食べたあともハッピー! かわいい缶入りクッキー3選。

ステキなラッピングペーパーやかわいい缶に入ったお菓子って、

贈るのもいただくのもうれしいですよね。

今回は、食べる前からテンションアップな関西の人気缶入りスイーツを3つ選んでみました!

いなだみほブログでは「お菓子を食べたそのあとは…」という

お菓子を食べ終わったあとの缶や箱の素敵な活用術もご紹介。

みなさんのアイデアも楽しいんですよ。

 

ハイカラ度NO.1。G線の「アソートギフト缶」

店名からしてハイカラな「G線」は1952年創業の洋菓子店。神戸で昔から今もずっと変わらずモダンを代表する洋菓子店です。創業当時からショップに併設された喫茶室(「カフェ」ではなくね!)お茶をすることは、当時のモダンガールの定番でした。もちろん、今もそう。「G線」でお茶の時間を過ごす、お買い物をすることが、神戸っこのステイタスなのです。
そして、神戸といえば…の手みやげの代表選手といえば、イカリや船の形をしたサブレ。サクサクッとしていて、口の中でフワッととろけるような食感が評判。また、丁寧に手焼きしているワッフルも人気アイテムの一つ。それらお菓子には、北海道産小麦、鳥取・大山高原でのびのび育った乳牛の牛乳や生クリームなど厳選素材を使用しています。そんなサブレやワッフルをはじめ、クッキーなど焼き菓子が詰め合わせになったアソートは、クレヨンで描いたような文字がかわいい缶入り。このデザインは、創業当時から、パッケージ、コースターなどのデザインを担当していたグラフィック界の巨匠・早川良雄さんによるもの。今見ても色あせないデザインがステキです。

創業当時から変わらない包装紙もモダン!

 

アソートギフト缶Aセット3,600円(税別)

 

アソートギフト缶Bセット3,000円(税別)

 

兵庫県神戸市中央区神若通7-2-7
☎078-241-1101
8:30〜19:00(カフェは10:00〜18:30)水曜休み
http://www.g-sen.com/index.php

 

パティスリーアグリコールの「メリメロ」

神戸の西・垂水に店を構える人気店「パティスリーアグリコール」。こちらは、神戸の人気パティスリー「モンプリュ」や野菜を使ったお菓子で注目を浴びている東京の「ポタジェ」などで研鑽を重ねた奥田義勝シェフが腕を振っています。フランスの伝統菓子、トマトやイチゴなど地元神戸の野菜、フルーツを使ったお菓子など、バリエーションの広いお菓子が好評のアイテムに、2017年春に新しく作ったのが、缶入りの焼き菓子詰め合わせ「メリメロ」。「メリメロ」とは、フランス語で「いろいろ」「ごちゃ混ぜ」の意。その商品名どおり、缶の中には、いろいろな焼き菓子が入っています。ラインナップは、ピーナッツの香ばしい香りと塩がアクセントのピーナッツサブレ、ココナッツをたぷり使った南国の甘味感じるココナッツサブレ、ざくざくっとした食感も楽しいミネラル豊富な全粒粉サブレ、ほろ苦目で甘さ控えめのサブレカカオ、薄めに焼いたカリカリサクサクのカフェクロッカン、 京都の老舗のほうじ茶を使った厚めに焼いたほうじ茶のクロッカンの6種類。店をイメージした、フルーツ&野菜、お菓子が大好きな女の子メリメロちゃんが描かれたかわいい缶は、女性への贈り物にも好評です。

イラストがキュートな缶「メリメロ」2,000円

中には6種類の焼き菓子が並びます。

中には手書きのお菓子説明が…。

 

兵庫県神戸市垂水区霞ヶ丘5-1-26
☎078-754-9055
10:00~19:00 不定休
https://agricole1.jimdo.com/

 

MARIE BELLE 京都本店の「ワンダートレジャー」

 

ライトブルーのペーパーパッグの中を覗くと、茶色いリボンのかかった箱の上に花びらがひらり…。そんなニクい演出に乙女心をくすぐられます。バッグの中のエレガントな包みから出て来るのは、マットな質感のシルバー缶。そのクラシカルなデザインに、もううとっり。そしてフタを開け、焼き菓子の見目麗しく並ぶ様を見てしまったら…。悶絶もののハッピー!! お菓子に辿り着くまでに、「わあ!」っと感嘆の声を何度あげたらいいの?
そんな何段階もの感激を味わえるのは、ニューヨークのショコラトリー「マリベル」が作るクッキー缶「ワンダートレジャー」です。およそ1年半前に登場したこの商品は、「マリベル」の代表菓子・チョコレート同様に素材にこだわったサブレがぎっしり。オーガニック紅茶のアールグレイを使ったティーサブレ、香ばしいピスタチオを糖衣がけしたスノーピスタチオ、フロランタン生地とダークチョコレートクッキーのアーモ ンドヌガー、表面にフルール・ド・セルをつけたソルトサワーや甘酸っぱリラズベリーのメレンゲ、サブレ・ナンテなど10種類。サブレに使用するチョコはもちろんマリベルオリジナルチョコレートなのです。仕切りがない缶に並ぶ10種のお菓子の美しさとバリエーションには、誰もが感激! この詰め合わせの姿、どこかで見たことがあるな…と思ったら、なんだか日本のお節料理みたい。縁起のよいサブレアソート!?  眺めるだけでもハッピーだけれど、食べるとますます幸せですよ。

缶に詰めるのは至難の業!? 専門スタッフが丁寧に手作業で詰めてくれるそう。1箱5,400円(数量限定、お問い合わせを)。

 


京都府京都市中京区柳馬場三条下ル 槌屋町83番地
☎075-221-2202
10:00~19:00
火曜休み
http://www.mariebelle.jp/

 

スポンサーリンク