歪みも疲れも解消する「3秒マジック」で肩こり・たるみの対策3つ

無意識の癖や姿勢からくる「歪み体形ブス」にならないための、手のひら返しの3秒マジック』(前回の記事はこちら)

今回はその応用編を3つご紹介いたします。

 

全身に効く!手のひら返しの応用3パターン

1)足・太もも・ヒップアップに!

実践モデルは引き続き、OTONA SALONE編集部のNさん。

まず、「手のひらを真正面に向けて立つ」という基本姿勢から、片足を1歩踏み出します。

 

そして、両膝を90度に曲げるつもりで、まっすぐ腰を落としてみましょう。

この日は動きづらいタイトスカートをはいていたこともあり、90度から少しずれていますが、そこより大事なのは、上半身がまっすぐ真下へおりているということ。

肩や背中を屈めず、反り返らず、立った姿勢と同じ「まっすぐ」のままです。

この時、両腕は体にぐっと引き寄せることを意識して、手のひらは正面に向けたまま、息は止めないように静かに吐きましょう。

そのまま5秒キープしたら、ゆっくり立ち上がり、前後の足を入れ替えてもう一度!

この時、前の足にだけ体重がかかりすぎていたら、体が前のめりになりすぎているサイン、逆に後ろ側の足にだけ負担がかかっていたら、体が反り返っているサインなので、「まっすぐ」を意識し直してみてください。

太ももやおしりのたるみを解消して、ヒップアップに効果的なストレッチです。

(※足腰を痛めている人は、無理しないでくださいね!)

2)肩こり・デコルテ・背中もスッキリ!

同じく基本姿勢から、片腕だけを上げて、手のひらを外側に向けましょう。

下ろしたほうの手のひらは、正面に向けたままです。

腕を上げたほうの肩や肩甲骨まわりに効いているのが実感できたでしょうか?

腕を軽くツイストするように上げることで、背中、肩、デコルテ、胸といった上半身全体がすっきりと伸びて、余分な脂肪や老廃物が滞りにくくなります。

肩こりがひどくて腕が上がらない! というような場合は、軽く肘を曲げるなど、痛みや無理が起きない範囲でどうぞ。

慣れてきて、まっすぐ伸ばした腕が耳の横にぴったりつくほどになれば、肩まわりはかなりしなやかに軽くなっているはずですよ!

 

3)肩甲骨がぐるぐる動くウォーキング!

歩く、というのは単純な動作ですが、そのぶん癖もはっきり出ますし、姿勢やダイエットにも直結しています。

自然に歩く時には手のひらが内側(体のほう)を向いているのが普通ですが、ここにもひと工夫。

ジムのウォーキングマシンなどを使う時にはぜひ、手のひらを真正面に向けたまま大きく振って、颯爽と歩いてみてください。

視線は正面に向けて、首をまっすぐ伸ばし、おへそもタテに伸ばすようなつもりで、一歩ずつしっかりと足を上げて歩きましょう。

両腕が体から離れすぎないように、こころもち体に引きよせる感じがベストです。

手のひらを正面に向けた腕を、しっかり後ろに引くことを意識しながら歩いていると、だんだん肩甲骨まわりがほぐれて軽くなってきます。

ただ、この歩き方、傍目には「あの人、何やってるの……?」となかなか風変わりに見えてしまうので、やる場所とタイミングにはご注意を。

「ジムのウォーキングマシン」とわざわざ言うのは、そういう意味です(笑)。

 

無意識の癖を意識して、歪み解消!

体が歪む、というのは、要するに「大小いくつも組み合わさった骨の、ある部分に負担がかかり、別の部分がそれをカバーしようとして、全体のバランスがちぐはぐに崩れてしまっている」ということ。

加齢や体重、疲れ、痛みなども大いに影響しますが、なにげない無意識の行動パターンや癖が原因である場合も多いのです。

座った時につい足を組む、膝がひらいてしまう、どちらかの足に重心をのせて立つ、バッグを掛ける肩がいつも同じ、正座は疲れるからとM字座り(ぺたんこ座り、おばあちゃん座りともいいますね)をする、高さの合わない枕で寝ている、などなど……。

疲れや冷え、ストレスなどもそうですが、自分でそれと気づかない「無意識」というのがいちばん厄介なのです。

これをやるから歪んでしまう、これをすれば楽になる、と気付いて日常的に意識し始めた時点で、問題は半分解決したようなもの。

難しいテクニックや専用の場所なんて無くても、いつでもどこでもできる『手のひら返しの3秒マジック』とその応用編で、歪みや疲れの溜まらない体をキープしましょう!

スポンサーリンク

背中で手を組める?体が硬くてもできる「寝たまま肩甲骨はがし」がスゴイ

腕を後ろにまわして背中で手を組めますか?筆者は右腕が上だと組めるのですが、左腕が上だと組めません。これは肩甲骨まわりの「筋膜」に、ねじれや癒着があることが原因な…

一人でも、体が硬くてもできる!「寝たまま肩甲骨はがし」ストレッチで肩こり解消するコツ

肩こり解消に話題の「肩甲骨はがし」。難しいテクや道具、器具は必要ありません。『完全版 寝たまま肩甲骨はがし』(主婦の友社刊)の著者である、自力整体指導員のたんだ…

今すぐ!4呼吸でお腹がへこむ奇跡のドローイン

ドローインという言葉をご存じでしょうか? 知っていても、知らなくても、大丈夫。今からたったの4秒、ちょっとご一緒にお願いします。では、いきますよ?1・何も意識せ…

【手が後ろで組めない】原因は肩甲骨にあり?1分で肩こりスッキリ「肩甲骨はがし」 

まず、「背中で手を組んで」みてください。私は左手が肩上の側はOKですが、逆がダメです。そして、左側に「身体のゆがみ」があるといろんなストレッチで指摘されています。…

朝昼スキマ時間30秒の肩甲骨ストレッチで「見た目おばさん」ストップ!

先日、同世代の友人と話していて、「何歳から、おばさんと呼ばれて然るべきか?」という話題になりました。若くても、子供がいる人は「おばさん」「おばちゃん」と呼ばれる…

40代からは「美尻」で勝負!寝る前5分のたるみ解消ヒップケア

こんにちは! 30~40代にかけて様々な体の変化がやってきますよね。胸やお腹、お尻の変形……すでに焦っている女性も多いはずです。このボディラインは気づかないところで意…

「肩甲骨はがし」10秒~1分でOK!お仕事中の3大不調を今すぐ解消

その不調、いま座ったままで解消しましょう! 「肩甲骨はがし」を応用した[オフィスはがし]で、座りながらでOKの解消方法をご紹介します。どれも10秒~1分と短時間ででき…

夏までにお腹ぺったんこに!お腹やせの秘訣は「3つの腹」刺激

はじめまして。エステセラピストの町山和代です。私は、2011年に“癒し、美容と健康”をテーマに、美しさと輝きを自然の力で取り戻すことを目的とした自然派サロンをオープン…

背中のハミ肉に、ぐるぐる背中ほぐし。肩甲骨はがし#22

こんにちは、たんだあつこです。私はゴロゴロ寝ながら 自分の体は自分でほぐす[寝たまま肩甲骨はがし]を指導しています。でも、みなさんがこの記事を読むときは、オフィス…

理想はすんなりシュッ!バレエストレッチで体型を整える

自分のボディラインになんとなく緊張感がないと感じるのもアラフォー以降の悩みです。しかし欲しいのはマッチョな緊張感ではなく、しなやかさのある緊張感ではないでしょう…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

LIFEに関する最新記事