騙されたと思ってやってみて! 40代からの地味顔があかぬける3つのメイクポイント(前編)

「私って、なんだか地味顔……」そんなふうにため息をついていらっしゃるなら、メイクで華やか顔にチェンジしてしまうのが、理想どおりのイメージを演出する最大の近道です。

他方、40代ともなると年齢を重ねるごとに、若い頃より顔が地味になったように感じていらっしゃる女性も増えがち。

昨今は自然な仕上がりのナチュラルメイクが長きにわたってリアルトレンドではあるものの『地味顔×ナチュラルメイク』だと、どうしても“垢抜けないワナ”にも陥りやすくなる傾向は否めません。

「地味顔だけれど、パッと目を引く華やかメイクも、この機会に知っておきたい」な40代女性のみなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。

今回は、そんな「スッピンが地味顔」を、手っ取り早く時短で華やか顔に見せるのに、注力すべきパーツメイクのお話です。

 

外せないパーツメイク1:まつ毛

 

アイシャドウにマスカラ、アイライン……と、手間と時間をかけて強めのフルメイクをすれば、どんなに地味顔を自認していらっしゃる女性でも“華やかな顔”になるのは、言ってみれば当然のお話。

そこを「時短」でパッと目を引くイメージに変えるならば、まず注力すべきは“まつ毛”だと私は思います。黒々としたほどよいボリュームと長さのまつ毛があれば、それだけで目元に陰影が生まれ、正面のみならず横顔にも色気が加わります。

「地味顔」を感じさせる理由のひとつには、なにかと顔の立体感が欠ける点も挙げられるため、アイシャドウやアイラインで真正面からのインパクトを出すよりも、まつ毛を際立たせたほうが、立体的な華やかさを手に入れやすく、いい意味でセクシーな印象にも。

私も、休日メイクでは他のアイメイクを省いてでも、まつ毛だけは黒々とさせるよう心がけています。

次ページ▶▶外せないパーツメイク、あとふたつは…? 時短メイクでも垢抜けた印象に!

続きを読む

       

■「更年期とお仕事のしんどさ」について教えてください!■
回答はコチラから

     

スポンサーリンク

この記事を書いたのは
時短美容家 並木まき

スポンサーリンク

スポンサーリンク