大人を楽しもう!40代におすすめしたいファッションアイテム4選【スタイリストRICOリコメンズ】

私は毎週20代の女子たちと一緒にお仕事をしています。何を着たって可愛いし、ぴちぴちのお肌、白髪のないつや髪、素直な心……! 羨ましいと言い始めたらキリがありません。

でも、ちょっと待って。アラフォーになったからこそ似合うようになったものもあるではないか!と。今回は「大人を楽しもう! 大人だから似合うもの」について書きたいと思います。

 

【「服はあるのに似合う服がない」おしゃれ迷子症候群のあなたへ#10】

連載一覧

アクセサリーは大人のほうが似合う

パールのピアス、ダイヤのリングなどは大人が着けてこそ輝きます。ティファニーのボーンカフのような大振りのアクセサリーだって様になるのはやっぱり大人だから。楽しまない手はありません。アクセサリーにも流行はありますが、服の流行より流れが緩やかです。お気に入りのアクセサリーは長く使うことが出来ます。

 

私が素敵だなと思う身近な大人はアクセサリー使いが上手な人ばかり。アクセサリーと大人の余裕には何か密接な関係があるのかもしれません…!

 

不良感が漂うエコレザー

若者が着てももちろん可愛いのだけど、大人が着ると品の良い不良感が出て格好良いエコレザー。品の良さと不良っぽさは相反するものですが、大人の遊び心がそれを可能にします。エコレザーのワンピースやシャツ、アウターも出ていますが取り入れやすいのはパンツやスカートです。風を通さないエコレザーは温かく、おしゃれと防寒が叶うアイテムでもあります。真夏にはおすすめしませんが、春や秋にTシャツと合わせるのも素敵です。

 

去年までは白Tやニットとシンプルに着るのが気分でしたが、今年はビッグカラーのブラウスとのコーデにも挑戦してみたいと思っています。

 

カラーアイテムで今日をチアアップ

今年はカラーアイテムが豊作です。ハッとするような鮮やかなニットやカラーパンツを着こなす大人は格好良いなと思います。着ると元気が出るんですよね。カラーアイテムの弱点を上げるとしたら「また着てる感」でしょうか。派手色の服ばかりだと「あの派手なおばさん」になってしまう危険性もあります。デイリーにシックな服を着ているからこそ、カラーアイテムが効く。そこはバランスですかね。今季は強い色同士を合わせるカラーブロックコーデにも挑戦したいです。

 

白髪が増えてきたタイミングでヘアカラーをする方が多いと思いますが、真っ黒にしてしまうのは勿体ないと私は思います。肌の色は変わらないはずなのに、明るい髪色にしたらカラーニットやカラーパンツが似合うようになりました。どんな色のお洋服でも似合うグレイヘアは私の憧れです。

 

ジャケットは大人の特権

どう間違えても学生には見えないからでしょうか?ジャケットスタイルをおしゃれに着られるのは大人の特権でしょう。かっちりとしたボックスタイプのジャケットは、体のラインを広いにくく、体型を選ばないのも大人に似合う理由。

さっと脱ぎ着して体温調節ができるジャケットは、外出先が暑いのか寒いのかわからない日にも◎。昼間と夕方の気温差が激しい日にも活躍します。冬はコートと合わせて、春はアウターとして。長いシーズン着られ、1着あると色々なコーディネートが楽しめます。お仕事でジャケットを着る方だけでなく、ワンピースに羽織ったりデニムと合わせるなどカジュアルに振ったコーディネートもおすすめです。

 

大人って楽しい!

左:House Industries × I’M OK アルファベット ネックレス39600円(税込)右:House Industries × I’M OK ダイヤモンドのアルファベットネックレス132000円(税込)/ 共にI’M OK

ブランドの靴やバッグだって、嫌味なく似合うのも大人になったから。ものに負けない迫力がついてきたのでしょうか?大人って楽しい!

 

さいごに、何より大人を楽しむ為に必要なのは「自分の機嫌」です。忙しいとつい自分のことは後回しになってしまい、自分のことを大切にできないときもあります。思い通りにいかない日だって、どうしてもイライラしてしまう日だってあります。でも結局、自分の機嫌を取るのは自分!いつも機嫌の良い大人でいたいものです。新年は自分にアクセサリーを買って、自分の機嫌を取るってどうですか?

 

*写真提供/I’M OK

※クレジット表記のない商品は本人私物です。

関連記事

>>買うべき服がわからないなら「靴」を見直そう。おすすめはぺたんこじゃなく…/現役スタイリスト指南

>>【なで肩・いかり肩・ぽっちゃり・小胸】おしゃれ迷子が「ニットベスト」を買うべき3つの理由/現役スタイリスト指南

>>【服の断捨離】着道楽スタイリストが指南「捨てる/残す」が一目瞭然3つの唱え言葉

>>着道楽スタイリストがわざわざ買うユニクロと納得の5理由

 

【監修】

大日方理子/おびなたりこ

1979年生まれ。お茶の水女子大学卒。女性誌やテレビでスタイリストを務める。きれいめからカジュアルまで、今の気分を取り入れたスタイリングが得意。身長149cm。小学生の女の子がいる1児の母でもある。

 

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
スタイリスト 大日方理子

スポンサーリンク

スポンサーリンク