なんとなく不調? 医師が教える「ホルモンバランス」を整える3つの食品

2017.03.11 LIFE

あたたかくなったり、急に冷え込んだり……。この時期は、天候も気圧も不安定です。特に、女性は季節の変わり目に、体調がいまひとつよくないというかたも多いのではないでしょうか。

読むだけで自律神経が整う100のコツ決定版』(主婦の友社)から、ホルモンバランスを整えるおすすめ食品をご紹介します。

 

女性はホルモンバランスが複雑?

初台関谷神経科クリニック院長の関谷透先生によると、自律神経失調症になる人の頻度をみると、女性が圧倒的に多いといいます。「更年期障害」も自律神経失調症のひとつです。自律神経失調症は20代をピークにして更年期までの女性が多くかかり、気候の不順な時期である季節の変わり目に発生しやすい傾向があります。

自律神経系の働きとホルモンの中枢は、密接な関係にあって互いに協力し合い、ストレスに立ち向かっています。裏をかえせば、ホルモン中枢に失調がおこると、その影響が自律神経中枢にも及びます。

女性は男性と比べて、ホルモンの分泌のリズムが複雑です。毎月の生理、妊娠、分娩、授乳、閉経など、ほぼ一生の間、変化しつづけます。そのため、ホルモンバランスがくずれる機会も多く、自律神経失調症が起こりやすいといいます。

 

次に、そのくずれやすいホルモンバランスをととのえる、おすすめ食品をご紹介します。

 

1 ローヤルゼリー

元秋田大学学長・医学博士の九嶋勝司先生によると、ローヤルゼリーにはホルモンの欠乏や過剰分泌を正常にコントロールする作用があるといいます。また、自律神経系・免疫系・ホルモン系に働きかけ、自然治癒力を高めてくれます。1日の摂取量は1gで十分です。

 

2 おから茶

東京海洋大学ヘルスフード科学講座客員教授・農学博士の矢澤一良先生によると、おからに含まれる大豆イソフラボンの中に含まれているゲニスチンは、体内に入ると女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た働きをするといいます。

おから茶の作り方は、おからをフライパンでキツネ色に焦げ色がつくまで20~30分ほど弱火でいり、粉状になったら、スプーン一杯をきゅうすにいれて熱湯を注いでいただきます。

 

3 黒ゴマきな粉ミルク

東京女子医科大学名誉教授・西新宿プラザクリニック院長の出村博先生によると、黒ゴマ・きな粉・ミルクはすべて女性ホルモンの分泌をととのえ、ホルモン力をアップするすぐれた食材であるといいます。

カップにすり黒ゴマおおさじ1、きな粉大さじ2/3、スキムミルク大さじ1.5、湯150mℓを入れて、よくかきまぜます。目安は食前に1日3杯です。

 

不安定な季節ですが、毎日の生活に効果的な食品をプラス。ホルモンバランスを整えて、少しでも穏やかにのりきりたいものですね。

 

■気になる閉経のお話し

閉経の平均年齢は?月経はどんなふうに減っていきますか?【医師に聞く#1】

最近、イライラしたり急にのぼせたり。これって更年期障害?【医師に聞く#2】

閉経の平均は?40代女性の不調を「かかりつけの婦人科」で相談するには

「更年期には豆腐」は本当?東洋医学教授に教わる女性ホルモン対策

気になる「閉経」の平均年齢は? 40代から知っておきたい更年期

なんとなく不調? 医師が教える「ホルモンバランス」を整える3つの食品

参考資料・『読むだけで自律神経が整う100のコツ決定版』(主婦の友社)

Amazonはコチラ

楽天はコチラ

hontoはコチラ

 

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

気になる「閉経」の平均年齢は? 生理はいつまであるの?40代が知っておきたい更年期

来るはずの生理が急に飛んだり、自分だけ急に暑いと感じたり。20代のころは「たまたまでしょ」で片づけていた体調の変化も年齢を重ねるにつれ「いよいよ更年期!?」と不安…

「出産していない女性」は性格がキツイ!? それは〇〇が原因だった

女性は、子どもを産んで母になると「強くなる」。未婚・未産の女性は、年齢を重ねていくと「きつくなる」といわれる。そりゃあ、母親は子どもを守るために強くなるだろうし…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

40代未産女性は危険がいっぱい!リスクが高い病気リスト<子宮編>

子どもを産んだ人、産んでいない人。女性は二通りのどちらかになりますが、近年は子どもを産んでいない女性が増えてきました。1986年に男女雇用機会均等法が施行され、女性…

専門家が教える、冷えと低体温をなおす3つのコツ

すっかり冬本番です。足下から冷えやすいオフィスで、膝掛けが手放せないというかたも多いのではないでしょうか?慢性的に冷えを感じやすい低体温は、女性特有の体調不良を…

もしかして私、「更年期太り」?納豆ダイエットって効きますか?

更年期と「おデブ」の関係、ご存知ですか?この2つは深く関係しています。どうやってこの2つを両立させるかも重要な課題になるのです。【人生最後(かもしれない)ダイエッ…

岩井志麻子 40歳を過ぎると「みんなセックスレス」問題について

子どもの頃、親に必ず怒られる言い方として、「みんな持ってるもん」「みんなやってるのに」というのがあった。「あれ買って~、みんな持ってるもん」そういうと親は決まっ…

睡眠不足は花粉症の敵!「短時間でもしっかり眠れる」コツ3つ

通勤電車で、昼休みのデスクで、ついウトウトしてしまうこと、ありませんか?睡眠不足は忙しい大人の宿命のようなもの。しかし、実は、睡眠不足こそが、私たちの体の免疫バ…

岩井志麻子「そろそろ閉経…」と思い始める40代女性に伝えたいこと

私自身が五十代も半ばとなり、閉経もした。少なくとも自然の状態、つまり医療行為をしない状態であれば絶対、妊娠はしない。当然、出産もない。50代になって思うこと子ども…

岩井志麻子「結婚しない女」と「セックスレスの男」が、増えた理由を考える

別にテレビは分厚くてもいいし、日本男児は仮性包茎でいいし、日本女性は一重瞼でいいわけよ。電化製品を売る側が薄型がカッコいいと宣伝し、美容業界がムケてなきゃ男らし…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事