いつかくる「親の家を片付ける問題」。費用は?タイミングは?知っておきたい7つの心得(後編)

2021.12.17 MONEY

親の家の片づけ7つの心得を紹介します。

 

心得5 必要に応じて実作業の手伝いを頼む

160502easami001 モノの量にもよりますが、たいていの場合は人手が必要です。実家近くに住む頼みやすい親戚がいれば協力してもらいましょう。そういう人がいない場合、業者の手を借りたりするのもひとつの方法です。最近では専門の片づけ業者もいます。ただし、費用もかかるので必ず見積もりを出してもらい検討しましょう。

 

心得6 燃えるゴミ、不燃ゴミに必ず分ける

処分するものは地域の指定に従い、分別します。地域のゴミ収集日に出せばゴミ袋代しかかかりません。大きい家具などは有料回収だったり、事前申請が必要だったりするので各市町村に確認しましょう。

 

心得7 誰もが一度は途中でくじけそうになる

160502easami002 片づけても片づけても終わらない。疲労もたまっていく。悲しみの気持ちがつのったり、時には怒りの気持ちが湧き上がってくることも……。でも、それは誰にでもあること。親の家の片づけはみんな途中、一度はくじけそうになるものだと心得てください。

 

親片1

『親の家を片づける』
著者:主婦の友社:編
ジャンル:読み物 暮らし
ISBN9784072887516
発売日:2013/05/31
定価:本体1,300円+税
■ご注文はこちらから■
 アマゾン 
honto

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク