間違った「すごい」の使い方は、こう言いかえれば恥をかかない

文法的に間違っていることで有名な「すごい綺麗」「すごい美味しい」などの言葉。口癖になってしまっている人も多いのでは?

「そんなこと気にしないよ」と言ってくれるのは友達だけですよ。

では、この誤用、なんと言いかえたらいいのでしょう?

 

いまさら人に聞けない、どうしてダメなの? 理由その1

 

すごい」は形容詞です。形容詞は名詞に付きます。

 

正しい使い方の例

  • 私はそのお店ですごい人に会ったのよ。
  • 風が強くてね、ドアを開けようと思ったんだけど、すごい力で押し戻されちゃった。
  • 彼女があんなに綺麗なのはね、すごい努力家だからなのよ。

 

ところが名詞以外のもの、特に最近では形容詞に付ける割合が、若い人の間で多くなってきています。

 

誤った使い方の例

  • ○○先輩、すごい広い家を買ったんだって。
  • 部長に、すごい美味しいご飯をご馳走になっちゃった。
  • 今日のパーティ、すごい楽しい!

 

この3つの文はこう言うのが正解

  • ○○先輩、すごく広い家を買ったんだって。
  • 部長に、すごく美味しいご飯をご馳走になっちゃった。
  • 今日のパーティ、すごく楽しい!

 

形容詞+形容詞がダメだというわけではありません。ただ、その場合は、前の形容詞を変化させる必要があります。必要がありますなんて書くと文法ガチガチのイメージですが、そうではなく、自然とそうしているということです。

 

すごい」以外の例

  • あの子、細くて長い足だよね。→「細い」+「長い」
  • この店は、美味しくて安いハンバーグが売り。→「美味しい」+「安い」

 

ですから、「すごい」+「形容詞」がNGなのです。もし、どうしても「すごい」を使いたければ「すごく」と言えばいいということになります。
「えー、すごいめんどくさい」(誤用)と思ったあなた、もう少しだけおつきあいください。

 

 

なぜ少し野蛮に感じるのか。どうしてダメなの?理由その2

 

池の氷もえもいはずすごきに、童女下ろして、雪まろばしせさせたまふ
池の氷がきらきら光るのもすごかった。源氏は童女を庭へおろして雪まろげをさせた。
(源氏物語より)

 

私が「すごい」を使わない方がいいよと、女性にアドバイスするのには、もうひとつ理由があります。

 

すごいには、もともと「恐ろしい」というニュアンスがあります。「ぞっとするほど」と言い換えられるのもそういう意味からです。そのゾクゾク感から転じて、良い意味でも使われるようになりました。「すごく美しい」は「ぞっとするほど美しい」の意味で、言葉の使い方に関して言えば、「ゲロうま」に近い感覚なのです(笑)。

 

また「なんだかすごいことになってきた!」と言えば、本来は悪い方への変化を表しますが最近では「ぞっとするほどわくわくする展開だ!」の意味を表しますね。つまり、この「すごい」は少しだけ野蛮なのです。
では、どう言い換えたら、いいのでしょうか。

 

 

大人の女性はそこを何と言ったらいいの?

 

あなたが仮に男性だとして、好きな女性に花を贈った時、どんなふうに言われたら「可愛い」と思いますか?

A わあ、すっごい綺麗!ありがとう!
B わあ、とっても綺麗!ありがとう!

 

そして、この「とっても」の「っ」を取るとかなり子供っぽさが抜けます
わあ、とても綺麗!ありがとう!
可愛らしさを残したいのであれば「とっても」のままでOKだと思います。

 

(参考)
「『印象をよくする言葉遣い』のポイントは小さい〇〇にあった!」
https://otonasalone.jp/18175/

 

では、この「とっても」を使って、最初の方に出てきたフレーズを言い換えてみますよ。

  • ○○先輩、すごい広い家を買ったんだって。
  • 部長に、すごい美味しいご飯をご馳走になっちゃった。
  • 今日のパーティ、すごい楽しい!

 

  • ○○先輩、とっても広い家を買ったんだって。
  • 部長に、とっても美味しいご飯をご馳走になっちゃった。
  • 今日のパーティ、とっても楽しい!

 

どうでしょう?「すごい」を使うより少し品格が上がった気がしませんか?

 

このように、もともとネガティブだった言葉をわざと良い意味に使った言葉には、少し乱暴なクセが残っているものです。友達同士であれば、「すごい」や「めっちゃ」「ちょー」などの言葉もフレンドリーで良いと思いますが、少し品格を上げる為に、ぜひ「とても」を使ってみてください。あなたの印象がとても良くなりますよ。

スポンサーリンク

スーパーで買えるもの限定! おいしいワインを選ぶ7つのコツとソムリエおすすめワインを教えます

最近、スーパーでのワインの品揃えが豊富になってきました。スーパーは身近にあるので急に飲みたくなっても気軽に買うことができてとても便利。また、食材と一緒にワインが…

1,000円以下なのにオシャレ・美味しい・日持ちがする オススメ手土産4選

ちょっとしたお礼の気持ちという意味で、友達や仕事のおつきあいの相手などに「プチ手土産」を渡すことがありますよね。そんなとき、何を選んだらいいか意外と悩んだりする…

突然の「親の葬儀」。私の家族に起きたこと、かかった費用

考えたくないけれど、いつかやって来る親との別れ。残される家族としては、葬儀の費用のことも気になります。そこで、葬儀とその費用について調べてみました。葬儀は突然や…

岩井志麻子「育ちがいい女」と「育ちが悪い女」のちがいとは?

育ちがいい、育ちが悪いというジャッジ。この基準も、わりと人それぞれ。とはいうものの、前者は円満な富裕層、後者は貧しく複雑な家の出の人がいわれがち。ある女たちの、…

クイズ!中学生でも分かる敬語、正しいのはどっち?

英語でも数学でも中学生レベル、つまり義務教育で習うことで十分だというブログや書籍が目に付きますよね。今日は敬語について基礎からおさらいしてみましょう!全7問です…

口にするだけで愛が深まる!3つの魔法の言葉とは

今日はクリスマスイブですね。みなさんは誰と過ごしますか?せっかくのクリスマス、素敵な思い出にしたいですね。サンタクロースや恋人からの贈り物ばかり気にしないで、今…

えっ、「食べる」を丁寧に言うと「食べ○○○」?

「お昼はもう召し上がりましたか?」と聞かれて「はい。召し上がりました」なんてうっかり答えてしまうこと、ありますよね。「食べる」には「召し上がる」「いただく」とい…

大人が知っておきたい!ホームパーティーの服装と手土産の値段 ~ワインのマナー・ゲスト編~

好きな料理に好きなワイン、そして気の合う仲間たちとのホームパーティ!気の合う仲間とする場合もあれば、家族ぐるみ、上司の家族やママ友同士などシチュエーションはさま…

ヘタな字がたった1日で「大人な字」に変わる魔法って?

壊滅的に汚字というわけではないけれど、年齢相応とは言い難い、「微妙にヘタな字」。私のこと?と思う人は多いはずです。アラフォーともなると今さら習いなおすきっかけも…

太りにくい「ヘルシー夜食&おやつ」3選。深夜も罪悪感なく食べたい!

夜遅くになってお腹がすいた、甘いものが食べたい! そんなときってありませんか? 遅い時間に食べてもおいしくて罪悪感がないヘルシー夜食&おやつを紹介します!茹で汁…

「腐っても鯛ですね!」この日本語はOK?NG?

生活の中で生まれた知恵などを言い伝える「ことわざ」。ところがTPOをきちんとわきまえないと、とんでもなく失礼になることも! 今日はそんなことわざを3つ選びましたよ。1・溺れる者は藁をもつかむ解説「溺れる者…

え、「危機一発」じゃないの?オトナも間違う四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語を5つ選びました。1・いみしんちょう解答と解説正解は「深」。「意味深長」で…

「じがじさん」を「自我自賛」って書いてない?みんなが間違える四字熟語5つ

知っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?そんな四字熟語を5つチェック!1・いきとうごう解答と解説正解は「意」。「意気投合」です。「意気投合…

「ぜったいぜつめい」「絶対絶命」でOK?簡単な割にみんな間違える四字熟語5

普段使っている四字熟語なのに、読み書きする機会ってなかなかないもの。特に書く方になると怪しい人も多いのでは?今日はそんな四字熟語をテストします。1・いしんでんしん解答と解説正解は「以」。「以心伝心」で…

「ちこ」じゃない!「知己」の読みは?大人も誤読しがちな漢字10選

読めるには読めるけど、かなり不安~。こっそり答えをググっちゃう。そんな、小学生の時に習ったはずなのに、読み方を忘れている人が多い漢字を集めてみました。1・蝉時雨答え解説時雨とは、主に秋から冬にかけて起…

「速やか」は「はややか」じゃない?即答できない漢字の読み間違い10選

今週は小学校レベルなのに読み間違えがちな熟語10選です。一つでも間違えていたらちょっと反省して!1・この町には風情がある。答え解説あいまいに「ふうぜい」と読む人もいますが、スパッと「ふぜい」と読みましょ…

「直ちに」って正しく読めてますか?意外に間違える漢字10選

「読めそうなのに、意外に読めない熟語」をリストに挙げていくと、いわゆる難読熟語だけではなく、「まさかそれが」と驚くものが出てきます。今週は小学校で習う「読めないかも?」な熟語を10コチェックしましょう。…

「発足」って正しく読めますか?意外に間違えるNG日本語10

どれも知っている漢字なのに、熟語になった途端読めないことってありますよね。そんな読めそうなのに間違っていそうで発音できない熟語を10個集めてみました。今日は有名な文学作品から引用。つい飛ばしてしまう次の…

「さかあがり」って書けてる?みんなが間違えがちな漢字の書き方10選

さかあがり。坂を上るわけではないので、「さかあがり」の「さか」は「坂」とは書きません。ではどう書くのでしょう?今日はそんな熟語を10個集めました。1・子どもの頃は、日が暮れるまでさかあがりの練習をしたも…

「きゅうきゅうしゃ」って書ける?意外とみんな間違える漢字

今日は読めるのに、書けそうで書けない熟語を集めました。いざというときに「あれ?どう書くんだっけ?」と慌てないよう、しっかり準備しましょう。下線部のかなを漢字に直しなさい。そう、漢字テストですよ(笑)1・…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

LIFEに関する最新記事