【無印良品】新たな挑戦も。私達が無印良品で選ぶべきものとは?~稲沢朋子のゆるサステナ連載vol.5~

モデルであり、48歳にしてチャーミングな笑顔の持ち主、”イナトモ”こと稲沢朋子さんの新連載。読者の皆さんと一緒に学べる場をと思い、勉強不足ではありますが、あえて「自分にもできるサステナブル」をテーマにしました。

稲沢さんも編集部もサステナブルって具体的に何?状態からスタート中!!

ひとまずは稲沢さんとも親和性の高いアパレル業界にしぼって、展開しています。

2019年の資料ですが、国連貿易開発会議(UNCTAD)によると実は繊維・アパレル業界は石油産業に次ぐ、環境汚染産業の第2位とレポートしました。(詳しくはコチラから)

SDGs的にいうと、

  • お洋服を作るのに想像以上に水などの資源がかかる
  • ファストファッションに代表される大量生産・大量消費
  • フェアではない労働力の搾取

細かいことを言うともーっとたくさんありますが、上記が主な環境汚染、ひいては持続可能な社会に寄与していないと言われる大きな理由。ということで、まずは「考えなしの消費」から卒業しよう!というのが、この連載の立ち位置です。

今回は大人世代でもファンが多い無印良品の春らしいナチュラルアイテムをご紹介します。

 

春呼びモノトーンボーダー×白のクリーンなコーデ

▶オーガニックコットンカーディガン 2,990円、ボーダー長そでTシャツ 1,290円、ストレッチワイドパンツ 2,990円/以上無印良品(無印良品 銀座) イヤリング 、バングル 各3,630円/フィービィー バッグ 6,490円/LAUGOA サンダル 18,150円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

ナチュラルだけど、きちんと感もある白×黒ボーダー使いがポイント。足元はぬけ感&トレンド感のあるグルカサンダル。

 

ベッドメイキングはリラクシーなシャツワンピとともに♡

▶再生コットン混ベッドカバーセット(シングルサイズ) 3,490円/無印良品(無印良品 銀座)

 

▶二重ガーゼクルタ(ワンピースパジャマ) 3,990円/無印良品(無印良品 銀座)

 

無印良品のリユース”REMUJI”知ってる?

各¥1,990/ReMUJI(無印良品 銀座)※商品は一例。ReMUJI取り扱い一部店舗のみで販売。

ReMUJI | MUJI 無印良品

2015年から展開中のサービス。すべて、無印良品のアイテムを染め直して新たに販売した取り組みです。リユースならではの風合いもおしゃれ。

 

 

▶▶イナトモコメント

「肌ざわりのいい素材感がお気に入り♡」

サステナブルな素材って勝手にごわごわしてるという印象があったんだけど、今日着た服やシーツなんかもふわっとしてて肌ざわりがよかった!

あとこのReMUJIという取り組み、いいですね!藍色に染めてるからネイビー系の色合いが多いっていうのもなるほど~って納得。一点ものを探す感覚でお店に行ったら楽しそう!

無印良品のサステナブルな取り組みとは?

無印良品のプレスにサステナブルな取り組みについて、どんなことを意識してるのか聞いてみました!

▶▶答えてくれたのはプレス関根純子さん

Q1 リアルな価格設定についてのポリシーをお聞かせください。

A:生産工程などの点検の行い、「価格見直し」というかたちで価格に反映をしています。日常着として毎日着るものだからこそ着心地の良い商品を、品質は維持しつつ、生産や流通に係る無駄を省き、適切な産地や素材を選定し直すなどの方法で、今後もお買い求めやすい価格を実現させていきます。

 

Q2 今後ブランドとしてのエシカルな取り組みを教えてください!

A:天然素材が本来持つ機能を生かしたものづくりをすすめており、原料となる素材は、オーガニックコットンなど、環境、動植物、生産者に余計な負荷をかけない方法で栽培、採取されたものを選択するよう取り組んでいます。今後も“カポック”などのまだ使用量の少ない天然素材を使用したアイテムを展開していきます。また、不要な衣料品を回収し染め直した再販売(リユース)やはぎれ素材の活用など資源を無駄にしない取り組みも行っています。

 

次回は4月7日配信予定。お楽しみに!!

 

【STAFF】

photographs/Yuki Igarashi(TRON)

styling/Maya Tamei(KIND)

hair&make-up/Harumi Kambe

model/Tomoko Inazawa

 

【お問い合わせ先】

ダイアナ 銀座本店 TEL:03-3573-4005

フィービィー  TEL:03-5362-7230

無印良品 銀座 TEL:03-3538-1311

LAUGOA  info-laugoa@laugoa.co.jp

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 編集者 時田紗耶香

スポンサーリンク

スポンサーリンク