気づけば恋愛圏外? 男が「育ちが悪そう」とジャッジする40代女性の3大NGワード(後編)

2022.06.24 LOVE

この記事の前編を読む<<気づけば恋愛圏外? 男が「育ちが悪そう」とジャッジする40代女性の3大NGワード(前編)

育ちが悪そうな40代女性の口調2:すぐに他人を貶める表現を使う

 

ちょっとした会話で、すぐに誰かを見下したような表現を使ったり、自分が優れているのを誇示するかのような発言をする女性も、男性から見て「育ちが悪そう」という評価に繋がるケースが少なくありません。

これらの口調からは、強い選民意識と自己顕示欲を感じ取り、コンプレックスの裏返しだと深読みする男性も少なくなく「本当に育ちがいい人は、簡単に人を見下したりしない」という前提も働きがちです。

女性としては「バカにされたくない」「この人から、認められたい」という心理の表れだったとしても、狙い通りの評価よりもネガティブな作用のほうが強い口調だと言えます。

また、これまでに「私はがんばってきた」「人一倍、努力してきた結果が今出ている」を自負している40代女性ほど無意識に発してしまいがちでもありますが、そんな口調を聞くたびにゲンナリしている男性も多いのです。

 

それは女同士でもさすがにナイわ、次ページ

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク