ニューヨーカーが大絶賛のあのビールが、日本上陸!

アメリカのビールって、バドワイザーやミラーのような軽い飲み口のビールを思い浮かべますよね。しかし、アメリカのビールは奥が深い! 軽いタイプだけでなく、しっかりとした飲み口のクラフトビールもたくさん作られています。その中に、ニューヨーカーの愛する伝統あるビールがあるのです。

ニューヨーカー大絶賛のビール「ブルックリンラガー」

そのビールは、ブルックリン・ブルワリー社のつくる「ブルックリンラガー」。同社のフラグシップのビールです。1988年にリリースされ、その後、1994年にカリスマ醸造家ギャレット・オリバー氏がレシピを変え、その後今に続くまでその味が守られています。
色は少々濃い目の琥珀色。口に含むと、すっと爽やかな苦味が広がります。香ばしい香りと広がる爽やかさ。なるほど、さすがニューヨーカーの愛するビール。ピュアに「おいしい!」としかいいようのないお味です。

 

 

センスのいい街・ブルックリンで生まれたビール

マンハッタンからハドソン川をはさんだ東側に位置するブルックリン。「自然体でおしゃれ」な空気感は、ニューヨーカーが今一番住みたい街と言われるほど。しかし、昔はどちらかというと低所得者層が住む、荒れた街でした。それが今のようにクールに変貌した立役者が、ビール会社のブルックリン・ブルワリー社と言われています。ラベルやロゴもクール♪

ブルックリン・ブルワリー社

ただものではないオーラのあるカリスマ醸造家

おいしいビールを作り続けるブルックリン・ブルワリー社。その醸造家ギャレット・オリバー氏は、深い知識と技術から、アメリカのみならず世界のクラフトビール界でトップの一人と言われています。『The Oxford Companion to Beer』をはじめとする何冊もの書籍の著者でもあり、常に新しいビールづくりに挑戦しているカリスマ。ニューヨーカーらしいオシャレな格好と、「新しいビールは、ホップに耳を傾けてつくるんだ」とビールに真摯に向き合う姿勢が素敵でした。

 

ちょっとピンボケですみません! 笑顔のステキなオリバー氏

オススメの食べ合わせは「ピザ」

単体で飲んでもおいしく、幅が広い味なので、料理を合わせてもおいしい「ブルックリンラガー」。
ビールと料理のギャザリングについての著書もあるオリバー氏のオススメは、ピザと合わせること。ビールのカラメルと、ピザの焼けた感じが相性がよいとのことです。本当、焼け感とビールがよく合いました!

シラス・九条ネギ・焦がしバターしょうゆのピッツァ

このビール、日本でも楽しめます!

なんと、このビールを家でも楽しめるようになりました!
キリンビール株式会社が、『ブルックリン ラガー』(350ml缶、15L大樽)の発売を開始したのです。
また、「ブルックリンラガー」が飲めるイベント「SVB “Brooklyn Month”」、代官山と横浜のスプリングバレーブルワリーで開催中!

代官山店。おお、ブルックリン。

代官山のスプリングバレーブルワリーは、ブルックリン・ブルワリーのロゴがバーンと貼ってあり、気分は一気にブルックリン。この週末はニューヨーカー気分でブルワリーへ繰り出してはいかがでしょう。

「SVB “Brooklyn Month”」
スプリングバレーブルワリー東京会場
開催日/2017年4月2日(日)まで
開催時間/8:00~24:00(L.O.22:30)※日曜は22:00まで
会場名/スプリングバレーブルワリー東京(東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内)
スプリングバレーブルワリー横浜会場
開催日/2017年3月31日(金)まで
開催時間/11:00~22:00(L.O.21:15)
会場名/スプリングバレーブルワリー横浜(神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1キリンビール横浜工場内)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク