなりますよ。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが華やかな雰囲気の中その場のノリでその場にいた人と深い関係になると後で大きな公開となりますのでこの点には注意してください。

金運についても厳しい月となります思いがけない出費が重なりそうな予感がしますが必要な出費ですので潔くお財布を開けましょう。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはパープルとオレンジです。

パープルはハンカチやマニキュアなどに取り入れ、自分自身の目によく入るようにしておくといいでしょう。

そうすることで冷静な判断力が取り戻せるはずです。

ラッキーパーソンはコスメショップの女性店員。

ちょっとしたものでいいので購入して、気分転換をしてみてはいかがでしょう。

その際、店員さんに美容情報を教えてもらうこと。

そんな女性らしい楽しい会話が大きなリフレッシュになりますし、女子力アップにつながります。

ラッキーフードは、エビが入ったシーフードカレー。

言葉によるトラブルの防止になります。

紫陽花の花が象徴する九紫火星の魅力とは

九紫火星は火の性質を持つ星。真夏の太陽のように情熱的ですが、燃え尽きると途端に冷淡になるのも特徴的です。東洋の暦では6月は真夏にあてはまり、この時期に咲き、「移り気」という花言葉を持つ紫陽花は、九紫を象徴する花の1つです。移り気と言うと印象が悪いかもしれませんが、誰よりも研究熱心で美的センスがあり、何かに集中しては極め、また次の物を研究し、時に新しい流行を作る力があったりします。華やかで負けず嫌い、目力のある美人が多い星です。

※全体の運勢を知りたい人はこちら

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク