50歳目前、セックスは週2回するけどイッたことがない【40代、50代の性のリアル】#7(後編)

これまでのセックスでイッたことがない。

だから、最後に一度でもいいからイッてみたいーー。

この連載をはじめたとき、そう打ち明けてくる女性が多いのではないかと予想していた。そしてそのとおりのことを書き送ってくれたのが、鹿児島在住のマキさん(48歳)。結婚20年目を迎えて、子どもは中学生と小学生がひとりずつ。

夫とは週に2、3回のペースでセックスをしている。筆者が思わず「すごいハイペースですね!」というと、「そうですか?」とマキさんは首をかしげた。

この記事の前編はこちら

風俗に行ってみてよ、と提案

セックスレスカップルの話を聞いていると、性生活がなくとも仲がよくライフパートナーとしてお互いを尊重しているケースが少なくない一方で、関係が冷え切っていて会話がまるでないけれど事情があって別れられないケースもある。けれど、セックスフルなカップルはおしなべて会話が多い。

「してほしいことをいえるし、それはイヤ、きょうはそれをしたくない、ということも遠慮なくいえます。夫に『風俗店に行ってみて、いいワザがあったら私に教えてよ』って冗談ぽくいったこともあるんですよ」

そんな会話ができるのも、マキさんの真意が誤解されずに伝わるからだろう。妻からそういわれても、ヒサシさんはこれまで性風俗店未経験。職場の仲間は酒席のあとに連れ立ってその手のお店に行くことがあるそうだが、ヒサシさんはそのまま帰ってくる。

 

絶頂は知らないけれど

けれどもヒサシさんも「妻がイッたことがないらしい」ということは気づいているようだ。30代のときは「妻を絶頂まで導いたことがない」と引け目を感じていた節もある。マキさんはそんな夫を見て「無理しなくてもいいのに」と思っていた。夫婦そろって40代になってからは、以前ほど焦りのようなものは見られなくなったものの、お互いに「どうしたらいい?」と思っている。

「イカなくてもふたり睦まじく性生活をつづけているのだから、今のままで十分! とは思っているんです。たぶん夫もそう感じています」

筆者も同感だ。会話が絶えず、セックスフル。どの場面でもお互いを思いやっている。そんなセックスライフを“イッたことがない”という一点でマイナスにするのはもったいない。

「そうなんですよね、でもやっぱり『一度イッてみたい』という思いも消せなくて」

 

どう折り合いをつけているのか?次ページ