大人の食いしん坊が夢中!「GINZA SIX」の美味しい4軒。

4月20日(木)、銀座6丁目、銀座中央通り沿いに、銀座エリア最大となる商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」がオープンします。エリア最大規模約47,000㎡となる商業施設には、241の世界ブランドが出店! いろいろな楽しみ方ができそうな「GINZA SIX」ですが、食いしん坊の筆者は、「食」に特化してご紹介。といってもすみません、先にあやまっておきます。「GINZA SIX」はフードゾーンも大充実! 内覧会にお邪魔したのですが、あまりの情報量にすべてをフォローできておらず……なのですが、内覧の際、気になった、ぜひオープンしたらじっくり足を運びたいお店やメニューをご紹介します。

安政元年創業の宇治の老舗銘茶店が都内初出店!

京都・宇治市で1854(安政元)年に創業した老舗銘茶店「中村藤吉本店」が都内初出店。ショップでは自慢の日本茶やギフトを提供、併設のカフェでは繊細な香味を持つ日本茶の魅力をいかした食事やスイーツを楽しむことができます。どれもこれも魅力的なラインナップのなかから(自分の力ではセレクトできず)スタッフに選びだしてもらったのは、銀座店限定メニュー「別製まるとパフェ」(2,200円、税込)と、「茶ごろも」(1,600円、税込)。


「別製まるとパフェ」は、「パフェで2,200円というと高いと思われるかもしれませんが、採算度外視で茶商にしか作ることのできない最高級の抹茶を使用しています」とスタッフが語る逸品。手摘みの抹茶だけを使ったアイスクリームやオリジナルの抹茶餡、渋皮栗などが優雅なコンビネーションを奏でます。

特製の抹茶餡に、とろとろの葛餅と濃茶をかけた「茶ごろも」もインパクト大! 注文ごとに練りたて、作りたてを提供しているので、葛餅はぷるんぷるん。濃茶の苦みと抹茶餡の甘さのコンビネーションが絶妙、かつ濃厚。抹茶好きを名乗る人にぜひ食べてほしい、かなり本気度の高い抹茶アイテムです。

中村藤吉本店(4F)

南カリフォルニアの健康的なライフスタイルをイメージしたカフェが日本初上陸!

「72 Degrees Juicery + Café by David Myers」は、ミシュランスターシェフ、デイヴィッド・マイヤー氏が監修を務める、南カリフォルニアの健康的なライフスタイルをイメージしたカフェ。日本初出店となるGINZA SIX店では、スーパーフードを使用したスムージーや、フォトジェニックでヘルシーなオープンサンドなどを提供します。

オープン記念として登場するのが、オリジナルオープンサンド「faceUp」(1,900円、税別)。クリームチーズのコクと4種類のフレッシュベリーの酸味、ふわっとした食感のマシュマロをハニーとミントの香りで包み込みました。

 

内装も南カリフォルニアをイメージしていて、あたたかみを感じる絶妙なおしゃれ度。居心地抜群です。お買い物の合間にヘルシーフードで一服できるなんていい感じ~。

72 Degrees Juicery + Café by David Myers(5F)72ディグリーズ ジューサリー+カフェ バイ デイヴィッド・マイヤーズ

https://72degrees.jp/

“オトナのための新しいPLAZA”で体に染みいるコールドプレスジュースを

4Fの「#0107 PLAZA(オトナプラザ)」は、輸入生活雑貨店「PLAZA」の新業態。“オトナのための新しいPLAZA” をコンセプトに、定番とトレンド、和と洋、ナチュラルとポップなどを取り揃えています。店内は、フード&キッチン、ファッション&ステーショナリー、ヘルス&ビューティの3カテゴリーに分かれ、いずれも世界から集めた魅力的なアイテムが勢ぞろい。

そして、ヘルスコンシャスな食いしん坊がぜひともチェックしたいのが、店内にあるスタンドバー。プロのハンドドリップ抽出を再現できる高機能マシンを使用した美味しいコーヒーや、新鮮なフルーツと野菜を生絞りしたコールドプレスジュース(810円~、税込)は、体にしみわたるようなフレッシュさ。カップなど、カフェツールにデザインされている目をつむったクマは、キャラクターデザイナーの中野シロウ氏の書き下ろし。こちらクマがうっとり満足している表情なんですって!

#0107 PLAZA(4F)

スタイリッシュでフレッシュなフレンチに舌鼓

「ロムデュタン シニエ ア・ニュ」は、東京・広尾の人気フレンチレストラン「ア・ニュ」の姉妹店。「ア・ニュ」のクラシックな料理をベースとしながら、「ロムデュタン シニエ ア・ニュ」では、30歳の若きシェフが素材の持ち味を最大限にいかした軽やかで現代的な料理を提供します。ランチは主にお任せのコース(7,000円、税・サービス料別)、ディナーはプリフィクス(13,000円、税・サービス料別)で提供。春のメニューは、「毛ガニとメロンのスープ」「鴨のコンソメ仕立て ふきのとうの香り ネギと新ゴボウのキャラメリゼ」など、これとこれを組み合わせるのか! しかもこんなに相性がいいとは! といううれしい驚きに満ちたものばかり。

「ア・ニュ」でも人気の「石垣牛のロースト その内臓のプレゼ」は、マデラ酒とともに煮込んだ石垣牛の内臓を、石垣牛のローストビーフで包んだもの。木の芽とヨーグルトのソース、皮ごと焼いたたけのこが春を感じさせます。

メニューに記載されているもの、すべて制覇したくなる衝動にかられます。カウンター席では、クリストフルの「ジャルダン・エデン」のカトラリーを使用してお料理が楽しめます。

ハッピーな時間を演出してくれること間違いなしの「ロムデュタン シニエ ア・ニュ」、とっておきのレストランとして覚えておきたいアドレスです。

ロムデュタン シニエ ア・ニュ(13F)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク