これ、なんと読む?「濯ぐ」の読み方、知っていますか?

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「濯ぐ」です。

 

「濯ぐ」の読み方は?

「濯」は「洗濯物(せんたくもの)」などでお馴染みの漢字ですが、送り仮名がついたことで「え、なんて読むの?」と戸惑ってしまった人も少なくないのではないでしょうか。

「濯ぐ」にはさまざまな読み方があります。答えを見ると「洗濯」や洗い流す行為から連想できる言葉だと感じました。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「すすぐ」「そそぐ」「ゆすぐ」です。

最も連想しやすいのは「すすぐ」かと思います。「すすぐ」は「濯ぐ」の他に

  • 洒ぐ
  • 滌ぐ
  • 漱ぐ

とも表されます。

「すすぐ」は

1 汚れを水で洗い落とす。水で清める。
2 (漱ぐ)水などで口中をきれいにする。うがいをする。ゆすぐ。
3 (「雪ぐ」とも書く)身に受けた恥や不名誉を除き去る。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

「すすぐ」の意味の中にも含まれていますが、「ゆすぐ」は

水の中で揺り動かして、また、中の水を揺り動かして洗う。すすぐ。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

「そそぐ」ですが、これは液体を流し込むことなどを意味する「注ぐ(そそぐ)」とは異なります。漢字では「濯ぐ」の他に「雪ぐ」と表されます。意味は「すすぐ」の1や3で示されている意味と同じで、

1 水で汚れを洗い落とす。すすぐ。
2 恥や汚名を新たな名誉を得ることによって消す。すすぐ。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を表します。

 

 

★他の問題にもチャレンジ!

>>答えはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク