「更年期には豆腐」は本当?東洋医学教授に教わる女性ホルモン対策

好むと好まざると、私たちの人生を大きく左右する女性ホルモン。その分泌がつかさどる変化には、初潮から閉経に至るまでひとの一生の中での大きなサイクルと、月経周期の中での短期的な変化の2つがあります。

いわゆる「更年期」と私たちアラフォーはどうつきあっていけばいいのか。「最近調子が悪いな」と思い始めた人が知っておくべきことを、近畿大学東洋医学研究所所長・同女性医学部門教授の武田卓(たけだたかし)先生に教えてもらいました。

女性の身体は7年周期でできている

漢方の世界では、女性の体は7年周期で考えられいるのだそう。生殖・発達能力を司るのは「腎気」。7歳で「髪長歯更」、腎気盛んになり、髪が伸び歯が生えかわります。42歳で「衰退期」、肉体的な衰えが目立つようになり、49歳で「天癸枯渇(てんきこかつ)」、運動能力が低下したり、生殖能力がなくなる状態に至ります。

「更年期」とはいつごろくるもの?

月経が乱れ始めてから、閉経を挟んで、その後数年たって卵巣から女性ホルモン(エストロゲン)がまったく分泌されなくなるまでの時期を「更年期」を呼びます。およそ42歳から56歳ごろをいい、日本人の閉経平均は50.5歳。45歳以上で1年以上月経がない場合は「閉経」と考えます。

卵巣機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン)分泌が減少して起きる閉経。卵巣機能低下は、卵巣における卵胞の減少・消失で引き起こされます。つまり、卵巣の老化なのです。

 

更年期障害では何が起きるの?

卵巣機能低下からのエストロゲン分泌欠乏により、さまざまな症状が引き起こされます。女性ホルモンが引き起こすPMSも更年期障害も、「自分に何が起きるのか」その経過を事前に知っておくことがとても重要なのだそう。

1・月経異常

卵巣機能低下にともない、最初に起きる異常です。月経周期が短くなることが多いほか、「変な出血」も。この時期は子宮がんもよく発生するので、不正出血があれば子宮がんも視野に入れた検査が必要です。

2・自律神経失調症状

発作的に起きる「のぼせ」「ほてり」「ドキドキ」、一般にイメージされる更年期です。「先生、首から上が燃えるように暑いです。でも、腰から下は冷えています」という訴えをよく聞きます。上半身はのぼせ、下半身は冷えます。運動不足やストレスはNGです。この自律神経失調症状は、閉経する女性の60~70%が経験します。通常は2~5年間症状が持続しますが、閉経後5~10年で40%、10年以上経過すれば4%まで低下。「この不快な状態がずっと続くわけではない」とわかっていることが大事です。

3・精神神経症状

意外に見過ごされるのがこのカテゴリの症状。「不眠」「イライラ」「頭が重い」「鬱っぽい」「物忘れ」などが起きます。ちょうど、更年期はいろいろな社会的変化も起きる時期。家族の就職や独立、夫の定年、親の介護や死別など、ストレスで心身のバランスが崩れやすい状態です。また、閉経=女性でなくなるという先入観や、上記の自律神経症状が原因で健康に自信をなくし「このまま年老いていくだけで自分の人生は終わってしまうのではないか」とネガティブな気分が晴れないケースも。こうした精神症状も「起きるものだ」と知っておくことが大事です。

「簡易更年期指数」という指数もある

これら更年期障害にはSMIという指数もあります。客観的に自分の状態を判断する指針として活用してください。症状を「強」「弱」「無」で判断します。

日本人女性の更年期症状評価表

症状の程度       /症状       強     弱     無

1.顔や上半身がほてる(熱くなる)
2.汗をかきやすい
3.夜なかなか寝付かれない
4.夜眠っても目をさましやすい
5.興奮しやすく,イライラすることが多い
6.いつも不安感がある
7.ささいなことが気になる
8.くよくよし,ゆううつなことが多い
9.無気力で,疲れやすい
10.眼が疲れる
11.ものごとが覚えにくかったり,物忘れが多い
12.めまいがある
13.胸がどきどきする
14.胸がしめつけられる
15.頭が重かったり,頭痛がよくする
16.肩や首がこる
17.背中や腰が痛む
18.手足の節々(関節)の痛みがある
19.腰や手足が冷える
20.手足(指)がしびれる
21.最近音に敏感である

(日本産科婦人科学会生殖・内分泌委員会.日本人女性の更年期症状評価表.日産婦誌 2001 ; 53 : 13―14)

 

大豆は日本人女性の身体を保つ

さて、こうした更年期障害に、具体的な対策ができるのかどうかを考えてみましょう。一般に、日本人は欧米人に比べて圧倒的に心臓病による死亡率が低く、また骨粗鬆症による大腿骨骨折率も米国の約半分であることが知られます。米国での乳がんの死亡率は日本の約4倍。米国人の更年期女性の約50%はホットフラッシュに苦しみますが、日本人はそれほどでもありません。これらの症状は人種間での発現差があのですが、この違いの理由の一つは大豆摂取量の日本人と欧米人の差ではないかと考えられています。つまり、大豆をたくさん食べると、エストロゲン関連疾患の予防に役立つのです。

 

でも、全員に「有効」ではない?

よく耳にする、そして女性の健康にいいイメージの「大豆イソフラボン」には、「ダイゼイン」「ゲニステイン」「グリシテイン」の3種類があります。このうち「ダイゼイン」は腸内細菌で代謝され、女性ホルモン様に振る舞う「エクオール」になります。活性はエストロゲンの1/100から1/1000程度ですが、更年期障害や骨粗鬆症、メタボリックシンドローム、高尿酸血症、乳がん、肌の水分やコラーゲン保持などにプラスに働きます。ただし、問題は、誰もが大豆イソフラボンをエクオールに代謝できるわけではないらしい点。一説に日本人の半分がエクオールを作れないとも言われます。自分がエクオールを作れるのかどうかは、ネットを検索すればいくつか尿でチェックする機関が出てきますからお試しください。また、エクオールを直接サプリメントとして摂取する手段もあります。どちらにせよ、ずっと体内にとどまるものではないので、毎日食べ続けることが重要です。豆腐や納豆、味噌などの大豆製品を、意識的に毎日摂取するよう心がけてください。目安として、納豆1日1パック、木綿豆腐2/3丁が食べられるといいでしょう。

「ホルモン補充療法」は第一選択です

更年期障害をやわらげる薬物療法は、主に3つ。

1・ホルモン補充療法

2・漢方薬

3・抗不安薬

日本では「ホルモン=よくないもの」というイメージがあるようで、更年期障害の治療にホルモン補充療法が選ばれにくい傾向があります。いっぽう、海外ではごく標準的な治療方法。日本産婦人科学会では第一選択の療法です。エストロゲン製剤を飲む・貼る・塗るなどの方法で補充し、副作用を抑えるプロゲステロン製剤もあわせて服用します。ホルモン補充療法は冠動脈疾患、脳卒中、静脈血栓症を増加させる可能性がありますが、いっぽうよく危惧される「乳がんの発症率が上がる」不安については、5年間なら増やさないということがわかっています。2016年の7国際学会からの共同声明では、ホルモン補充療法による乳がんリスクは「rare」。生活習慣や肥満、アルコールのリスクと同等か、それ以下という判断です。5年を一つの目安に治療してみるという選択肢があります。

 

漢方薬は精神症状が得意

2番目に挙がった漢方薬は、副作用が少ない分、服用に抵抗が薄いことでしょう。更年期障害に使うものだけでも10種類以上あります。漢方治療は「こころと体は一体のものである」、心身一如という考えを基本とします。実は漢方薬は、どちらかといえば、明確なのぼせやほてりより、「検査しても原因がよくわからないが、何か不調」という、原因が究明しにくい症状が得意です。前述の説明のうち「3・精神神経症状」に悩んでいる場合は特によいでしょう。また、症状が軽いうちは、機能性食品も有効ですので、賢く取り入れてください。

 

 

■閉経、気になりますよね。こちらもどうぞ。

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

最近、イライラしたり急にのぼせたり。これって更年期障害?【医師に聞く#2】

閉経の平均は?40代女性の不調を「かかりつけの婦人科」で相談するには

「更年期には豆腐」は本当?東洋医学教授に教わる女性ホルモン対策

気になる「閉経」の平均年齢は? 40代から知っておきたい更年期

なんとなく不調? 医師が教える「ホルモンバランス」を整える3つの食品

 

 

 

お話/武田卓先生・1987年大阪大学医学部卒業、大阪大学医学部産婦人科研修医に。大阪府立母子保険総合医療センター産科診療主任・医長、大阪府立成人病センター婦人科副部長、東北大学先進漢方治療医学講座准教授などを経て、2012年より近畿大学東洋医学研究所所長、同女性医学部門教授、東北大学産婦人科客員教授。代表的研究には「西洋薬と漢方薬の相乗効果に関する臨床的検討」なども。

 

エクオールを手軽に摂取できる「エクエル」

 

大塚製薬が世界で初めて大豆を乳酸菌で発酵させて作ったのがエクオール含有食品が「エクエル」。成分は大豆胚芽の成分とほぼ同じです。大豆のダイゼイン類がエクオールになったものが「エクエル」。抽出、合成、濃縮は一切せず、香料、保存料も仕様していません。

通常価格 4,000円+税 112粒(1日4粒目安・28日分)

詳しくは公式通販サイトを http://www.otsuka-plus1.com/shop/g/g54071

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

気になる「閉経」の平均年齢は? 40代から知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

1位豆腐・2位レバー・3位は?40代女性はこれを食べるべし

まだ早い? それとも自覚がある? 40代なら視野に入ってくる更年期。今回は、いま摂るべき栄養素をご紹介します。もう知っているものもあれば、これがおすすめなの?とい…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

40代女性がひそかに悩む身体のこと。さまざまな分野に関して、医師に教えてもらいます。さて、アンケートでも特に目立つのが「更年期」についての悩み事。更年期に出てくる…

なんだかツライ…。40代女性が悩む「カラダの不調」ランキング

どうも気圧の安定しない梅雨どきです。編集部女性陣にヒアリングしたところ、40代同士で食事をすると「最近腰が痛くて…」「目がかすんで見えない」「姿勢が悪いまま」とい…

もしかして私、「更年期太り」?納豆ダイエットって効きますか?

