更年期が始まるサインって?52歳、「最初の違和感」は42歳のときでした

閉経の前後5年を一般に、更年期と呼びます。日本人の閉経の平均年齢は50歳なので、45~55歳の世代は更年期に当たる人が多いもの。身体の不調に苦しみ「更年期障害」の状態に至る人もいます。

私ってもう更年期なの? みんなはどうなの?

今回はゴールデンウイーク企画として、オトナサローネに掲載された【100人の更年期】記事のなかから人気のものをご紹介します。

 

第1位:更年期が始まるサインって?52歳、「最初の違和感」は42歳のときでした

プロフィール

Sさん 52才、独身。千葉県在住の特別支援学級教師。両親、姉ともに教師。高齢の両親のケアをするために実家から車で15分の場所に40才でマンションを購入。

 

42才で感じ始めた不調。でも、なかなか周囲に言い出せなかった

 

「私は本当に狭いコミュニティで生まれ育ちました」と振り返るSさん。

父親は長年地元で校長を勤め、姉も優秀な教師でした。

 

「私はどちらかというと家族の中ではのんびりした性格。優秀な両親や姉には到底追いつけないのがわかっています。

両親ともおおらかに育ててくれたので劣等感は感じませんでしたが、小さい噂でもすぐ飛び交う地域柄、目立つ行動はなるべく避けるようには心がけてきました」

 

そんなSさんも大学を卒業すると、家族と同様に教員になりました。そして、特別支援学級を受け持つことに。とにかく体力勝負の仕事なので、なりふり構わず仕事をしてきました。

 

年齢が上がるとともに後進の指導や事務仕事で多忙度はアップ。42歳の誕生日を過ぎた頃、目まいを感じることに気づきました。

 

「息苦しさや倦怠感も感じましたが、同僚と言える人たちも年が10歳ほど上なので、根性で乗り切れ!的な発言が多くて。

身体の不調を根性で乗り切れるわけないじゃん……?と、誰もいない廊下でため息ばかりの毎日になりました」

>>続きを読む:45才、ストレスから過食。あっという間に65kgまで太る

 

第2位:更年期が「終わったあと」はどうなるの?59歳、更年期が終わるサインは

田中みずきさん(仮名)59歳、出版社勤務。29歳で長男、36歳で長女を出産。
転職や育休を経験しながら育児書籍や雑誌を編集。
長男はすでに家を出て独立し、現在は夫と長女の3人暮らし。

 

更年期はすっかり卒業。いま快適に生きています

 

現在59歳の田中さん。丁寧な仕事ぶりに尊敬が集まるベテラン編集者です。サバサバとした姉御肌の彼女にも、更年期の悩みはあったのでしょうか……?

 

「正直、更年期はそれほどつらくなかったの(笑)。45歳のとき生理不順が始まり、47歳から49歳にいちばん症状が出ました。

 

その後、50歳になるくらいで閉経しました。ちょっと早いかな?と思ったけど、そんなもんかな、と」

 

今から10年ほど前の話です。当時、周囲と情報共有はできたのでしょうか?

 

「同僚とはあまり更年期の話はしなかったな。大学時代からの友人たちとも、最近どうよという話はしたけれど、細かなつらさを切々と話すというようなことはなかった。

 

私はそれほどつらくなかったし、類は友を呼ぶのでしょうね、私の周囲にもあまりひどくなる人がいなかったの。悩みがあれば相談に乗ったと思うけれど」

 

ですが、まったくの無風ではありませんでした。

>>続きを読む:「ホルモン補充療法」がものすごく効いた。病院にはかかるべき

 

第3位:44歳、まだでしょう?と思ったけれど、このめまいは

44歳、独身、東京都在住。2歳上の姉、几帳面な専業主婦の母、
厳格な自営業の父の下、にぎやかで明るい家庭に育つ。
大学卒業後、パティシエの修行をしたのち、28歳で激務の営業職に転身。
36歳でヘッドハンティングによる再転職。42歳ごろから体調に変化が。
主訴・猛烈なめまい、だるさ、生理痛。

 

母は「まだ早い、違うわよ!」と言うけれど…

 

私の母は20代前半に結婚し、姉、私を産みました。私は26歳のときの子どもなので、母が50歳前後のころはまだ10代後半。

 

母が真冬に「暑い、暑い」と言い出して不思議に思っていましたが、今思えばあれはホットフラッシュですね。でも、母も私たちには更年期だとは言いませんでした。

 

私も42歳くらいに体調を崩し、母に更年期がどうだったかを尋ねたら、「私は50過ぎだったからあなたはまだ早いわよ、違うわよと」言われました。

 

個人差もあるし、そっか、私は50歳からか、じゃあこれは単なるストレスかなと思ってました。

 

でも、44歳になって、これはストレスではないなと気づき始めました。

>>続きを読む:ずっと付き合ってきた盲腸レベルの腹痛

続きを読む

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
主婦の友社 OTONA SALONE編集部

スポンサーリンク

スポンサーリンク