正しいのはどっち?クレジットカードを「ご利用できます」「ご利用になれます」

本記事では、敬語クイズを出題していきます。

お客様にお伝えする時、あなたはなんと言いますか?

正しいのはどっち?

「ご利用できます」も「ご利用になれます」も聞き馴染みがありますよね。でも実は、どちらか一方は、敬語の文法的には正しくない表現なんです。

まずは正解を見てみましょう。

正解は…

「ご利用になれます」です。

敬語の基本要素は

  • 尊敬語
  • 謙譲語
  • 丁寧語

の3つ。尊敬語は相手に敬意を表すために使われ、謙譲語は自分自身に使います。

まず尊敬語と謙譲語の典型的な形は

  • 尊敬語 「ご(お)〜になる」
  • 謙譲語 「ご(お)〜にする」

で、これらを可能形にすると以下のようになります。

  • 尊敬語(可能)「ご(お)〜になれる」
  • 謙譲語(可能)「ご(お)〜できる」

一見すると「ご利用できます」は丁寧に感じられますが、お客様に対して用いるべきは尊敬語です。尊敬語の可能形は「ご(お)~になれる」なので、お客様にお伝えする場合は「ご利用になれます」が正解です。また「ご利用いただけます」と言い換えることもできます。

「ご(お)〜できる」はお客様の動作に対して不適切な表現ではありますが、文化庁による「国語に関する世論調査」を見ると、「ご乗車できません」という表現に「正しく使われていないと思う」という回答が

  • 平成9年度 30.5%
  • 平成16年度 27.4%

と減少しており、「ご(お)〜できる」を誤用と捉える人が減少傾向にあることが分かります。もしかしたら「ご(お)〜になれる」に堅苦しさを感じる人もいるかもしれません。

ですが、この機会にぜひ「ご(お)〜になれる」を覚えていただき、敬語を使う場面で発揮していただけると幸いです。

 

参考文献

  1. 本郷陽二『大人の語彙力 敬語トレーニング100』(2018年、日本経済新聞出版社)
  2. 「ご利用できます」は敬語の誤用?|NHK放送文化研究会

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク