最近オバ髪化してる…40代の老け髪は「若見え部分パーマ」で解決!(前編)

パーマをあてているモデルは何番?

まずは下の画像をご覧ください。

この中でパーマをかけているモデルは何番だと思いますか?

 

正解は…全部!

 

ストレートっぽく見えるスタイルも、アイロンで仕上げたようなカールヘアも、実は全てパーマをかけているんです。

もちろん洗ってから乾かすだけでこのスタイルになるのではなく、ブローは絶対マスト。アイロンを駆使すれば作れないことはないのですが、加齢による髪のパサつきやうねり、クセが強くなった40代女性の髪で完璧に仕上げるには時間もかかりますし、何よりも髪へのダメージが大きすぎます!

 

では、どんなパーマをかければ、これらのようなスタイルになるのでしょう。

 

それはずばり、部分パーマ!

ロッドをたくさん使ったり、しっかりかけるパーマではありません。立ち上がりがなくなった部分やクセが強くなった部分、さらにはアイロンでカールをつけやすくしたい部分だけにかければOK 。しかも1度かけておけば、最低でも半年はキープさせることができます。

そして部分パーマには大きく分けて2種類があります。その違いについて、今回もLaf from gardenの加藤さんにアドバイスを伺いながら解説します。

>>次ページ:髪悩み解決! どんな髪型にもマッチする部分パーマ

 

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
美容ライター 三輪順子

スポンサーリンク

スポンサーリンク