【リアル男性心理】バツイチ男の心をつかむ40代女性の魅力とは?(後編)

2021.12.19 LOVE

<<前のページ

同年代なので共通の話題が多く話が合いやすいという精神的安心感

2つめの理由が、結局のところ話が合うというのがこんなに楽なんだ、という精神的な安心感なのです。

 

よく40代以上の方が20代女性を相手に望みますが、理由はもちろん子どもを最優先するから。

excite婚活でも紹介されていますが、男性は年齢が上がっていっても35歳以下の女性を求めるミスマッチ傾向が示されています。

これを「バツイチ男性のローボールヒッター化」と私は呼んでいます。

 

先日読売新聞の中で「既婚の40代男性が職場の20代女性に恋してしまってどうしたらよいか」という投書に対して専門家がメッタ斬りという内容がTwitterでバズりましたが、これなどまさしくファンタジーの世界ですね。

 

子どもを意識するあまりに再婚相手に35歳以下を望むファンタジーオジさんは、自分で過ちに気づかない限りアラフォー女性になびくことはありません

このようなバツイチ男は連戦連敗を繰り返し「再婚相手に若さを求めるなんてファンタジーである」と気づいてはじめて「子どもを求める」から「安心感を求める」にギアチェンジして婚活市場に再登場するのです。ここに早く気づけるかどうかがバツイチ男の再婚市場を盛り上げるポイントになるんですけどね・・・。

 

・・・実は私も一度は子どものことを意識して、20代女性に積極的に接する機会を持っていたことがあります。
どこで「ファンタジーの世界」から現実に帰ったかというと・・・

 

  • 理解できない話題でマシンガントークされるのは自分には耐え難い
  • 働くモチベーションがなく、働かなくてよいなら働きたくないという寄りかかりな意見多数

 

という現実を突きつけられ、目を覚ましました。

裏を返せば、同年代であれば共通の話題が多い、仕事やプライベートの悩みなどにも共通項を見出しやすいという利点があるのです。

 

私の場合つきあって1年で結婚しましたが、改めて同年代(3歳年下)だったことがなんでも話しやすい環境となったのでよかったのではないかと思っています。

 

ということで、アラフォー女性の立場からまとめると

 

  • 仕事は続けるつもり、それなりに仕事には誇りを持っている
  • 同年代なのだから仕事のこともプライベートのこともお金のこともくだらないことも、何でも話せる50:50の関係でいたい

 

これらを伝えることが40代バツイチ男を落とすポイントだと思っています。

 

では「50:50の関係」が築けるかどうか、どう確認する?

プライベートの話とみせかけて、生活環境を聞き出そう

お互いの仕事のことを知るのは当然として、生活環境にまつわるトピックから50:50の関係について話をつなげるのがよいと思っています。

 

特に両親のことを聞くと、本人のバックグラウンドと価値観が見えてきます。

  • 都会育ちか田舎育ちか。
  • 両親はどんな仕事をしているか。共働きかどうか。
  • 親の教育方針とお金のかかり方はどうか。
  • 家庭環境はどうか。食事は一緒にしていたか、別々だったか。
  • 両親は仲良しだったか、あまり会話がなかったか。

 

親の生活環境がそのまま本人の価値観を育てる、または親の生活環境を反面教師として本人の新たな価値観が作られるものです。

 

子どもの頃から学生時代、社会人になるあたって今の仕事を選んだ理由など本人の話とあわせて聞いてみることで本人の価値観を探索することができます。

なかでも子どもの頃の話をしてもらうとけっこう共通項も見つかり、話も弾みやすくなります。初めて会う方には、子どもの頃のことから話しはじめるのがよいと思います。

 

お互いの共通項・価値観を徐々に掴みながら、この人と本当に50:50の関係が築けそうか、確認してみてください。

 

 

この年齢になるとファンタジーではなく、足元を、現実を見るのが大事ですので。

 

 

…で、ファンタジーから現実に戻ったバツイチはどこにいるの?という出会いの場について、今回書きたかったのですが、長くなりすぎたので次回の更新で書きたいと思います 。

 

【今日の結論】

自立したアラフォー独女は同年代男性と50:50の関係を目指そう

プライベートの話とみせかけて、早いうちに生活環境を聞き出そう

>>次の話(12/21 20:30更新)

<<前のページ

 

このシリーズの一覧

 

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク