「仕事で自腹を切る」ことが悪であるこれだけの理由

若き日に会社に尽くして、地位を上り詰めた人は、危ない、という話があります。

 

会社に入社し、自分の時間も会社に捧げて、時には自腹を切ってでも成績を上げようと必死に働く人。

 

そのような人は、会社にとっては、大変頼もしい存在であり、全てを任せて間違いないと思いがちです。

 

皆さんの周りにもいることでしょう。

 

実はそこに大きな落とし穴が待っているのです。今日は「貸し借り」のお話しです。

 

貸しを取り返そうとする人たち

 

こういう人は、自分が任される立場になると、今まで自分が会社に奉仕してきた、金銭的な貸しを取り戻そうと考えることがあるというのです。

 

実際に、横領事件では、真面目で勤勉な人ほど、その魔に手を染めてしまうという傾向があります。

 

それまでの真面目な勤務態度からは想像もできない、まさかと思うようなことが起きるものです。

 

「若い時に、会社のために小遣いから結構使っていたんだから。誰もチェックしないし少しくらいいいか」という入り口に立ってしまうということです。

 

小さいことでもギブアンドテイクに

 

人間関係でも、貸し借りというのは、心理的に影響を及ぼすものです。

 

例えば、食事やお酒の席で奢られてばかりいると、相手に「いいえ」と言いづらくなってしまうこともあるでしょう。

 

そういった場合は、自分のできる範囲でお返しすることが大切です。

 

数万円奢ってもらったのに、自分が数千円しか出せなくてもかまいません。お返しに食事に誘うといいでしょう。

 

もし会社同士の関係であれば、会社で出せるだけでいいのでお礼をするということです。

 

この時に、無理して自分のお金で、自分が負担になる程、お返しをしてはいけません。かえって自分が貸しを作ったと勘違いを起こしてしまうのです。

 

「してやった、やってやったで地獄行き」

 

私が学生の頃、バイト先の店長は、いかに自分が僻地で頑張ってきたか、家庭も犠牲にして会社のためにやってきたかを愚痴る人でした。年齢もまわりの人よりは上で、よく任されている人だったと思います。

 

そんな店長が、あるとき売上金を持って店から姿を消してしまったのです。

数日が経って、夜中家に帰ってきたところを会社の人に捕まったそうです。

その店長のケースでは、過去の貢献を考慮して刑事事件にはならなかったようです。しかし、この背後にあるのは「貸しを取り返す」精神です。

 

どうしても人間なので、何かしてあげたら、その思いは簡単には消えないでしょう。いつまでも、あれをしてあげた、これをしてあげたと考えがちです。

 

そんな時は、「してやった、やってやったで地獄行き」。とつぶやいてみましょう。「してやった」「やってやった」という気持ちは地獄につながっているのです。

 

そうすると、何かしてあげても、こだわらなくなります。

 

先ほどの例のように、自分がお返しを受け取る立場だったら、その内容が少なかったとしても、感謝できることがあればよしとすることです。

 

そして、少しでも他人や会社のためにできることがあったら、それだけで自分に良いことが身についたと考え、それ以上何かを恩着せがましくは思わないこと。これが管理職になった時に不正なく自由に生きるコツかもしれませんね。

 

■OTONA SALONEただいまの人気記事

脱「疲れたオバサン髪」!ひとつ結びをおしゃれアレンジにするカギって? 」

https://otonasalone.jp/28584/
【男の本音】心の中で「うわっ…ダサ」と思う夏のトレンドアイテム6選

https://otonasalone.jp/28691/
プリンマニアが選ぶ、今だから食べたいコンビニ3大絶品プリン

https://otonasalone.jp/28891/

スポンサーリンク

この記事を友達に教えたい!と思ったら、シェア!

 

この記事が面白かったら

「いいね!」してね

 

会社の人事異動による「ストレス」を少しでも軽くする5つの方法

春、多くの会社では人事異動がある。希望の部署や役職に就けたことで仕事のモチベーションがあがる人もいる一方で、希望しない異動によって心に大きなストレスを抱える人も…

女の敵は女?元クラブママ直伝「職場の嫌な女の対処法」

女性の活躍が目覚ましい昨今、問題視されているのが、「女性同士の付き合い」です。元CAと元クラブママ、女社会を渡り歩いた私も、凄まじいトラブルメーカーに出会ってき…

40代にもなってまだ「ぶっちゃけ」って言ってるの?職場で使うとイタい言葉

「私の職場に、綺麗でスタイルもよくて、しかも仕事もできる女性の上司がいるんです。でも、言葉がとにかくイタい。この人、黙っていた方がイメージダウンにならなくていい…

元NHKアナウンサーが教える、プレゼンが劇的に上手になる「3つの話し方」

OTONA SALONE編集長の浅見が今、気になる人物をお招きしてトークを繰り広げる対談企画。ちまたでは“エツコの部屋”(注:浅見の下の名前は悦子)といわれているとかいないと…

多忙な「一流の仕事人」が、仕事で最も大切にしていること

仕事をするうえで最も大切なことはなんだろう。行動力、コミュニケーション能力、つねに向上心を持つこと……。もちろんそれらも重要なことだと思う。しかしそれ以上に重要な…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉…

クラブママに学ぶ「40代女性がオフィスで軽く扱われない4つの秘策」

同じ行動をしていても、一目置かれる人と軽くあしらわれる人、また、クレームを言われやすい人とそうでない人がいます。その違いは何でしょう?初回は「ルックス編」。クラ…

信頼していた相手に「断られた」とき。傷ついた気持ちの対処法

仕事を依頼した相手に「断られる」ことはよくある話だ。スケジュールが合わなかったり、内容的に引き受けられなかったり。たいていの場合は断られたとしても、仕方がないと…

仕事を辞めたいけど「辞められない」ときに、私が考えたこと

どんなに仕事が好きな人でも、一度は仕事が嫌になったり辞めたいと思ったことがあるでしょう。特に、意にそぐわない異動や配属を経験したときはなおさら。ですが「仕事を辞…

元 NHKアナウンサーが教える、相手の心をひらく「魔法の言葉」

NHKの人気アナウンサーとして活躍してきた松本和也さんと編集長の浅見との対談企画。前編はビジネスシーンでの“心に届ける話し方”をお届けしましたが、後編となる今回は恋…

あなたが辛いのは「考え込む」クセのせいかも?「よい答え」の見つけ方とは

・条件を変えようと考え込む。・まわりの人を変えようと考え込む。・タイミングの良し悪しを考え込む。考え込む時は、人それぞれです。が、共通するのは、良い答えが思い浮かばない時にこそ考え込むという点です。自…

言わなきゃよかった。父に限って言ってしまう嫌な言葉

父の日を前に、父親とうまくいっていない人も多いと思います。そんな時に、切り替えて見ましょう。「ほっといてよ」。「いちいち話に入ってこないで」。そんな心無い言葉を浴びせて、まだ自然に話すことができない人…

酒の席で潰れないのもキャリアのうち?禅住職の知恵

新入社員も入ってきて、歓迎会などもあったことでしょう。そんな席でのふるまいが、人となりを判断するチャンスとして見られるのは常識のようです。お酒の席での失敗は、人間関係に大きな影響を与えがちですよね。で…

挨拶は出会った瞬間に決まる。禅住職が教える極意は「○○いれず」

会社で、コンビニで、廊下で、エレベーターで、路上で、駅で。知り合いを見かけたとき、この人に挨拶をしようか、それとも気づかないふりをしておこうか、迷うことってありませんか? それが、気まずい相手だったり…

話題のAI(人工知能)で失業する?そんな噂に住職が喝。

今やっている仕事がAIに取られて、海外に出稼ぎに行く日がくるのか?こんな不安を煽る投稿を  SNSなどで目にした人は多いと思います。AIなどの人工知能が、今後ますます性能がよくなったら、それを搭載した機械が増…

母の日が過ぎた。とても親孝行する気になれない極寒親子関係に住職が喝

世間には、会うたび楽しい話題で盛り上がる、友達のような親子が多いと言われます。が、その反対に、何も相談できないし、会えば喧嘩ばかりという親子も多いのではないでしょうか。人間だって生物である以上、親離れ…

お金が欲しくてたまらないなら○○する。住職が伝える禅の教え

お金が欲しくてたまらない人は、どのくらいいるでしょうか?お金が自分のものになると、好きなものを買えます。特に場所も取らないので、いくらでも欲しいと思うのが人情でしょう。結婚相手にしたって、お金を稼いで…

こういう人が狙われる。「利用されやすい人」を住職が伝授

愛着は、やましさを産み、人を滅ぼす。会社を舞台にしても、私生活を舞台にしても、利用されやすい人ってやはりいるようです。またまた、とても参考になる佐藤優氏の「交渉術」(文春文庫)を読んでいて、やはりそう…

親と友達のようになんて、とんでもない。住職が明かす親と子の関係

自分にとって一番近い関係である「両親」。でも、小さい頃から、ぶつかってばかりいて、ちっとも理解し合えない存在になってしまっている人はいませんか?たとえば、「小さい頃から、父親とは話もできず、何かあれば…

こんな人とは付き合うな。住職が教える人付き合いのコツ

会社の同僚や上司はもとより、家族、友人、地域……ストレスを抱える原因は、こうした社会にあるのではなく、人間関係にあるだけかもしれません。昔から言われている「付き合うべきでない人」とは。それは、ズバリ「邪…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

注目の記事

WORKに関する最新記事