「菜の花のスペインオムレツ」外は香ばしく、中はふっくら!オトナのほろ苦さが魅力的【シェフのテク】

2022.03.11 FOOD

皆さん、こんにちは。 vivoの花本朗です。 いつも記事をご覧いただきありがとうございます。  さて今日は旬の〝菜の花〟を使ってボリュームたっぷりの『スペインオムレツ』を作りますよ!

ジャガイモとチーズも入れて食べ応え抜群の『スペインオムレツ』…  大きめのテフロンフライパンで仕上げていくのですが、少しだけテクニックが必要なのでしっかりと解説していきますね。   上手に焼けたら見た目も最高ですし、パーティー料理なんかにも向いていると思います。

 

オトナのほろ苦さが魅力的!菜の花のスペインオムレツ

菜の花のほろ苦さと、チーズの旨みが卵に溶け込んで美味しくなるんです。香ばしく焼けた外側の部分と、中のふっくらした卵のコントラスト、ジャガイモのホクホク感が味のポイントですね。

ふわふわトロトロのいわゆるオムレツよりも、比較的簡単に作れると思います。   ではちょっとだけ腕まくりして……。

さあ、一緒に作っていきましょう!

 

【材料】

卵                    6個

菜の花           1束(約100g)

ジャガイモ    1個(約150g)

粉チーズ         大さじ3

パン粉             大さじ3

塩・コショウ  適量

※もう少し旨みを補いたい方は、ハムやベーコンを加えてもいいですね。後、パン粉は必ず加えてください。  卵にパン粉を少量加えると、とろみが出て、具材が底に沈むのを防いでくれるんです。焼いてカットしてみたら、具が全部下の方によっていて、上の方は卵のみ…   それは悲しいですよね(笑)。 ですが  実はよくあるスペインオムレツの失敗例なんですよ。そういったことをこのパン粉が防いでくれます。

 

【作り方】

①先ずは菜の花とジャガイモを電子レンジで、火を通していきます。菜の花はお皿にのせてラップをして30秒。温め過ぎないのがポイントです。ジャガイモは皮をむいてラップで包んで3分。竹串を刺してスッと通ればOK。

 

②卵をボウルに割り入れ、ざく切りにした菜の花、ジャガイモとチーズ、パン粉を加え、塩コショウで味を整えます。  (このくらい具沢山の方が美味しいです!)   ここで一度必ず味見をしてください。

 

③テフロン加工のフライパンに少量のサラダ油を入れ、卵を流し入れます。

 

④火加減は中火。 フライパンに接した部分の卵が次第に固まってくるので、ゴムベラで鍋肌から卵をはがしていくようなイメージで混ぜていきます。 写真のように半熟になればOK。

 

⑤火加減をグッと弱火に落とし焼いていきます。5分経ったらいよいよ裏返す行程です。   フライパンの上にお皿を乗せて、フライパンとお皿を一気に『えいやっ!』とひっくり返します。

 

⑥フライパンをコンロに戻し、皿の上を滑らせながらフライパンに戻し入れます。 後は底面に焼き色が付くまで焼いてあげれば完成です。

 

皆さん、どうでしたか?  ちょっとひっくり返す時だけは緊張しますよね(笑)   でも右手でしっかりお皿を押さえて、フタしていれば失敗することはないので安心してください。

後、出来立ての熱々はちょっと切りづらいので、オススメの食べ方としては、一旦冷ましてからお好きな量だけカットして、電子レンジで温めて食べるというのが良いと思います。

今回は、マヨネーズにほんの少しだけすりおろしニンニクを加えたアイオリソースを添えてみました。 グッとスペイン本場のテイストに近づきますよ。

ぜひお試しください。

 

 

vivo daily stand

フレンチデリとデイリーワインをメインに提供する一人でも気軽に使える地域密着型のバル。都内に20店舗以上展開しています!花本さんは中野本店でキッチンに立っていますから、レシピの質問も気軽にお店で花本さんに!

スポンサーリンク

       

【編集部からアンケート】40代、50代女性にお伺いします。更年期症状はありますか?
回答はコチラから

     
この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク