そのパサパサ髪、乾かし方が原因かも? NGなドライヤーのあて方とは(前編)

「似合う髪型がわからない」「切りたいんだけど、どのくらい切ればいいかがわからない」「いつもひとつ結びになっちゃう」…

インスタで4万フォロワー以上のアカウント、日本髪型研究所・似合う髪型コンサルタントの篠原龍さん(@nihon_kamigata_kenkyujyo)。「似合う髪型のつくりかた」がいま話題です。

 

このシリーズの記事一覧

 

篠原さん「今日はヘアケアの話をしましょう。ドライヤーの使い方なんてどうでしょう?」

オトナサローネ編集部 星(以下星)「ドライヤーですか。私、かなり適当な使い方をしてます…ドライヤーにもNGや、正しい使い方があるんですか?」

篠原さん「もちろんです!間違った使い方をしていると、せっかくのキレイな髪が台無しになってしまいます!」

 

なんでドライヤーが必要なの?

 

篠原さん「そもそもなんでドライヤーするのかといえば、髪に水がつくとキューティクルが開いてしまうからなんです」

 

篠原さん「濡れたまま自然乾燥させると、キューティクルが開いたまま。髪がパサパサになります。ツヤのある髪というのはキューティクルが閉じているので、それとは正反対の状態になってしまうんです」

星「なるほど…洗った後にキューティクルをしっかり閉じるのが重要なんですね」

 

ドライヤーの3つのコツ

篠原さん「ドライヤーの正しい使い方のコツは、3つの『ど』です」

 

篠原さん「まずは1つ目、キューティクルを閉じる角度。真横から風をあてると、キューティクルが巻き上がり、開いてしまいます。これが一番NGな当て方です。」

星「なるほど、キューティクルが開きやすい・閉じやすい角度があるんですね。」

篠原さん「はい、キューティクルをきれいに閉じるためには、斜め上からドライヤーをあてるように気をつけてください。」

(構成/文 星雅代)

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク