酢キャベツ・玄米・発酵食!「ヤセ菌ダイエット」10日間体験レポート#1

2021.08.12 WELLNESS

*2018年5月に公開され、大反響だった雨宮あかりさんのダイエット記事。お盆休みにあわせて特別リバイバル公開!

 

はじめまして。アロマセラピスト兼編集者をしております、雨宮と申します。

職業柄、人一倍美容と健康には気を遣っていたはずが、40代半ば頃から、それまでとはくらべものにならないほど太りやすくなりました。ちょっと気を抜くと1日であっけなく1~2kg増え、リセットするのに1週間以上かかるという事態です(涙)

 

そしてこの2ヶ月で、ついに人生最大体重を更新。これまで実践してきた方法では太刀打ちできず、リセットするどころかじわりじわりと増え続けていく……その恐怖ときたら!

 

そんなときに出会ったのが、TV「世界一受けたい授業」で藤田紘一郎先生が紹介されていた「ヤセ菌・デブ菌」の存在でした。

 

もしや私は、デブ菌に支配されているのか?いや、支配されているに違いない!とスーパーに駆け込み、玄米とキャベツ丸一個とアレを購入。ヤセ菌増量ダイエット、さっそくスタートします。

 

ダイエットの動機は人それぞれ。私の場合は……

唐突ですが、こちらは私のかわいい幼少期の写真。

私、生まれた時に4100g以上あったんですよ。人目が気になり出すローティーンに差し掛かるころまで、このようにポッチャリさんだったものですから、自分の根っこには「気を抜いてはダメ。子供の頃の体型に戻ってしまう!」という恐怖心が常にあります。

 

そして何より、私は編集者と並行してアロマセラピストという仕事もしています。健康と美容のために通ってくださるお客様の手前、ぶよぶよと太るわけにはいきません。

 

糖質を抜いてもサラダだけでも太る!もしやコレは更年期?

そんな思いとは裏腹に、少しずつ体重が最高記録を更新し続けているのはなぜか?

 

実は2年ほど前に、かなり生活環境が変化したのが大きな原因。それまでサロンでの施術中心だったのが、2年前から平日はデスクワーク中心になってしまい、日常的に動かなくなったんです。もちろんスポーツをする時間もとれなくなりました。

 

それでも、しばらくの間は、朝晩に糖質オフを取り入れることでリセットできていました。朝ごはんは炭水化物抜きでお味噌汁だけとかね。夜もごはんは食べずに、おかずだけ。

 

しばらくすると、その食生活に体が慣れてしまったのか、ちょっと増えたときに朝晩糖質オフをしても減らなくなってきたのです。となると、それまで普通に食べていたランチでコントロールするしかない。そこで試しに、1kg増えてしまった翌日のランチを、蒸し鶏や豆類をトッピングしたサラダだけにしてみたら、すっと体重が元に戻ったんです。それからは、「増えたときはサラダランチ」が定番になっていきました。

しかし、それも最終段階というか、末期症状と申しますか……。このところ、「太ったらサラダランチでリセット」も効果が薄れてきてしまったのです。体重が元に戻らないもんだから、来る日も来る日もサラダばかりをむしゃむしゃと食す私。うさぎかよ!

 

おかしい。おかしすぎる。食べてないのに、太るのはなぜ?これはもしや……こ・う・ね・ん・き?

 

そういえば、半年ほど前から、月のモノの間隔がかなり長くなってきた。以前は、月経前になると体重が増えやすく、月経後1週間で元に戻るというのを繰り返していましたが、今は溜め込む一方で、明らかに排出する機会が減ってきている。なんというかですね~、擬似妊娠みたいな状態?エストロゲンよ、減らないで!

 

女は閉経すると、さらに太りやすくなるって聞くじゃないですか。今はおデブの域ではないけれど、このまま加速すると相当まずい。今から太り始めたら、5年後10年後に取り返しがつかない体になってしまうに違いない。

 

大好きな玄米で痩せられる!? でも、お酒の予定がネックに

……そんなとき、出会ったのが「7号ダイエット」の記事。

どうも小豆と一緒に炊いた玄米だけで10日間過ごすというチャレンジらしい。ナニ?玄米なら好きなだけ食べていいと?

 

しかし、1つ気になることが書いてありました。それは、アルコールやカフェインがNGということ。

 

ううう。ちょうどダイエット期間が終わる10日目前後に、飲み会の予定が入ってる。それに、コーヒーを急にやめられる自信がない。

 

さて、どうしたものかなぁ……。

 

酢キャベツと玄米と発酵食で【ヤセ菌】が増えるらしい!

本当はすぐにでも「7号ダイエット」を始めたいところでしたが、そんな迷いがあり、翌日すぐには始められず。ちょうど久しぶりの休みだったので、その日はホットヨガの体験なんぞにも行ってみました。

 

でもねぇ、リラックスヨガくらいでは何も変化ないのよ。サウナみたいに、体の毛穴中の毛穴から汗をかいた、という実感はあって、さっぱりしたのはたしかなんだけど、汗をかくこと=痩せるわけじゃないしなぁ。

 

そしてその夜。テレビをつけると、タイムリーなことに「世界一受けたい授業」の「痩せないのは“デブ菌”が原因だった!2週間で変わる最強腸リセット術!」というコーナーが始まったのです。

 

授業をされていた藤田紘一郎先生によると、痩せている人と太っている人は腸内環境に大きな違いがあるのだそう。デブ菌は糖や脂肪を溜め込みやすく、ヤセ菌の割合が多い人の1.5倍も体脂肪を蓄積しやすい、デブ菌はラーメンや揚げ物などのこってりしたものが大好物!なんてこともわかりました(ちなみに、デブ菌・ヤセ菌というのはもちろん俗称です)。

 

では、脂肪を排出するというヤセ菌を増やすにはどうすれば?

 

そこで勧められていたのが、玄米+発酵食品を中心とした食事。そして毎食、酢キャベツを食べるというもの。これなら、おなかがすくこともなさそう。

 

そうそう。デブ菌が多いかどうかのチェックリストもありました。そのときに取ったメモによると、以下のような感じ。

□ 小食なのに太っている

□ ダイエットしても成果が出ない

□ 発酵食品をあまり食べない

□ 風邪をひきやすい

□ 肌の調子が悪い

□ 運動をあまりしない

□ 大便・おならがすごく(笑)臭い

□ 便秘・下痢をすることが多い

 

私の場合は、最初の3つと、「運動をしない」「便秘がち」っていうのが当てはまるので、計5個。4つ以上当てはまる場合は、デブ菌体質になっているんですって。

 

ひぃぃぃ。くわばらくわばら。悪霊退散~~!

 

ってことで、見事デブ菌の配下にいることがわかった私は、さっそくスーパーへ駆け込みました。まずは玄米、キャベツをまるごと1個。酵素を取るのに生野菜も食べたいから、蒸し鶏(鶏の胸肉)も作らなきゃ。あとは、玄米のお供として小豆やごま塩、梅干なども購入。

 

目標は10日間で2.5kg(その後もゆっくり調整して、最終的には3.8kg!)さてさて、結果はいかに!?

 

>>>次の話(8/13 19:30更新)

スポンサーリンク