【九星気学】三碧木星の1月は「世界が広がる出会いが!」九星フラワー占い

今月は2020年の1年間がどのような雰囲気であり、あなたにどのようなことが起きるのかがわかる濃密な1カ月です。

1年を有意義に過ごすために、起こりうることを占いますので、それを手がかりによくよく観察しながら過ごしてほしいと思います。

※三碧木星の生まれ年は1961年、1970年、1979年、1988年です。
ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

★全体の運勢を知りたい人はこちら

【2021年1月5日~2月3日運勢】

冬のような1年は、はい、終了!

三碧木星の皆さん、2020年がやっと終わりましたね。

お疲れ様でした。

2020年は、三碧木星にとって冬の時期、凍てついた土のなかで種が芽吹きの準備を始める、そんな年でした。

体調はいまいち、人間関係でトラブルがあったり、お金で苦労した人も少なくなかったのでは?

元気で好奇心旺盛な人の多い三碧木星さんですから、運気が悪くてもその運気に抗うように動き回り、何か自分の新しい可能性を掴んで、「大変だったけど面白い一年だったなぁ」と思っている尊敬すべき人もかなりの人数いらっしゃるように思います。

たくさんの人が集まってくる

どちらにしても、「忙しい!」という嬉しい悲鳴は上がりそうな2021年は始まりました。

まずは肩慣らしと行きたいところですが、いきなりたくさんの人から頼まれごとや、会いたいねという声がかかってきそうです。

しかも、ちょっとご無沙汰していたような人、遠く離れた場所に行ってしまったような人、もしかしたら「知り合いの知り合いです、初めまして」のいう人から連絡があって、世界がぐっと広がるような心躍る年明けとなりそうです。

すべての人に感じよく振る舞って

ちょっと大変かもしれませんが、できるだけ感じの良い返事を、すべての人にしてください。

とりあえずは返事だけで大丈夫です。

手が回らないということがあっても、待ったり待たせたりするのが嫌いなサンタさんであることはわかっていますが、「ちょっと待ってね」と一言、声をかけてください。

とにかくここで縁を結んでおくことが、これからの一年をハッピーにするために大切なことなのです。

 

今月の恋愛運と金運は?

恋愛運ですが、ちょっとお節介な人、あるいは母親や母親の親戚から『いい人を紹介する』と持ち込まれそうです。

パートナーを募集中の人は是非この話に乗って欲しいのですし、フリーだけど乗り気ではないという人も、予想外にいい話だったりする可能性があるので、とりあえず断らないで。

「ありがとう」という感じの良い返事をしておいてくださいね。

金運に関しては、少額ですが思いがけない臨時収入があるかもしれません。

 

今月のラッキーアイテムはこれ!

ラッキーカラーはグリーンとブラウン系。

この落ち着いた色合いが、ラッキーパーソンになる年上の女性や、ビジネスあるいはプライベートで長くお付き合いをしていくであろう人を引き寄せます。

ラッキーパーソンは母親や母親の親戚年上の女性です。

今月は、もし困ったことがあれば、これらの人達に相談すると心がふっと軽くなります。

ラッキーフードはガーリックライス。

まだ少し残っている昨年の疲れを吹き飛ばしてくれます。

 

朝顔の花が象徴する三碧木星の魅力とは

夏の暑さの中、しおれる草花も多い中で、夜明けとともに花開き、朝露にキラキラと輝く朝顔。このまぶしいほどの生命力は三碧木星の魅力をあらわしています。三碧は朝日のエネルギーをあらわす星で、前日に悲しいことがあり傷ついたとしても、朝になればかならず空に昇り始める太陽のように復活をとげ、笑顔をとりもどして楽しいおしゃべりができる、その明るさが周囲の人にも元気を与えています。ですから、過去のことにいつまでもくよくよしていては、三碧の魅力も半減! 朝顔の花言葉は「愛情」「かたい絆」です。

 

(イラスト オオスキトモコ)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク