肉食派、要チェック! オトナが行きたい至福の「肉レストラン」2選

スポンサーリンク

ここ数年、ちょっとした「肉」ブームですよね。さまざまなお店がオープンしていますが、今回は、大人の女性におすすめの、美味しくて、居心地のいい「肉」レストランをご紹介します。

「今日はひとりで肉を食べるぞ!」というときに大人の女性がひとりでも駆け込め、友達やパートナーとわいわいいただくのもとびきり楽しい、そして個性がきらきらと輝く2軒です。

おしゃれなニクバルで、こだわりの肉を使った「夜の定食」を堪能

ビーフシチュー定食

赤坂のど真ん中にある、おしゃれでカジュアルな「ニクバル CARNIVOR」。山形県「田村畜産」より一頭買いしているこだわりの山形牛・黒毛和牛を、肉本来の旨味を味わうことができる網焼きとして提供。さらに一頭買いだからこそ可能な希少部位も幅広く取り揃えて、極上のお肉を多彩な調理法でいただけちゃいます。

大正時代のアンティーク家具をしつらえた洗練され落ち着きのある空間もおしゃれ。女性にも使い勝手のいいニクバルです。飲み放題メニューも充実、大正時代のアンティーク家具を使った空間も洗練されていて、「女子会」にもぴったりです。

 

その「ニクバル CARNIVOR」が、2017年1月から、こだわりの肉料理に、サラダ、お新香、スープ、ウーロン茶がセットになった、「夜の定食」の販売をスタートしました。夜でも気軽に、ひとりでも質の高い肉料理がいただける店ってけっこう少ないなか、これは朗報です。

ラインナップは、「2色重定食」(1,500円)、「サガリ重定食」(1,200円)、「特選和牛重定食」(1,800円)、「サガリのサイコロ定食」(1,200円)、「ビーフシチュー定食」(1,200円)、「ひつまぶし丼定食」(1,200円)の6種。

サガリのサイコロ定食

うち、「2色重定食」「サガリ重定食」「特選和牛重定食」は持ち帰りも可能なので、自宅でゆったりいただくというのもありかもしれません。

2色重定食

ちなみに、「夜の定食」メニューではありませんが、「サガリかつサンド」(1500円)もおすすめです。気候の良くなるこれからの季節は持ち帰って、外でいただくのもいいかも!?

提供は毎日17時からで材料がなくなり次第、終了とのこと。早めのディナーや残業前の腹ごしらえに利用してみては?

ニクバル CARNIVOR
住所:東京都港区赤坂3-15-13 FRビル 1F、2F
提供時間:17:00~(材料がなくなり次第終了)
※営業時間は、月~金11:30~15:00(L.O.14:30)、月~土17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:日・祝日
電話:03-6277-8929
http://carnivor.jp/

和牛の美しさ、美味しさに開眼! セラー併設の和牛専門店

外苑東西通りで、生肉が並ぶセラーを見かけ、「ん? これはいったい何?」と思ったこと、ありませんか。

ヨーロッパの街角にありそうなブッチャー(肉屋)のセラーが見過ごせない「The INNOCENT CARVERY(ジ・イノセント・カーベリー)」は、2015年12月にオープンした、ブッチャー・ラボ(肉の切り分け専用スペース)併設の革新的な国産黒毛和牛の専門店 。クオリティの高い和牛を、もっとも美味しいかたちでいただける、肉ラバー垂涎のお店です。

新たに「WAGYU LABO」と「WAGYU RESTAURANT」のダブルコンセプトに進化した同店のおすすめは、なんといっても、カウンター席限定の「WAGYU LABO MENU」(12,000円、要事前予約、2名~)。料理人の肉さばきを目の前で楽しみながら、異なるブランドや産地、部位、融点、エイジングなどをひと皿ずつ、割烹仕立てで食べ比べることができる贅沢なコースです。ブランド和牛と一口に言ってもこんなに違うのか! と、和牛の奥深さに開眼すること請け合い。少しずついろいろな種類を食べたい、女心もくすぐります。

赤身のもも肉を使ったスペシャリテ「WAGYUのステーキタルタル」も必食。赤身のねっとりとした食感を最大限に引き出せるようにハンドスライスしたお肉を、2種の天然塩とオリーブオイル、セルフィーユで軽やかに仕上げました。何も付けずにいただいたあとは、付け合わせのコリアンダーペースト、醤油漬けの卵黄、ゴルゴンゾーラチーズをヘラで混ぜ、和えながらいただくのがおすすめ。このひと皿だけで、ワイン1本空いちゃうかも(笑)。

和牛としっかり対峙する、カウンターでの「肉劇場」は、肉食女子友との会食、デートはもちろん、一人で訪れるのもあり。「シェフのお任せコース」は、1名からオーダーできます。

「少しだけお肉がいただきたいのよね~」なんてときも柔軟に対応してくれるのが同店のいいところ。こだわりの肉が整然と並ぶセラーをのぞきながら吟味したり(ブランド和牛ってなんて色っぽいんでしょう!)、料理人と相談しながら、好みの和牛を、お肉の持ち味を最大限に生かした焼き加減でいただけちゃいます。

加齢とともに、「刺しの多い和牛って、最近、too muchなのよね」なんて、みなさんもいらっしゃるのでは? って私か! そんな人にこそ、ぜひ体感していただきたい。いいお肉って、脂身もおいしいんですね。口の中で、ふんわりやさしく溶けていきます。

カウンターのほかにも、開放感のあるテーブル席が用意されていて、こちらは大人の女子会に最適。和牛コンシエルジュに相談しながら、上質な和牛をわいわいギャザリングできます。

ひとりで行っても、みんなと行っても楽しめること間違いなし! 美味しい和牛が食べたくなったときに、ぜひ覚えておきたい一軒です。

The INNOCENT CARVERY WAGYU SPECIALITY LABO RESTAURANT
住所:東京都港区西麻布1-4-28 カルハ西麻布101
営業時間:17:00〜24:00
定休日:日曜日
電話:03-5411-2911
http://www.innocent-carvery.jp/

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

めんつゆにモッツァレラを漬けると驚きの味に!

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

なにげヘルシー! 「サッポロ一番塩」包丁いらないズボラレシピ4つ

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

コンビニで全部手に入る!オススメワインと5分でできるちょい足しレシピ

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

牡蠣を食べる人なら知っておきたいたった1つのこと

むくみって、年々ヒドくなる気がしませんか? 30代後半から、緩やかながらも実感し始めた老化現象。それが40代に入ると一気に加速。日々退化していく自分自身を見つめなが…

実は「京都」は1月2月がいちばんお得。最新ランチとお茶はココ!

冬の京都はおすすめ! ということで、前回は今だからこそ、楽しめるスポットをご紹介しましたが、今回は「食」をフィーチャーしましょう! やっぱり、旅に「食」は欠かせませんよね。今回は、インスタジェニックで…

静かな冬の京都。リピーターが大注目の2018年イベントは

まったく個人的な意見ですが、冬の京都いいですよ。夏や秋よりも観光客は少ないですし、たしかに寒いけれど、紅葉の季節とはうって変わり静かな佇まいを見せ、背筋が伸びるような凛とした空気が流れています。今年の…

女が一人で肉を食べるならココ!2018年新春注目3店

ひとりで突然お肉が食べたくなるとき、ありますよね。最近は女性がひとりで気兼ねなく、肉を食べられるお店も増えていますが、今回は最新情報として、オープンしたばかりのお店やフェアを開催中のお店を紹介します。…

祝戌年!キュートなワンコのお正月手土産おすすめスイーツ3選

来年の干支は「戌(いぬ)」というわけで、ワンコをモチーフにした、大人かわいいスイーツが続々登場中&今後、登場の予定です。ワンコイヤーの幕開けは、やっぱりワンコスイーツで、祝わなくっちゃ! 今回は、ワン…

フード専門ライターが振り返る2017ヘルシーアイテム

「ポーチの中身拝見!」は、昔から女性誌の人気企画。他の人がどんなものを持っているのか、ちょっと見てみたい心理、わかります、わかります。では、オトナの女性のバッグに入っている飲食系のアイテムって? みん…

独女快楽ライフ研究家、ライフスタイルジャーナリスト

長谷川あや

この執筆者の記事一覧

スポンサーリンク

スポンサーリンク

FOODに関する最新記事