「さえぎる」ではありません。「囀る」の読み方、知っていますか?

2021.08.04 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「囀る」です。

「囀る」の読み方は?

「囀る」の「囀」はやや画数が多く、また日常生活でよく見かける漢字ではないと思うので「え、何て読むの?」と戸惑った人もいることでしょう。でも「囀る」は一度は耳にしたことがある言葉のはずです。

「〜る」の送り仮名から「さえぎる」と推測した人もいるかもしれませんが、“行動を邪魔してやめさせる”などの意味をもつ「さえぎる」は漢字で「遮る」と表すため、残念ながら不正解。

「囀る」は

1 小鳥がしきりに鳴く。
2 口数多く早口でしゃべるのを軽蔑していう。ぺちゃくちゃしゃべる。
3 地方の人や外国人などが耳慣れない言葉でしゃべる。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。

1の意味でピンと来た人も多いのでは?!

正解は……

「さえずる」です。

「小鳥がさえずる」という表現を耳にしたことがある人は少なくないはず。「さえずる」は漢字で「囀る」と書きます。「囀」そのものに

さえずる。小鳥が続けて鳴く。

出典元:囀|漢字一字|漢字ペディア

の意味があり、読みは音読みの「テン」と訓読みの「さえず(る)」です。

小鳥の鳴き声を表す漢字に「車」が含まれていることに違和感があったのですが、日本漢字能力検定のコラムによると、「轉」は“ころがる”などを表す「転」の旧字で、車のようによく回転することを表すとのこと。これに口へんが加わることで、「轉」が表す様子で鳴き続けることを表します。

私も知らなかったのですが、「囀る」には“続けて鳴く”の意味があるため、「しきりにさえずる」と表すのは、意味が重なっているので厳密には間違いなのだとか!

とはいえ、「囀」は、日本漢字能力検定1級に相当する漢字です。加えて日常では「さえずる」とひらがなで表されていることの方が多いので、見かける機会はあまりないかと思います。ですが、コラムの題名にあるように、さらりと書けると、または読めるとかっこいいかもしれませんね。

 

参考文献:読めると仕事が「捗る」?さらりと書けるとかっこいい日常語②|漢字の使いこなし|どれだけ知ってる?漢字の豆知識

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

■【編集部より】
あなたの「お家費」って、手取りの30%に収まっていますか?

>>>アンケート回答はこちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク