「弄ばないで」威嚇する母。ドン引きする私を前に年下男は冷静に【オトナ婚/第9話(ノゾミ編)】

2021.10.09 LOVE

40代以降で結婚した人=オトナ婚の経験者にインタビューするシリーズ第9回目は、44歳で結婚したノゾミさんです。

 

どこで彼と出会ったの?

彼はどんな人?

どうしたら結婚できたの?

 

などなど、気になるオトナ婚の実態に、ライターのミナト薫(47歳)が迫ります。

4話配信の4話目です。

 

>>前回のあらすじ

40歳を超え、婚活パーティの年齢制限に引っかかるという現実にぶち当たったノゾミさん。何とかもぐり込んだパーティで出会った8歳年下の男性と交際をはじめます。年の差を気にして、予防線を張るノゾミさん。そんな気持ちを察してか年下の彼は慌てず急がず、半年間もプラトニックな関係を続けてくれたという。

 

>>「オトナ婚」連載一覧

 

ようやく結ばれた二人の絆は確かで…

付き合って半年、手を繋ぐ以上の関係にならなかったことが奏功して、お互いに「大切な人」と気づいた2人。

その後はトントン拍子ですか?

 

「いえいえ、もうひと波乱ありました」

 

母親の口撃にもひるまない彼を見て、ついに決意

そうやってひっそりと1年半も交際を続けてきたお二人ですが、最終的にどうして結婚に至ったのですか?

 

「ある日二人でデートしている時に、ばったり私の母と出くわしてしまったんです。そしたら、母が彼に対してすごく口撃を始めちゃって!」

 

え、「彼氏がいて良かったね」という反応ではなかったんですか?

 

「普通そう思いますよね。それが、まったくの逆でした。初対面の彼に対して『あなた、どちら様?』とか、『あなたはどう見ても若いけれど、どういうつもりなんですか』とか、『二人が付き合っていることをご両親は知ってるの?』とか、結構失礼な感じで問い詰めていったんです。

そんな風に人を罵倒する母親を見たことがなかったので、私もドン引きしちゃいました(苦笑)」

 

お母様も、ノゾミさんがかわいくて言ったんでしょうね。若い男性にもてあそばれて娘が傷つけられるんじゃないかと心配して。

 

「今にしてみればそうですね」

 

それで、その時彼はどんな対応を見せたんですか?

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
編集者・ライター ミナト薫

スポンサーリンク

スポンサーリンク