更年期と「おデブ」の関係、ご存知ですか?この2つは深く関係しています。どうやってこの2つを両立させるかも重要な課題になるのです。【人生最後(かもしれない)ダイエッ…

3位睡眠、2位趣味、1位○○探し?45歳までに始めたい更年期対策とは

気にすべきなのか、それともむしろ気にしないほうがいいのか。諸説ありますが、やはり40代は「プレ更年期」。そんな40代のうちに整えておきたいライフスタイルとは?更年期…

実は日本人の8割が「隠れ低体温」?体温を上げる「腸温活」

いよいよ冬のはじまり。肌のカサカサ、インフルエンザの流行など、冬ならではの悩みはたくさんありますが、今回は「無意識の冷え」に関するチェックです。次の10項目で当て…

なんとなく不調? 医師が教える「ホルモンバランス」を整える3つの食品

あたたかくなったり、急に冷え込んだり……。この時期は、天候も気圧も不安定です。特に、女性は季節の変わり目に、体調がいまひとつよくないというかたも多いのではないでし…

40代一人暮らし女性と地震、普段から備えておきたいものは!

大阪北部地震で被災なさった皆様、影響を受けた皆様、お見舞いを申し上げます。余震があるかもしれませんし、また日本はおおむね全国のどこにでも地震のリスクがあります。とはいえ、防災情報はどちらかといえばお年…

「イライラする人は口も臭い?」歯科医おススメの12秒対策は舌がカギ

あなたの口、乾いていますか? と言われても、この季節、喉なら乾くけれど「口の中が乾いているかどうか」は自分ではよくわからない……。では、唇が歯にくっつくことはありますか?「くっつくことがある場合は、乾い…

本当に衝撃的…ファミマの「チョコミントパンケーキ」が残念すぎる

私はいま、本日のお昼ご飯を、年に1回あるかないかの残念な気持ちで食べ終わりました。ことの発端は今から30分前。お昼を買いにいった弊社1Fのファミマです。今日はいつものおにぎり売り場だけでなくパン売り場も見…

【歓喜】ファミマのルーロー飯が新しくなってるよ!

昨年は台湾ブームだったと伝え聞くファミマ。弊社1Fにもファミマがあるのですが、どの時間帯に行っても台湾系アイテム置いてないなあ……と思っていたら、本日5月29日にリニューアル発売されたルーロー飯を先ほど発見…

セレブに学ぶ!「イマな白コーデ」バランス at ロンシャン

ファッションセレブの着こなしに見る「今年の白」とは?2018年5月4日に開催された、ロンシャンのニューヨーク5番街のNEWフラグシップストア「ロンシャン5th Avenue店」オープニングパーティから白コーデをピックアッ…

はしか(麻しん)が流行中らしいけれど、40代はどうすればいいの?

4月中旬に入って、「はしか(麻しん)」という言葉をよく耳にします。現在局地的に流行していることは報道の通り。平成19・20年に10~20代を中心に流行しましたが、同様に今回のように海外から持ち込まれて感染する…

「パラパラチャーハンの作り方」論争に新たな刺客!濃く溶いたスープで驚きの結果

何気なく「一人暮らしをはじめた方へ 新生活応援トピック集」という資料をめくっていたときのこと。新入学・入社の人たち向けの資料です。「なるほど、いまどきの一人暮らしは収納と一緒に防災まで考えるのか…」な…

ハーゲンダッツ茶房「これ食べといたほうが」ランキング

1年中もれなくどの季節も楽しんでいるハーゲンダッツ。新フレーバーが出るたびコンビニやスーパーの店頭へ探しに行く20年選手も多いのではないでしょうか!さて、そんなハーゲンダッツが、5/6までの期間限定カフェ『…

みんな、出張のときの「きちんと服」どうしてる?スマホより軽いジャケ&ワンピ登場

夜ちょっとした会食がある、よいお店の予約を入れてみた。そんな旅行や出張のとき、みなさん「夜用のもう1枚」をどうしていますか? シワにならないように持っていくのがめんどくさい、バッグに入れるとぐちゃぐち…

更年期世代の肌たるみは「骨が減る」せい?閉経前後の注意事項【医師に聞く】

閉経前後に急激に女性ホルモン分泌が減る、という話は近年よく知られるようになりました。食事や運動である程度対策したほうが良いことや、いわゆる更年期症状がつらい場合は婦人科に頼って治療したほうが良いという…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

HEALTHに関する最新記事