40代女性のファッション事情。プチプラでいいもの・ダメなもの(後編)

2021.06.22 FASHION

諸々の出費や将来のための貯蓄など、お金の使い方が変わってくるアラフォー世代、全身のファッションにお金をかけられる人は一握りです。ファストファッションが当たり前となった今では、ユニクロや GU、ZARAをリアルに着ている女性が多数。そんな中、どんなアイテムならプチプラで買っていいのか、いけないのか、具体例を出して紹介します!

お金を掛けるべきアイテムはこちら

プチプラでOKなアイテム6選

①ニット

 

②ワイドパンツ

 

③スカート 

 

④ベルト

 

⑤スカーフ

 

⑥アクセサリー

 

ニットは素材の違いはあっても、デザインはハイプライスの服にそう大差はありません。遠目で見た時に、プチプラかどうか判断しづらいアイテムです。ポイントは、シンプルなものを選ぶこと。トレンドカラーをワンシーズンだけ着倒すか、定番なら白・黒・ネイビーが値段がバレにくいのでおすすめです。フェミニンなアイテムがトレンドのこの春、ピンクなどのカラースカートにチャレンジしてみるのも◎。パラッツォパンツなどのワイドパンツは、生地にほどよい厚みのあるものならプチプラで充分OKです。ベルトやスカーフの小物や、ボリュームアクセなども、目立つ割に流行の変化が早いので、お手頃な価格で楽しむのがおすすめです。

 

いかがだったでしょうか。「プチプラアイテムばかりで揃えていて、いまいちコーデが決まらない……」、逆に「全身ハイプライスで揃えているけど、トレンドアイテムはワンシーズンしか着られないし……」と悩んでいる人は、お金のかけどころを見直して、上手にハイプライスとロープライスをMIXさせるのが、今時なファッションの作り方なのかもしれません。安くても質のいいものを見極めて、もっとオシャレを楽しみましょう!

 

<<この記事の前編はこちら

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク