タコとじゃがいもをレンジで2分!じゅわ~っとおいしい「タコのガリシア風」【シェフのテク】

2021.09.10 FOOD

皆さん、こんにちは。 vivoの花本朗です。 さて今日はタコを使ったスペインバル定番のお料理を紹介しますよ。

茹でたタコをぶつ切りにして、パプリカパウダーとオリーブオイルをたっぷりかけたシンプルなバル料理。 スペイン北部ガリシア地方の名物料理なので、日本では『タコのガリシア風』と言う料理名で呼ばれています。

日本のバルでもよく提供されているので、ご存知の方も多いかも知れませんね。

 

※木製の器に平らに盛るのが本場スペインバルのスタイル。

今日はそのシンプル料理にタコととっても相性のいい、ある食材を加えて作っていきます。どうぞお楽しみに。

 

タコと相性の良い食材は……ズバリじゃがいも!

そう、意外に思う方もいるかもしれませんが、タコと相性のいい食材はズバリ『じゃがいも』です。 特に茹でたタコと茹でたじゃがいもの相性は抜群。

私もタコを調理するときは必ずと言っていいほどじゃがいもを合わせます。

というのも最近タコって、買うとものすごく高いじゃないですか? 少しの量でびっくりする値段ですよね。ですからボリュームを出したい時などは、じゃがいもを加えるの本当オススメです。

 

そしてパプリカパウダー

今日は特にこれといった調理法はありませんが、パプリカパウダーが味の決め手なので忘れずに購入してくださいね。とても安価に販売されているので問題ないと思います。(今回使用したパプリカパウダーはS&Bさんのもの。15g/160円)

では今日も早速作っていきましょう。

 

【材料】

茹でタコ                      100g

じゃがいも                  1個(約100g)

オリーブオイル            適量

パプリカパウダー        適量

 

【作り方】

①先ずはじゃがいもを一口大の乱切りにして、電子レンジで加熱します。(600W/2分)

 

 

②スーパーで購入した茹でタコも同じような大きさになる様ブツ切りにします。

 

 

③後はお皿に盛って、オリーブオイルとパプリカパウダーをかければ完成です。

 

タコとじゃがいもが隠れるくらい、これでもか……  と言うくらいに、たっぷりパプリカパウダーをかけるのが私流。

見た目が真っ赤なのでなんだかとっても辛そうですが、原料がパプリカなので辛味はありません。独特の風味と心地良い苦味、ほんのり甘みも感じ、食欲をそそる味わいです。

この料理は材料さえ揃えれば火も使わず、簡単にすぐ出来るのも嬉しいですね。

お家で手軽に本格スペインバル料理。是非1度お試しください。

ではまた次回。

 

 

 

vivo daily stand

フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する、一人でも気軽に使える地域密着型のバル。都内に20店舗以上展開しています!

花本さんは中野本店でキッチンに立っていますから、レシピの質問も気軽にお店で花本さんに!

 

続きを読む

     

■編集部より■

いらないモノ、人…いま「断捨離」したいもの、ありますか?

その気持ち、教えてください!→こちらから

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク