あえて「空気を読まない」。もっとのびのび生きるためのコツ

世に言うKY、つまり空気を読まないで行動することは、果たしてそんなに悪いことでしょうか?

ちょっと窮屈に生きているあなた、今までの思い込みや常識を捨てて、むしろ空気を読むことを止めれば、人生が面白く回り出すかもしれませんよ。

 

空気を読む人は無理している

あなたは、その場の空気を読んで、必死に馴染もうと頑張っていませんか?

上司や同僚の顔色を伺ったり、友人同士のノリに合わせてしまったりしていませんか?

そして、時にはそれに違和感を抱いたり、窮屈さを感じたりしていることはありませんか?

 

では、どうして空気を読むと窮屈な気分になるのでしょうか。それは、自分自身を無理に抑えているからです。

 

一方、空気を読まない人もいます

自分の意見をズバッと述べたり、行動したりして、その場の空気をある意味動揺させたりします。大抵そういう人に対しては、みんな眉をひそめたり、一歩引いた目で見たり、驚いたりします。

確かにそういう空気を読まない人は、多数からは浮いてしまいがちですが、果たしてそれがすべて悪いことだと言えるでしょうか?

 

本当のところ、心のどこかで「あの人みたいに自由に振る舞えたらいいな」とちょっと思ったりしていませんか。そう思った人、あなたは自分自身を押し殺して無理に多数に迎合しているのです。

つまり、そういう人は、当たり障りのない常識人のふりをしているだけなのです。

 

思い込みの常識という「空気」から自由になる

 

あなたは、その場の空気を読んでいるのではなく、なんとか合わせている。ただ、「いい人」のふりをしているだけかもしれません。

一方、空気を読まない人は確かにその場に「ある種の混乱」をもたらしますが、それが果たしてすべて否定されるべきものでしょうか。

まったく違った発想で新しい風を巻き起こしてくれたり、画期的なアイディアをもたらしてくれたりするのは、実はこの空気を読まないタイプの人なのです。

 

彼らはすべて傍若無人というわけではなく、自己を自由に表現して発言したり、提案したり、時として常識という枠に囚われた空気を破り、その場の空気を変化させてくれる存在でもあるのです。

 

時には「いい人のふり」をやめてみる

 

人は二面性を持っていて、「いい人と悪い人」が自分の中にいます。

ですが、空気を読んでいるのは、いい人というよりもいい人のふりをしている「ニセのいい人」です。

自分を抑圧しているいい人なので、その状態を続けていると、どうしても苦しくなってしまいます。

これでは、空気を読むことだけに集中し過ぎて、本当の自分が出せるどころか、いいアイディアなど到底提案できるはずもありません。

 

「それは違うと思う」

「私はこう思う」

「ここをこうした方が良くなると思う」

「もう一度最初から考え直してみるのはどうか」

「そもそもこれでいいのか」

 

などと、はっきりと意見も言えるはずがありません。これは精神衛生的にあまり良くない状態です。

だから、ぜひ勇気を出して、時には偽りの安全を打ち破って、言いたいことを言ったり、思ったように行動してみてほしいのです。

すると思わぬ展開や反応があって、世界がパァっと広がって、別な局面が開いたりすることがあるのです。

もちろんすべてが受け入れられるわけではありません。どうしても自分を出せない場合もあるでしょうし、もし出せても反対されるかもしれません。また、それで議論が巻き起こるかもしれません。

でも、それでいいのです。

 

そうした風を起こして、自分の本当の姿を見せることによって、人生の流れがより自由で柔軟な方向へと変わるのを体験してみてほしいのです。

 

空気を読まなくていい。

読みすぎなくていい。

いい人と思われなくていい。

無難な人を演じなくていい。

ただ、自分を出してみる。

 

自分を出してみるから、相手との本当の意見の交換ができるのです。

 

時には、空気を読まない。

勇気を出して実践してみる価値大です!

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

40代でもダイエット成功!食事制限せずにやせるための簡単「美習慣」

「糖質制限ダイエット」「断食ダイエット」……巷には多くのダイエット方法があふれています。でも、実際にやせられてそれをキープできている人はどのくらいいるでしょうか?…

偏頭痛やだるさは自律神経の乱れ!不調を整える3つの方法

忙しい年末年始です。仕上げなくてはならない大量の仕事を尻目に、「なんだか体調が良くないかも……」。偏頭痛がする、体がだるい、なんかイライラする……。それは、自律神経…

ぐっすり眠るコツは「自律神経」にあった! 眠れない夜の3つの対処法

寝る直前まで何かと忙しくて、やっとベッドに入ったのに頭が興奮してなかなか寝つけない。「明日も仕事なのに!」……なんてことはありませんか? 毎日のストレスに加えて、夏…

子どものいない女性が「これだけは言われたくない」言葉

何気なく言われた言葉に傷ついた経験は、誰しもあるはず。相手に悪気がないと分かっていても、言葉の矢が胸の中心を貫通。それが長年の友人からの言葉だったらなおさら、水…

最近なんだかニオイが違う?40代女性の加齢臭、意外な原因は

他人のニオイが気になる季節になりました。でも、40代の場合は女性だろうと「自分がニオイの源」な可能性もある! 「この電車、なんかモッタリした臭いがするな〜」と思っ…

大切なものを失くしたとき。喪失感から立ち直る3ステップ

人は生きていく過程で、時として、大切な何かを失うことがあります。それも、予期していなかったかたちで、突然に、です。すると、絶望のあまり茫然自失の状態になったり、…

朝が弱い人へ!冬の朝にスッキリ目覚めるための3つの習慣

冬本番です。楽しいイベントが多い反面、仕事も忙しく疲れがたまりやすいこの時期。日の出も遅いため、朝の寒さもひとしおです。それ以前に、まず眠いし体がだる重い……。「…

避けて通れない!子どもがいない人生「老後の3大リスク」

女性はある年齢になれば、望む・望まないに関わらず、子どもを産むことを諦めることになる。独身街道を歩んできた“おひとりさま”は、子どもを産む以前に結婚のチャンスに恵…

頭皮が固いと「老け顔」に!? 今すぐ1日5分の簡単セルフケア

「前より太ったわけじゃないはずなのに、何だかボワンとして、さえない顔……」と、鏡や写真にうつった自分を見て首をひねること、ありませんか?もしかしたらそれは、頭皮や…

心がつらくなったら。ストレスが軽くなる10分の「リフレーミング」を

あー!悲しい、という気持ちで心がいっぱいになってしまったこと、誰でもありますよね。もう涙が枯れるまで泣いたりしたこと、ありますよね?たとえば、大好きな恋人との破…

無理にでも笑顔を作って!幸運が向こうからやってくる

最近、笑っていますか?忙しいから、達成されない課題があるから、ストレスが多いから、辛いことがあったから……暗い表情で、眉間にシワを寄せて生活していませんか?その昔、天の岩戸の前でアメノウズメが身をくねら…

知能IQやEQ以外の「頭のよさ」の指標、PQって知ってる?

一般的に「頭が良い」とはどういうことでしょうか?何の基準をもって、判断されているのでしょうか?以前はIQ(Intelligence Quotient)が高い=頭が良い人と思われていました。IQとは知能指数のことで、従来型のIQ…

人前でひどく緊張する?それって対人恐怖症かも

あなたは、人前に出る時や、会議などの集まりの時、とても緊張したりしませんか?ある程度の緊張は普通なことなのですが、「もう、どうしていいかわからない!」というぐらい動揺したり、かなりの不安を感じていると…

職場で「敵を作らない女性」はこの4つの距離を知っている

人混みなどで、見知らぬ人が必要以上に自分に接近していると、不快な気持ちになったりしますよね。「もっと自分から離れてほしい、イヤだな」と感じる距離感、それをパーソナルスペースと言います。人間が持っている…

10の質問であなたの「幸福度」がわかる…知っておきたい自尊心のこと

人によって、人生に前向きな人と後ろ向きな人がいますよね。その違いは一体なぜ生まれるのでしょう?それは、ずばり自尊感情(自尊心)の程度によります。自尊感情が高いか低いかで人生の視点は大きく変わってくると…

もし、うつかな?と思ったら…憂うつ、不安、倦怠感、無気力、イライラ

人は人生のあらゆる場面で、大きな環境の変化を体験します。進学のために転居したり、社会人として会社に就職して働くようになることもそうですし、異動や転勤、結婚、出産などもそうです。こうした環境の変化からく…

出世も未婚も原因に?人生でもっとも大変な「40-50代の危機」を乗り越える

人生の中で、公私共にとても忙しく、もっともストレスが多いとされる中年期。仕事や家族などのさまざまな問題を抱え、精神的にも肉体的にもバランスを崩しやすくなる時期です。その中年期の社会生活をどのように乗り…

1分で人づきあい技術がアップする「アサーション」3ポイント

社会で生きていく中で、人間関係を円滑にするソーシャル・スキルを身につけることは、とても大切なことです。より良い人間関係とコミュニケーションを得るために、ぜひ身につけたい技能です。その中で、今回はもっと…

ライクからラブへ、彼を変えるたった1つのテクニック

恋愛において、友達以上恋人未満の曖昧な関係から一歩踏み出したい時ってありますよね。そんな時に有効なのは、相手と時間を共有して特別な体験をする「アハ体験」です。この心理的技法を使って相手との距離を縮める…

「人生が思うように進まない」焦りを好転させる3つのコツ

焦りという感情は人それぞれです。そして、焦りは人生のいろいろな場面で現れてきます。未来への不安だったり、仕事上の問題だったり、人間関係の問題だったり、これからの人生設計についてだったり。もし今あなたが…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事