ダメ!そのワンピ、老け見えする!40代が「こっちを買うべき」ワンピって?

2021.05.11 FASHION

40代にとって意外と難しいワンピース。

デザインが甘すぎるものを避けるのはもちろんですが、シンプルすぎるものを選んでも逆に野暮ったくなります。

絶妙なさじ加減で似合う服を見つけるのはなかなかに至難の技……。

そこで今回は40代にはあまりおすすめしない老け見えワンピと上品に見えるさま見えワンピをご紹介いたします。

 

太って見えちゃう!コクーンシルエットワンピース

胴体部分がふんわりと丸みを帯びたコクーンシルエットのワンピース。よくある楽ちんワンピースですね。

 

しかし、こちらはバストが大きい人や肩まわりがしっかりしている人にとっては太って見えやすいアイテムなんです。

 

しかも1枚で着るとのっぺりとした印象になりやすい。かといって、ロング丈のワイドボトムスやスカートを重ねるのもNG。通常のワンピースと違い、丸みのあるシルエットなのでゆったりとしたボトムスとの重ね着コーデにはあまり向きません。

 

このコクーンワンピースでスタイルアップをはかるなら、ボトムスに細身のパンツを重ねる+帽子を被るなどでワンピースに視線が集中しすぎないようにしましょう。

 

今年選ぶべきは、レイヤードワンピース

いっぽうでおすすめのワンピースは、1枚で重ね着している風に見えるレイヤードワンピース。

 

レイヤードワンピースは共布のスカートやベストがセットになっていて一見すると複雑な重ね着をしているように見えます。

 

シンプルなワンピースと違って、布が重ねっているように見えるため全体的に立体感のある着こなしに。ワンピースで気になりがちなウエスト、お尻まわりのラインを上手に隠してくれる優秀さ!

 

フリフリなデザインは苦手、だけどシンプルすぎるのもつまらないと感じる大人の女性に向いたデザインですね。

 

“レイヤードワンピース”で検索をかけていただくと、さまざまなデザインのレイヤードワンピースが見れるのでぜひ探してみてください。

 

そのなかでも個人的におすすめなのは、Iラインシルエットか、Aラインシルエットタイプのワンピース。横に広がるようなデザインのワンピースを避けるのが着ぶくれ予防に。

 

きちんと感も表現しよう

ワンピースを老け見えさせるか、さま見えさせるか。それはワンピース選びだけでなく着こなし方も影響していきます。パンプスやサンダルは極力きれいめなデザインを選ぶと良いでしょう。アクセサリーなどにメタリック素材をプラスすると高級感もアップします。

 

どんなワンピースでも“きちんと見え”する要素を持っていればOKです。その要素ががワンピースにない場合は、きれいめの小物できちんと感を補いましょう。

 

この時期、Tシャツもヤバいです!

詳しくは>>>>そのTシャツすぐ捨てて!「安っぽいコーデに見える」原因って?

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
ファッションライター 角佑宇子

スポンサーリンク

スポンサーリンク