「白髪隠し」急いでいてもカンタンにできる5つの方法(前編)

昨日まで気にならなかったのに、今朝になって鏡を見たら白髪がチラホラ。そんな経験、ありませんか? どんなにキレイに身支度じても、白髪があるだけで何となく疲れた印象に見えちゃうんですよね。サロンに行くのはもちろん、ホームカラーする時間もない。そんな日に限って人と会う約束入れちゃってる! でも安心してください。短時間で白髪をごまかす裏技がありますから。ってことで、今回は緊急時の白髪隠しテクニックをご紹介しちゃいます!

 

1.時短派なら!いつもと違う分け目にする

Fotolia_110287661_Subscription_Monthly_M

白髪が最も目立ちやすいのは、分け目がくっきり出るトップの髪。つまり、トップの分け目が見えないようにスタイリングすれば、白髪問題をごまかすことができます。普段の分け目が7:3だったら、8:2にするくらいでOK。

分け目グセのついていない髪はふんわりと立ち上がり、根元の白髪を自然にカバーすることができます。ちなみにトップにボリュームの出にくくなった髪のスタイリング術としても活用可能。これは覚えておいて損はありません。

 

2.生え際なら!使い古しのマスカラで白髪を染める

Black mascara on white background, vector

トップは分け目でごまかせるけど、こめかみや耳上にチラ見えする白髪はどうやっても隠せない。そこで登場するのがマスカラ。最近はコームつき部分染めがありますが、アレってコームが粗いせいか、こめかみの根元を染めるのが難しい。そして意外と染まらないんですよね。私も色々試しましたが、満足のいく結果を出した製品はありませんでした。

そこで登場するのがいわゆる普通のマスカラ。まつ毛を染めるためのコームだから、こめかみの細い毛もキレイに染まる! 手で触ると色が取れてしまうのが難点ですが、その日だけごまかせればイイんですもん。ちなみに新しいマスカラは液がつきすぎるのでNG。カラーはできればブラウンのウォータープルーフをオススメします。

>>次ページ:オシャレ派なら、どう隠す?

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
美容ライター 三輪順子

スポンサーリンク

スポンサーリンク