100円なのにバカうま!【ダイソー】のアレで本格エスニック料理が超時短で完成

日用品や雑貨など、さまざまな商品を手頃な価格で買うことができる100円ショップ。そんな100円ショップで注目なのが「食品」です。充実したラインナップはもちろん、100円とは思えないボリュームや味で、コスパが良いと話題を呼んでいます。

本記事では、100円とは思えないほど超美味しいレトルト食品や缶詰をご紹介していきます。今回ご紹介するのは100円ショップ「ダイソー」で購入した炊き込みご飯の素です。

 

ダイソーのアジア風炊き込みご飯の素

今回私が購入したのはダイソーの「アジア風炊き込みご飯 海南鶏飯の素」。

海南鶏飯とは、東南アジアの庶民料理・屋台料理の一つで、茹で鳥とその茹で汁で調理したお米を一緒にお皿に盛り付ける米料理のこと。「海南風チキンライス」「シンガポールチキンライス」などと呼ばれています。

 

おすすめポイントは気軽に作れて美味しいところ!

海南鶏飯の要となる「生姜」は炊き込みご飯の素に入っており、調理に必要なのは米、鶏もも肉、水だけ。作り方もシンプルです。

  1. お米を研いだらしっかり水気を切る
  2. 炊飯器に1.のお米と水、この素を入れてよくかき混ぜる
  3. 2.に鶏もも肉を皮目を上にしてのせて炊く

ひと手間あるとすれば、炊き上がった鶏もも肉を取り出して好みの大きさに切り分けるぐらい。もちろん生姜の風味をもっと楽しみたいのであれば追加してもOK。具材を入れて炊くだけで美味しく出来上がってしまうのが炊き込みご飯の魅力ですから、自分好みの具材を足していくのもおすすめです。

(↑)炊飯器に「アジア風炊き込みご飯 海南鶏飯の素」とお米、水、そして鶏肉をどかーんと入れた図。

(↑)出来上がりがこちら。

仕上げにコショウをふると味が締まります。お米にしっかり味が染み込んでとてもおいしい!生姜の味がしっかり感じられます。パクチーや万能ネギなどを散らすとより美味しいです。パッケージ写真のように、スライスしたキュウリや玉ねぎなどを添えると、より海南鶏飯らしくなりますよ!

美味しくてコスパの良い100円ショップ食品、ぜひお試しを。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク