彼が一気に冷める!お泊りデート中に言ってはいけない言葉

お泊まりデートでは、彼と甘い時間を過ごしたいですよね。しかし、たった一言でそのムードを壊してしまうこともあります。どんな発言をしてはいけないでしょうか。彼氏に言ってはいけない発言をしてしまった経験のある女性や、言われたことがある男性に取材しました。

 

①彼の元カノの悪口を言う

「お泊りデートの時はある意味で逃げ場がありません。僕の彼女は酒癖が悪くて酒が進むほどだんだんと口が悪くなっていくんです。大体のことは受け流したりできるのですが、どうしても我慢できないことがあるんです。それは昔の彼女の悪口です。せっかく二人きりの甘い時間なのに、他の人のことなんて言わなくていいと思うんです。

前の彼女をかばうとかそういうことではないんです。なんでそんな人を選んだんだとか、あんな奴のどこがいいんだとか、そういうことを言われると自分が責められているような気持ちになってしまいます。それに悪口言ってる今の彼女が嫌なやつに見えてきてしまうことがあります」(42歳/男性)

 

②仕事の話をする

「初めてのお泊りなら、きっと彼のほうもドキドキとロマンチックな期待をしているはず。ムードたっぷりにしたいひとときに絶対に言ってはいけないのが『仕事の話』です。一気に現実に引き戻されてしまうのは興覚めしちゃいますよね。

もし彼が職場の人だとしたらなおさら要注意! 私も普段からワーカホリックぎみで、つねに仕事のことが頭から離れないタイプなんです。でも、もし彼氏がお泊り中に仕事の話をしてきたら絶対不快ですもの。だから自分は同じことを相手にしないようにと、人一倍気をつけているつもりなんです」(44歳/女性)

 

③(芸能人含め)男性を褒める

「お泊まりデートの時に発言してしまって大失敗したことがあります。たまたま見ていたYouTubeで私が大好きな韓国人タレントが出てきたんです。ついついその動画に夢中になってしまって、韓国人タレントをキャーキャー言って褒めまくってしまったんです。

ふと彼氏の顔をみると、お泊まりデートで私にあれこれお世話してもらうつもりだった彼氏の顔が真顔になってました。『もう帰って』と言われてそのまま追い出されました。お泊まりデート中には他の男性を褒める言葉は言っちゃダメですね」(47歳/女性)

 

男性も2人の甘い時間を期待していることがほとんどです。他の人の影がちらついたり、いまいちイチャイチャしたムードにならないような話題を選択されたりすると、一気に気持ちが冷めてしまうことがあるようです。注意したいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク