【earth music&ecology】2,000円台からはじめられるきれいめカジュアルとは?~稲沢朋子のゆるサステナ連載vol.2~

モデルであり、47歳にしてチャーミングな笑顔の持ち主、稲沢朋子さんの新連載。読者の皆さんと一緒に学べる場をと思い、勉強不足ではありますが、あえて「自分にもできるサステナブル」をテーマにすることにしています。

稲沢さんも編集部もサステナブルって具体的に何?状態からスタートしています(笑)。

まずは稲沢さんとも親和性の高いアパレル業界にしぼって、展開中~!

2019年の資料ですが、国連貿易開発会議(UNCTAD)によると実は繊維・アパレル業界は石油産業に次ぐ、環境汚染産業の第2位とレポートしました。(詳しくはコチラから)

SDGs的にいうと、

  • お洋服を作るのに想像以上に水などの資源がかかる
  • ファストファッションに代表される大量生産・大量消費
  • フェアではない労働力の搾取

細かいことを言うともーっとたくさんありますが、上記が主な環境汚染、ひいては持続可能な社会に寄与していないと言われる大きな理由。ということで、まずは「考えなしの消費」から卒業しよう!というのが、SDGs初心者にも理解しやすい

初心者にもやさしい「自分たちにできることはなんだろう?」という視点に立って、進めるこの連載。

今回はもしかしたら若い人向けブランドというイメージが強い!?earth music&ecology(アースミュージック&エコロジー)からきれいめカジュアルをピックアップ!

 

earth music&ecologyって私たち、大人の味方って知ってた?

アース ミュージックのことを「なんとなく若い人向け?」って思ってたという大人も多いのでは。この春はきれいめなブラウス、シンプルなワンピースやパンツなども多数そろえているのがうれしい!さらにエシカルな取り組みも積極的にしていて、お値段もお手頃。ワードローブに加えることをおすすめします。

 

スエットをきれいめに!オフィスにもOKなカジュアルLOOK

 

▶オーガニックコットンスエットプルオーバー 2,700円、フリルネックブラウス 3,800円、イエローパンツ 3,000円、バッグ 3,300円/すべてアース ミュージック&エコロジー(アース ミュージック&エコロジー トーキョー 東京ソラマチ) イヤリング 2,970円/フィービィー ミュール 11,550円/チャールズ&キース(チャールズ&キース ジャパン)

スエットなのに、カジュアル過ぎない理由はスムースな素材感。イエローパンツでパッと目をひく春らしいカラーリングも◎。

 

INにブラウスを仕込んで、今ドキ感&キレイめな印象をゲット。

 

春、デニムを着るならこんな軽快さがいい!

▶デニムスカート 4,400円、花粉防止・撥水加工マウンテンパーカー 6,600円、2wayTシャツ 2,700円、リングセット 2,200円/以上アース ミュージック&エコロジー、サンダル 6,499円/アース ミュージック&エコロジー×オリエンタル トラフィック(すべてアース ミュージック&エコロジ― トーキョー 東京ソラマチ) バッグ (4月中旬発売予定)  7,590円/LAUGOA ※デニムスカートは再生素材混(セルロース)。

エシカルな素材と機能性をあわせもった、春にぴったりなコーデ。ネイビー×白のカラーリングがさわやか!

 

肌ざわりが心地いいON・OFFどっちも使えるプルオーバー

▶右からスキッパーパーカー、2wayプルオーバー 各2,700円/アース ミュージック&エコロジー(アース ミュージック&エコロジー トーキョー 東京ソラマチ) ※再生ポリエステル素材を使用

スエット見えで休日スタイルにも◎。グリーンのプルオーバーは前後で着用可能な2way。

 

earth music&ecologyのサステナブルな取り組みとは?

アース ミュージック&エコロジーのプレスにサステナブルな取り組みについて、どんなことを意識してるのか聞いてみました!

▶▶答えてくれたのはプレス小川智生さん

Q1 リアルな価格で買いやすいです。どのように価格をキープしてますか?

A:計画生産で閑散期を活用してモノづくりをしたり、スケールメリットで価格を保っています。今後もほどよくトレンドを取り入れて、信頼できるクオリティのアイテムをお財布に優しいプライスで提供していきます。

Q2 ブランドとしてのエシカルな取り組みについての展望をおうかがいしたいです

A:今後はエシカルアイテムの型数を増やして行く予定です。夏は、リサイクルポリエステルやCOTTON USA(アメリカ合衆国の『コットンベルト』で栽培されている綿花)等、環境に配慮した素材を使ったアイテムを展開します。また、現在の下げ札を使い切ったタイミングからエシカル素材の下げ札に切替え、またネームタグもエシカル素材に切替え予定です。

 

次回は3月17日配信予定です。お楽しみに!

他の連載を読む方はコチラをclick

 

【STAFF】

photographs/Yuki Igarashi(TRON)

styling/Maya Tamei(KIND)

hair&make-up/Harumi Kambe

model/Tomoko Inazawa

 

【問い合わせ先】

アース ミュージック&エコロジー トーキョー 東京ソラマチ TEL:03-5637-8343

チャールズ&キース ジャパン https://charleskeith.jp/

フィービィー TEL:03-5362-7230

LAUGOA info-laugoa@laugoa.co.jp

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
OTONA SALONE編集長 時田紗耶香

スポンサーリンク

スポンサーリンク