「毎年、私からの手紙が息子に届くように…」余命3ヶ月の母の願い|ねこマンガ 在宅医たんぽぽ先生物語 さいごはおうちで(35)

自分のさいごの日々。病院ではなく、自宅で過ごしたいという人も多いのではないでしょうか。

「できれば、住み慣れた場所で さいごまで自分らしく安心して 生きていきたいですよね」

在宅医療専門クリニックを立ち上げて20年の“たんぽぽ先生”こと永井康徳先生が実際にかかわった患者さんのお話を、ミューズワーク(ねこまき)さんのマンガで贈ります。

スポンサーリンク

>>次ページ 在宅医療の「望み叶え隊」って何? 患者さんの最期の日々をより豊かに

<<前の話

永井康徳 (著), ミューズワーク(ねこまき) (イラスト)  主婦の友社・刊

 

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク