「けいない」ではありません。「境内」の読み方、知っていますか?

2022.03.07 QUIZ

本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介するのは「境内」です。

「境内」の読み方は?

「境内」とは

1 境界の内側。区域内。
2 特に、神社・寺院の敷地内。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

という意味です。

「〜内」とあると「〜ない」と読みたくなるところですが、「境内」の読みは「けいない」ではありません。

まずは正解を見てみましょう。

正解は……

「けいだい」です。

「内」にはさまざまな読みがあります。

  • 音読み ナイ・ダイ(常用漢字表外)ノウ・ドウ
  • 訓読み うち(常用漢字表外)い(る)

「精選版 日本国語大辞典」によると、「ケイ」と「ダイ」は「境」と「内」の漢音(中国人などによって伝えられた中国の発音に基づく音)とのこと。

「内(ダイ)」と読む言葉には他に

  • 宇内 ウダイ
  • 参内 サンダイ
  • 入内 ジュダイ
  • 内裏 ダイリ

などが挙げられますが、「境内」以外は聞き慣れない言葉かもしれません。

「宇内」は“天下。世界。(出典元:小学館 デジタル大辞泉)”を意味します。「参内」「入内」「内裏」は宮中(特に天皇の居所を表す言葉)に関係する言葉です。「参内」は宮中に参上すること、「入内」は中宮(皇后)などが「内裏」に参入すること、「内裏」は天皇の居住場所を指します。

なお「内裏」には「うちうら」という読みもあります。「うちうら」と読んだ場合には

1 内輪。内緒。
2 着物などの裏につける布。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

を意味します。「内輪」は「うちわ」と読みますが、これは“外部の者を交えないこと。”などを意味する言葉です。手であおいで風を送る「団扇(うちわ)」ではないのでご注意を!

 

★他の問題にもチャレンジ!

答えは>>こちら

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
レビューライター 片山香帆

スポンサーリンク

スポンサーリンク