送るだけで一発老け見え…!? 相手がゲンナリするオバLINE3パターン

2021.05.29 LOVE

LINEは、文字やスタンプなどでコミュニケーションをとるだけに、受け手の感想はときに辛辣。

40代が送ると年齢も手伝って、即座に「この女性、オバサンくさい!」を招いてしまうデンジャラスなメッセージもあるのです。

【編集部より】お金が貯まらない、節約ができない、老後が不安…そんなお金の悩みにこたえるセミナー開催!

その1:不自然な改行

メール世代だとLINEでも、メール同様に、やたら改行してしまう習慣が出やすいと言われています。

そんな背景から、連絡事項を打っているときに「ここで文を繋げちゃうと、読みにくいわ」と、相手が読みやすいように配慮したつもりでも、受信した側からすると「うわっ。いかにもオバLINEって感じ」などのネガティブな感想を抱かれることも少なくないです。

読み間違いを防ぎたいときなどには、思わず改行したくもなりますが、改行することにより画面を占拠する割合が増えるので「うざっ。長文を送りつけてきた」という印象も抱かれやすい傾向に。読み間違い防止で送りたいときにも、単なる改行よりも、思い切って段落を変えるくらいの潔さがあったほうが、無用なオバサン疑惑は避けやすいかもしれません。

さらに敢えて申し添えますと、これが短文メールの改行となると「ここで改行している意味がわかんないし~!」などの苦笑をも招きかねません。

たかが改行、されど改行というわけです。

出典>>「それは確実にオバサンだわ」周囲がこっそり萎えてるLINEは

 

その2:「若いねー」発言

40代はシニアというわけでもないけれど、20代や30代に比べれば、やっぱり「若い」とは言い難い。そんな年齢でもあります。

ですので実際、若い頃には決して発しなかった「若いねー」というフレーズも、つい口をついて出がちな年頃です。

自分より年下の相手だけなく、年上の相手が年齢にふさわしくない超人的な若さ(!)を見せつけてきた際にも「わー。若いねー」などと無意識にLINEで返信してしまうかたもいらっしゃるかもしれません。

ところが「40代の女性に『若いねー』って言われると、地味にイラつく。世間的には俺、そんなに若くないし、わざわざ『私は年上よ』って釘を刺したいの?」(38歳男性・団体職員)、「LINEですぐに『若いねー』って返してくる女性、その口ぶりこそが、めちゃオバサンくさいと思います」(40歳男性・飲食)のように、悪い印象を抱く男性も。

60代や70代に言われれば納得できても、40代の女性に言われれば違和感とともに“オバサン臭”を感じてしまうフレーズの典型と言えそう。

わざわざ男性をイラッとさせるくらいなら、いっそ封印したほうがいいと言ってもいいほど、LINEでは避けたほうがいい言い回しでもありそうです。

出典>>まだ40代なのに…「ものすごくオバサンくさい」と男に感じさせる自虐ネタLINE3選

 

その3:やたらに天気の心配をする

「あっ、そうそう。午後からは降水確率が40%になっているから、天気が心配。でも夕方にはやむみたいだから夜は平気ね」

「朝は小雨まじりの天気だけど、午後2時くらいからは太陽が出てくるみたいだから、薄着でもいいのかも?」

約束がある日の天気は、そのプランにかかわらず気になってしまう女性も多いはずだけれど、やたらに天気ばかりを気にしている風のLINEも、男性たちからの「オバサンくさい……」を招きがちな傾向は否めません。

そういえば、自分の若い頃と比較してみると、年齢とともに傘の必要性や気候と服装のバランスにも関心が高まり「出かけるとなると、“天気”がやけに気になってしまう……」にお心当たりがある女性もいらっしゃるかも?

しかしそんな本音をLINEに出しすぎてしまうと、“やたらに細かいことに心配性なオバサン”っぽさを醸し出す要因となることがあるから、気をつけておくに越したことはありません。

出典>>送るだけで一発老け見え…!? デート前夜に男がガックリする40代女性のオバLINE3パターン

 

深い意味はなく送ったLINEのせいで「やっぱりこの人、オバサンだわ」などと実年齢の印象とあいまって、無用なオバイメージを植え付けるのは、人間関係においてもあまり得策ではありません。

LINEはテンポとリズムが重要視されるコミュニケーションツールでもあるだけに、相手が男性でも女性でも、目下世代がギョッとするリスキーなメッセージは極力控えるに越したことはないのかな、と感じている次第です。よろしければ、参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク