「この道をまっすぐ」を英語でスラっと言うと?

スポンサーリンク

観光地や繁華街で、海外からの観光客が迷っているけど「英語で説明できない……」と通り過ぎたり、話しかけられても「ソーリー、ノー」と逃げていませんか?

でも、実は道案内は中学英語で十分なんです。困っている人の助けになりましょう!

私は関西在住なので、京都で一番人気の観光地、八坂神社へ行く道をきかれたという想定で説明します。

(文・磯貝由起)

 

目的地だけ聞き取れればなんとかなる

 

観光客が、道をきいてくる言い方には
“Do you know where Yasaka Shrine is?”

“ Would you tell me how to get to Yasaka Shrine?”

 

など幾通りかあります。シュラインが神社です。

 

「わ~、英語で話しかけてきた~!」とパニックにならず、地図やスマホをもっていたら道を聞いているのだろうとにこっと応対してください。

 

“Well…”

 

と時間を稼いで、どう言うか考えましょう。

 

大抵は「まっすぐ」「曲がる」「左右」で説明できる!

 

「まっすぐ行って」というのは go straight.

Go straight Shijyo street until next traffic light.

「四条通を次の信号まで進んでください  」

右(左)に曲がるときは Turn right/ left.

右(左)に~があります。 は You see…, on your right/left.

その角で、その信号で、、、は At that corner/ signal

~があります。 You see /find ~

 

とにかくシンプルなフレーズでいいのです。短い文を重ねて、少しずつ説明してください。命令文って失礼じゃないの?と思わなくても大丈夫です!

 

It’s close. 「近いですよ」

It‘s five minutes walk. 「5分で着くよ」

It’s far, so you’d better take a taxi. 「遠いからタクシーでいったほうがよいよ」

 

など目安や、手段を示唆してあげたらわかりやすいですね。

 

さらに親切なのは

Shall I take you?  「連れて行ってあげましょうか?」

これをいうのはかなり勇気がいりますが、

I am going to the same direction.「同じ方向にいくので」

がつけば自然ですね。

 

わからないときは素直に「ごめん」

 

ただし、目的地がわからないときは、Sorry,  といったうえで

I don’t know where it is.  「それがどこか知りません」

I am a stranger here. 「このあたりよくしらないんです」と正直に!

 

【会話例】

Visitor :  Excuse me.  Could you tell me the way to Yasaka Shrine?

観光客 : すみません。 八坂神社への行き方をおしえてもらえますか?

Passerby  :  Well…,  go straight along this street.

通行人(あなた): えっと、、、この道をまっすぐすすんで。
You will see a convenience store on your right.

右手にコンビニがあります。
Turn left at that corner.  Walk more 5 minutes.

その角を左に曲がって。それから5分歩いてください。

Then you will see Yasaka Shrine on your left.

そしたら八坂神社が左手に見えます。

 

文/磯貝由起 
英語教室経営。外資系企業勤務を経て30歳から同志社大学大学院へ。修士課程終了後、関西にて自宅サロン英語を18年運営。2歳から86歳の生徒さんとの触れ合い、得意分野はアラフォーからの大人英語。
HP   http://yukienglish.com/ 1万以上の関西のスイーツ情報をメディアやブログにて発信するスイーツコンシェルジュでもあります。

英語教室オーナーティーチャー

磯貝由起

この執筆者の記事一覧

更新情報がわかる!

フォローを

お願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

磯貝由起の最新記事

LIFESTYLEに関する最新記事