40代女性の何%が独身? そして5年後結婚できる確率は……!?(前編) 

2022.03.14 LOVE

女性の平均初婚年齢が年々上昇し、現在では29.4歳となっています。平均が約30歳なのですから、およそ5割のアラサー女性は独身ということ。つまり、アラサー独女はごく一般的という時代になりました。

そして当然、アラフォー女性の独身者も年々増加しています。総務省の「平成22年国勢調査」によれば、アラフォー女性全体の「約2割」が独身であると発表されました。

(本記事は、2016年の記事のリバイバル配信となります)

 

愉快な仲間はいっぱいいる!

2割という数字をどう捉えるかがポイントです。2割しかいないと捉えるか、2割もいると捉えるか。でも、よく考えてみてください。2割というのはけっして少ない数字ではありません。なぜなら「2割引」って書いてあればかなりお得だと感じませんか?

そして日本人の血液型分布は一般的にA型40%、O型30%、B型20%、AB型10%といわれていますから、アラフォー女性のB型と同等レベルで独女が存在するということです。5人に1人は独女の友。そう、アラフォー独女仲間はたくさんいるのです。

 

右肩上がりのアラフォー独女

160522easami001

ちなみに10年間での、アラフォー女性の未婚率の推移をみてみましょう。平成12年と22年の国勢調査でくらべてみることにします。

35~39歳の未婚率 13.9%⇒22.4%(+8.5ポイント)

40~44歳の未婚率 8.6%⇒16.6%(+8.0ポイント)

45~49歳の未婚率 6.3%⇒11.7%(+5.4ポイント)

なんと、アラフォー女性の未婚率ほぼ倍増しているんです。 なんという成長率! 右肩上がり! 昨年実施された平成27年国勢調査のデータはまだ発表されていませんが、おそらく平成22年よりも増えていることが予想されます。

>>次ページ:40歳女性、5年後どのくらい結婚してる?

 

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク