42歳で愛人生活を終えたミチコに猛アプローチしてきた意外な男…【オトナ婚/第5話(後編)】

2021.07.02 LOVE

40代以降で結婚した人=オトナ婚の経験者にインタビューするシリーズ第6回目は、47歳で結婚したミチコさんの後編です。

 

どこで彼と出会ったの?

彼はどんな人?

どうしたら結婚できたの?

などなど、気になるオトナ婚の実態に、ライターのミナト薫(47歳)が迫ります。

 

連載一覧

 

マネージメント事務所の担当者から猛アタック

10年の不倫を経て彼と死別し、現在は別のパートナーと結婚したミチコさん。その現パートナーとは、ミチコさんが愛人関係を持っていた男性が所属するマネージメント会社の元担当者なのだそう。当時から頻繁に不倫相手の彼の事務所や自宅に出入りしていて、ミチコさんとも数年間の交流があったそう。

当然パートナーさんは、ミチコさんが男性の愛人であること、その関係が10年近く続いていることなどもすべて知っていたとのこと。

 

「彼がテレビやメディアに出演する際にお願いしていたマネージメント会社がありました。今のパートナーは当時の彼の担当者です。著書が発売された時には一緒に宣伝方法を考えたり、晩年彼の体調が悪くなってからは病院に連れて行ってくれたり、いろいろと助けてもらいました」

その現パートナーさんは当時45歳。当時42歳だったミチコさんの3歳上で、バツイチ独身でした。その時から、現パートナーさんはミチコさんに好意を示していたんですよね?

 

「はい。プライベートなメールを送ってきたり、食事に誘って来ることはありました。でも、私はきちんと断り続けていました。『あなたと私は仕事上での関係です。ごめんなさい』と。なぜなら、彼が病気になって私は他のことが考えられる状況ではなかったし、何より私は彼のことが本当に好きだったので」

 

彼の死を一緒に乗り越えてくれた人と・・・

闘病生活を経て、彼は72歳で亡くなります。ミチコさんは、愛人という難しい立場でありながら、最後まで仕事面でも私生活でもサポートを続けました。

 

「彼が亡くなる時は、本当に大変でした。闘病生活もきつかったですし、その時は私も現パートナーも一緒になって彼を支えていました。そして私は愛人の身でしたが、秘書でもあったので、幸いにも葬儀に参列することができました。葬儀で彼を見送り、関係のあった方々に連絡をし、すべてが終わった時、悲しみと同時になんだかホッとしたんです。やっと落ち着いて自分のことを考えられるようになったというか。これからどうしようかな、地元に帰ろうかな、そんなことを考え始めた時、気付くと私のすぐそばにいたのが、現パートナーでした」

 

落ち込んでいたミチコさんをパートナーさんが支えてくれたんですね。

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
編集者・ライター ミナト薫

スポンサーリンク

スポンサーリンク