「たけかご」じゃない!「竹箆返し」の読み方、知っていますか?

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「竹箆返し」です。

 

「竹箆返し」の読み方は?

「竹」と「竹(たけかんむり)」がついた「箆」を見て「たけかご……?」と連想した人もいるでしょう。しかし残念ながら「竹箆返し」は「たけかごがえし」ではありません。

「竹箆返し」とは

すぐに仕返しをすること。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。例文には「竹箆返しを食らう」などが挙げられます。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「しっぺがえし」です。

「しっぺがえし」は元々の読み方「しっぺいがえし」の音が変化したものなので、もちろん「しっぺいがえし」でも正解です。

ただ、正解を知っても「そもそも『竹箆(しっぺい)』ってなに?」となる人は少なくないはずです。「竹箆」とは

竹製の杖(つえ)。ふつう禅宗で用いる法具。師家が学人の教導に用いるもの。竹を割ってこれを合わせ、籐(とう)を巻いて漆を塗った、弓に似たもの。しつべい。

出典元:精選版 日本国語大辞典

を意味します(それから、人さし指と中指をそろえ、相手の腕や手首などに叩きつける遊び「しっぺ」も意味します)。

“師家が学人の教導に用いるもの”とありますが、「竹箆」は修行僧の鍛錬のために打つ道具として用いられていました。そして、その鍛錬では竹篦で打つ側と打たれる側が入れ替わります。その様が「竹箆返し」の語源となっています。

 

これも読めるかな???

答えは>>>こちらから!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク