【12月のヘビロテ服】ユニクロ含むミニマム5着で6通り!スタイリストのリアル私服拝見【スタイリストRICOリコメンズ】

こんにちは。大日方理子です。

今回、編集部にいただいたテーマは「ミニマムに絞り込んだ5着でMAX何パターン着回しコーデが作れますか?」というもの。

なるべくベーシックなものでということだったので、トレンドものは封印して自分の軸となるスタメンたちでコーデを組んでみました。

【「服はあるのに似合う服がない」おしゃれ迷子症候群のあなたへ#6】

連載一覧

 

選りすぐりのミニマムワードローブ5着

迷いながらも選んだアイテムがこちらの5着です。

 

①ロングニット:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS

②チルデンニット:MAISON CHANTOISE(JOUNAL STANDARD)

③ヒートテックコットンクルーネックT(長袖):UNIQLO U(UNIQLO)

④スカート:ADAM ET ROPÉ

⑤デニムパンツ:CIMARRON JEANS for MADEMOISELLE(ROPÉ)

 

私はファッション雑誌Rayで大学生着回しやOL着回しなど、長く着回しの企画を担当させていただきました。着回しの醍醐味はどれだけコーデが違って見えるかです。パッと見たときに色の差があったほうが変化が付くので、ニットは対比がわかりやすいブラウンと白を選びました。素材感の違いもポイント。薄手のハイゲージニットは大人っぽいきれいめな印象に、ざっくりとしたローゲージニットはほっこり優しい印象になり、自然と着こなしの方向性が変わります。

 

もう1枚のトップスはニットではないものにしたかったので、中にも外にも着られるヒートテックコットンクルーネックTをセレクトしました。ボトムスはシーズン問わずに着ているスタメン2つ。スカートで柄物を入れるべきか迷ったのですが、ワントーンコーデがしたくてこのセレクトになりました!

 

ここからは一着ずつ、選んだ理由を説明しますね。

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
スタイリスト 大日方理子

スポンサーリンク

スポンサーリンク